ADOとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > ADOの意味・解説 

ADO

フルスペル:ActiveX Data Objects
読み方エーディーオー

ADOとは、Microsoft提唱しているデータアクセス技術のことである。

ADOは、OLE DB利用して、アプリケーションからAccessSQL Serverをはじめ、Oracleなどのさまざまなデータソースへ統一的高性能なアクセスインタフェースを提供するCOMベースのデータベースアクセス技術である。

ADOは、以前のADOとRDO機能統合したMicrosoft戦略的技術として開発された。ADOは、アプリケーション言語などに依存しないインタフェースであり、開発者は扱うデータベースごとに別々に実装する必要がないというメリットがある。

OSのほかの用語一覧
Windows:  DAO  ICS  ActiveX  ADO  ASP.NET  Avalon  AVI

Ado

名前 アドアドー

ADO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/12 08:52 UTC 版)

ADO, Ado

関連項目


全日本デパートメントストアーズ開発機構

(ADO から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/04 05:00 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search

全日本デパートメントストアーズ開発機構All Nippon Department Stores Development Organization、略称 A・D・O)とは、東京都新宿区に本部を置き、伊勢丹(現在は三越伊勢丹ホールディングス(傘下の三越伊勢丹他各社))と松屋が総合幹事を務める百貨店の共同仕入機構である。

伊勢丹新宿本店
松屋銀座本店

概要

1973年3月、伊勢丹主宰の共同仕入れ機構「十一店会」と、松屋主宰の「ACO」が統合され、設立された。現在も両社が総合幹事を務めている。

髙島屋ハイランドグループとは異なり簡素ながら公式WEBサイトを有しており、それによると2012年5月の時点で33社74店舗が加盟している。百貨店全体が衰退する中加盟店を増やしたのは三越と伊勢丹の統合によるところが大きい。2007年度の加盟店の売上は約1兆9,700億円、共同仕入の扱い額は889億円と日本最大規模を誇る。

三越伊勢丹ホールディングスの発足前は、本機構を事実上の伊勢丹グループとする向きが多かった。

  • 本部住所:東京都新宿区新宿5-17-18 H&Iビル6階

加盟店

2015年11月時点の加盟店は以下の通り。

北海道百貨店協会管内
東北百貨店協会管内
関東百貨店協会管内
中部百貨店協会管内
近畿百貨店協会管内
中国四国百貨店協会管内
  • 天満屋(岡山、津山、倉敷、福山、福山ポートプラザ、広島アルパーク、広島緑井)
    • 米子しんまち天満屋(米子)
  • 山口井筒屋(山口、宇部)
九州百貨店協会管内
岩田屋三越以外の各社は、日本百貨店協会・ハイランドグループ重複加盟の2社(玉屋系)と地場百貨店による連合体を別に作っている。

関連性のある百貨店

直接の加盟店ではないが、グループ別店舗の加盟により関連性のある店舗を纏める。いずれも三越・伊勢丹の経営統合による施策(地域分社)が絡み、ブロック内に伊勢丹グループの店舗が無かったことから加盟とならなかったものである。

かつて加盟していた百貨店

ハイランドグループに比べると脱退事例は多くなく、現在も加盟する企業のリストラによる閉店や提携解消という事例が中心。

北海道百貨店協会管内

  • 丸井今井(小樽、旭川、室蘭、苫小牧、釧路)

東北百貨店協会管内

  • 大沼(酒田)

関東百貨店協会管内

  • 丸広百貨店(日進)
  • 伊勢丹(八王子、吉祥寺、松戸、高崎
  • 三越(千葉)
  • さいか屋(川崎)

近畿百貨店協会管内

中国四国百貨店協会管内

九州百貨店協会管内

  • 岩田屋(西新、戸畑、熊本、日田)
  • 浜屋百貨店(大村)
  • 沖縄山形屋(那覇)

外部リンク





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ADO」の関連用語

ADOのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ADOのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリADOの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのADO (改訂履歴)、全日本デパートメントストアーズ開発機構 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS