月見うどんとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 月見うどんの意味・解説 

月見うどん

読み方:つきみうどん

鶏卵を溶かずに、黄身円形をたもった状態で盛り付けられたうどん。

月見

(月見うどん から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/11 04:29 UTC 版)

月見(つきみ)とは、主に満月を眺めて楽しむこと。観月(かんげつ)とも称する。


注釈

  1. ^ 竹久夢二詩歌に「宵待草」があるが、「マツヨイグサ(待宵草)」が一般的だった。黄色い待宵草と違い、白、ピンクの「ツキミソウ(月見草)」などと同種の、群生して可憐な花である。
  2. ^ 井上ひさしのひとり芝居「芭蕉通夜舟(ばしょうつやぶね)」に「なぜ月はあんなにも美しいのだろう。なぜだ? たぶん、月に持主がいないからだろう」というセリフがある。
  3. ^ 江戸の狂歌師、大田蜀山人は月を愛した。月を愛した。なにかにつけて、眺めては詩を詠んだ。仲間70人を集めて、5日連続の宴を張ったこともある。のちに、百人一首「月みればちぢに物こそかなしけれ」(大江千里)のパロディー「月みればちぢに芋こそ喰いたけれ」も作った(「春秋」日本経済新聞 2014年9月8日)。

出典

  1. ^ {{Citation needed|date=September 2018}}
  2. ^ 鈴木晋一 『たべもの史話』 小学館ライブラリー、1999年、pp127-137
  3. ^ “月光に祈る十三夜 - 法華寺観月会”. 奈良新聞. (2013年10月18日). http://www.nara-np.co.jp/20131018103231.html 2013年10月22日閲覧。 
  4. ^ 今秋は名月3回 171年ぶり「後の十三夜」出現(中日新聞 2014年9月5日付朝刊1面)
  5. ^ 広辞苑
  6. ^ a b c 京都歳時記-イベント情報”. 京都外国語専門学校. 2017年2月8日閲覧。
  7. ^ a b c d e f “【今週のお月様】今年最後のフルムーン”. ウェザーニュース. (2016年12月13日). http://weathernews.jp/s/topics/201612/060055/ 2017年2月8日閲覧。 
  8. ^ a b c “「3」を究める”. 朝日新聞. (2009年5月11日). http://www.asahi.com/shimbun/nie/kiji/kiji/20090511.html 2017年2月8日閲覧。 
  9. ^ 『小町踊』豆名月 隠語大辞典/Weblio辞書 2015年6月1日閲覧。
  10. ^ 懐かしの台湾デザート 月見カキ氷(旅々台北、2005年7月6日)




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「月見うどん」の関連用語

月見うどんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



月見うどんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの月見 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS