日本往生極楽記とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > > 日本往生極楽記の意味・解説 

にほんおうじょうごくらくき -わうじやうごくらくき 【日本往生極楽記】


にほんおうじょうごくらくき 【日本往生極楽記】

寂心

日本往生極楽記

主名称: 日本往生極楽記
指定番号 2493
枝番 00
指定年月日 1996.06.27(平成8.06.27)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 1冊
時代区分 鎌倉
年代
検索年代
解説文:  『日本往生極楽記』は慶滋保胤著しわが国初の往生伝で、後続往生伝にも多大影響与えたが、とくに『往生要集』や『今昔物語集』との密接な関係はよく知られている。成立については『続本朝往生伝』には寛和年中の作とみえるが、通常所収記事中最も時代の降る千観永観元年-九八三年)伝以降本書にふれた『往生要集』の成立する寛和元年(九八五)四月以前考えられている。また行伝来注記から、本書現行本の形態となったのは兼明親王一説には具平親王薨去永延元年(九八七)をさほど降らない時期であったことが知られる。
 前田家本鎌倉時代前期書写になる称名寺伝来古写本で、体裁袋綴装。現装は薄黄新補表紙を付した明朝装である。表裏表紙を付し、旧表紙中央には「日本往生極楽記」の墨書外題右下に「湛睿」の伝領記を記し、見返しには「聖徳太子」以下七名分標目を掲げる。本文料紙楮紙を用いるが、湛睿の代に補写された旧表紙および第一丁と紙質異にするほか、各料紙天地には修理に伴う裁断の跡がみえている。
 本文首題以下著者名を記し、序以下本文は半八行に奔放な行体真名書写し、巻末には所載人数の記記がみえ、尾題までを完存する文中聖徳太子伝より東大寺明祐伝途中までには、本文とほぼ同時代の墨傍訓、送仮名、返点、声点等が稠密に付されている。本書内容を他本と比較するに、成意伝と智光頼光伝の順が異なるほか、語句異同もみえ、ことに藤原義孝伝来片仮名和歌加えられている点は他本と大きく異な特徴である。
 巻末には「寛永元年五月十一書写畢、同日一交了」の書写校合奥書がみえるが、この奥書部分本文同筆であり、料紙筆跡仮名点からみて本書書写鎌倉中期に降るものでないことは明白である。この「寛永年号類似の元号表記を誤った可能性否定できないが、この点については後考をまちたい。

日本往生極楽記

主名称: 日本往生極楽記
指定番号 2497
枝番 00
指定年月日 1996.06.27(平成8.06.27)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 応徳三年八月九日仁豪書写奥書
員数 1帖
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文:  天理大学本は体裁型粘本で、料紙共紙の左肩に題簽外題付すが、見返八双部分痕跡から、もとは具引唐紙装していたとみられる見返には別筆で本書所載人数表記朱書している。
 料紙楮紙打紙に押界を施し、半七行、一行一一から一三前後にやや速筆真名をもって書写する。本文首題以下尾題にいたる四二話、四五人の往生伝を完存する本文構成群書類従本系同一であるが、一部類従本の脱を補うほか、前田家本などの誤りをただす点も少なくなく、全文わたって傍訓、送仮名声点稠密に付されている。
 巻末奥書によれば本書応徳三年(一〇八六)八月九日、後に天台座主となった仁豪念仏修行のため比叡山の自房において書写し、同二九日に加点したことが知られ、成立後およそ一世紀を経て書写された現存最古写本である。
重要文化財のほかの用語一覧
書跡・典籍:  施氏七書講義巻第四十  日光山滝尾建立草創日記  日本往生極楽記  日本往生極楽記  日本後紀  日本感霊録抄  日本書紀

日本往生極楽記

読み方:ニホンオウジョウゴクラクキ(nihon’oujougokurakuki)

分野 仏教伝記

年代 平安中期

作者 慶滋保胤


日本往生極楽記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/17 23:33 UTC 版)

日本往生極楽記』(にほんおうじょうごくらくき)は、平安時代中期に慶滋保胤(? - 1002年)が編纂した往生伝。成立は寛和年間(985年 - 987年)頃と見られている。






「日本往生極楽記」の続きの解説一覧





日本往生極楽記と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本往生極楽記」の関連用語

日本往生極楽記のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

縦縞孟宗竹

痩男

ボーイング式777-200型

ゼンマイ

味つけ玉子

ベーンせん断試験

クラウン

野洲川流域





日本往生極楽記のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2016 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2016 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本往生極楽記 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS