エコラベルとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > エコラベルの意味・解説 

エコラベル

英語 Eco-Iabel

環境保全を進めるために、商品に付けさまざまなラベルマークなどの総称。エコラベルは、もともとアメリカプラスチック工業会が樹脂製品リサイクルを進めるために考え出した共通の材質コードで、日本でもぺットボトルなどへの刻印リサイクル法で、義務づけられている。そのほか環境保全商品として認定されたことを示すエコマーク再生紙を示すグリーンマークなどがある。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

環境ラベリング制度

(エコラベル から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/10 07:52 UTC 版)

環境ラベリング制度(かんきょうラベリングせいど)とは環境保全や環境負荷の低減に役立つ商品や取組みに環境ラベルを添付する制度のことである。




「環境ラベリング制度」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エコラベル」の関連用語

エコラベルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エコラベルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの環境ラベリング制度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS