鯳とは?

Weblio 辞書 > 生物 > 動物名 > の意味・解説 

すけとう だら [5][3]すけたう- 【介党鱈】 ・すけとう- 【 鯳

タラ目海魚体形タラよりも細長く側扁する。全長60センチメートル体色背面褐色で、体側二条の縦帯が断続して走る。腹面白色食用卵巣の塩漬けは「たらこ」と呼ばれる北太平洋深海分布するが、日本海にも多い。スケソウダラメンタイ

読み方:スケトウダラ(suketoudara)

タラ科海水魚

学名 Theragra chalcogramma


読み方:スケトウダラ(suketoudara)

タラ科で、タラよりもからだが細いもの

季節

分類 動物


スケトウダラ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/08 01:36 UTC 版)

スケトウダラ (介党鱈、鯳、Theragra chalcogramma: Alaska pollock)は、タラ目タラ科に属する魚類スケソウダラ(介宗鱈・助惣鱈)とも呼ばれる[1]。北太平洋に広く分布するタラの一種で、重要な漁業資源となっている。


  1. ^ 魚介類の名称表示等について(別表1)”. 水産庁. 2013年5月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 魚と貝の事典, p. 228.
  3. ^ FishBase_Theragra chalcogramma
  4. ^ スケトウダラ稚仔の沿岸水域での生活 水産海洋研究会報 1979年 6月34巻 p.81-85
  5. ^ a b 平成 23 年度スケトウダラ太平洋系群の資源評価 水産庁増殖推進部漁場資源課
  6. ^ 勝川俊雄氏「日本の漁業管理の現状と課題」 (PDF)
  7. ^ スケトウダラ 平成25年度資源評価票(ダイジェスト版) 水産総合研究センター
  8. ^ a b c d 魚の博物事典, p. 329.
  9. ^ 旬の魚カレンダー, p. 121.
  10. ^ 佐藤秀一:魚類における微量元素の利用性に関する研究 日本水産学会誌 Vol.60 (1994) No.2 P147-152


「スケトウダラ」の続きの解説一覧

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鯳」の関連用語

鯳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鯳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスケトウダラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS