情報通信技術 技術的容量

情報通信技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/12 05:35 UTC 版)

技術的容量

世界の保存できる情報の技術的容量は、1986年の2.6エクサバイト(最適圧縮)から、1993年に15.8エクサバイト、2000年に54.5エクサバイト超、2007年に295エクサバイト(最適圧縮)、2014年に約5ゼタバイトと増加してきた[17][18]。2007年の数字はCD-ROM地球からまで重ねた分の1.25倍、2014年の数字は印刷した本を地球から太陽まで重ねた分の4,500倍に相当する情報量である。 世界の一方向の放送ネットワークで受信できる情報の技術的容量は、1986年は432エクサバイト(最適圧縮)、1993年は715エクサバイト(最適圧縮)、2000年は1.2ゼタバイト(最適圧縮)、2007年は1.9ゼタバイトであった[17]。 世界の双方向の通信ネットワークで交換できる情報の実効容量は、1986年は281ペタバイト(最適圧縮)、1993年は471ペタバイト、2000年は2.2エクサバイト(最適圧縮)、2007年は65エクサバイト(最適圧縮)[17]、そして2014年には約100エクサバイトであった[19]。 世界の汎用コンピュータによる情報計算の技術力は、1986年の3.0×10^8 MIPSから2007年は6.4×10^12 MIPSに増加している[17]

OECD加盟国のICTセクター

下表は2013年の総付加価値に占めるICTセクターのシェアの割合順にOECD加盟国を並べたものである[20]

順位 ICTセクター(%) 相対サイズ
1  韓国 10.7 10.7
 
2  日本 7.02 7.02
 
3  アイルランド 6.99 6.99
 
4  スウェーデン 6.82 6.82
 
5  ハンガリー 6.09 6.09
 
6  アメリカ 5.89 5.89
 
7  インド 5.87 5.87
 
8  チェコ 5.74 5.74
 
9  フィンランド 5.60 5.6
 
10  イギリス 5.53 5.53
 
11  エストニア 5.33 5.33
 
12  スロバキア 4.87 4.87
 
13  ドイツ 4.84 4.84
 
14  ルクセンブルク 4.54 4.54
 
15  スイス 4.63 4.63
 
16  フランス 4.33 4.33
 
17  スロベニア 4.26 4.26
 
18  デンマーク 4.06 4.06
 
19  スペイン 4.00 4
 
20  カナダ 3.86 3.86
 
21  イタリア 3.72 3.72
 
22  ベルギー 3.72 3.72
 
23  オーストリア 3.56 3.56
 
24  ポルトガル 3.43 3.43
 
25  ポーランド 3.33 3.33
 
26  ノルウェー 3.32 3.32
 
27  ギリシャ 3.31 3.31
 
28  アイスランド 2.87 2.87
 
29  メキシコ 2.77 2.77
 

ICT Development Index

世界各国のICTの利用、アクセス状況はICT Development Index英語版によってランク付けし、比較することができる[21]。2014年、ITU(国際電気通信連合)はIDIの最新ランキングを発表し、デンマークが1位、韓国が2位であった。ITUは、「ランキングの上位30か国には生活の質が高く高所得な、ヨーロッパや他の地方の国、つまりオーストラリアやバーレーン、カナダ、日本、マカオ(中国)、ニュージーランド、シンガポール、アメリカといった国が含まれている。また、今年調査を行ったほとんどの国でIDIの向上が見られた。」と発表している[22]


  1. ^ Murray, James (2011年12月18日). “Cloud network architecture and ICT - Modern Network Architecture”. TechTarget =ITKnowledgeExchange. 2013年8月18日閲覧。
  2. ^ “Information and Communication Technology from”. FOLDOC. (2008-09-19). http://foldoc.org/Information+and+Communication+Technology 2010年9月29日閲覧。. 
  3. ^ Kondra, Imaniyal (2020). “Use of IT in Higher Education”. UGC Care Journal (India: Studies in Indian Place Names) 40: 280. 
  4. ^ ICT - What is it?”. www.tutor2u.net. 2015年9月1日閲覧。
  5. ^ Mathur, Piyush (2017) Technological Forms and Ecological Communication: A Theoretical Heuristic (Lanham, Boulder, New York, London), pp. 200-202.
  6. ^ IEEE-CS Adopts Skills Framework for the Information Age • IEEE Computer Society”. www.computer.org. 2018年3月14日閲覧。
  7. ^ William Melody et al., Information and Communication Technologies: Social Sciences Research and Training: A Report by the ESRC Programme on Information and Communication Technologies, 0-86226-179-1, 1986. Roger Silverstone et al., "Listening to a long conversation: an ethnographic approach to the study of information and communication technologies in the home", Cultural Studies, 5(2), pages 204–227, 1991.
  8. ^ The Independent ICT in Schools Commission, Information and Communications Technology in UK Schools: An Independent Inquiry, 1997. Impact noted in Jim Kelly, What the Web is Doing for Schools Archived 2011-07-11 at the Wayback Machine., Financial Times, 2000.
  9. ^ Royal Society, Shut down or restart? The way forward for computing in UK schools, 2012, page 18.
  10. ^ Department for Education, National curriculum in England: computing programmes of study”. 2020年11月21日閲覧。
  11. ^ United Nations Office of Information and Communications Technology, About
  12. ^ IDC - Global ICT Spending - 2018 - $3.8T”. IDC: The premier global market intelligence company. 2018年9月24日閲覧。
  13. ^ IDC - Global ICT Spending - Forecast 2018 – 2022”. IDC: The premier global market intelligence company. 2018年9月24日閲覧。
  14. ^ http://www.whitehouse.gov/sites/default/files/omb/assets/egov_docs/2014_budget_priorities_20130410.pdf
  15. ^ a b IT Costs – The Costs, Growth And Financial Risk Of Software Assets”. OMT-CO Operations Management Technology Consulting GmbH. 2011年6月26日閲覧。
  16. ^ IDC - Global ICT Spending - Forecast 2018 – 2022”. IDC: The premier global market intelligence company. 2018年9月24日閲覧。
  17. ^ a b c d "The World's Technological Capacity to Store, Communicate, and Compute Information", Martin Hilbert and Priscila López (2011), Science, 332(6025), 60-65; see also "free access to the study" and "video animation".
  18. ^ Gillings, Michael R; Hilbert, Martin; Kemp, Darrell J (2016). “Information in the Biosphere: Biological and Digital Worlds”. Trends in Ecology & Evolution 31 (3): 180–189. doi:10.1016/j.tree.2015.12.013. PMID 26777788. http://www.escholarship.org/uc/item/38f4b791. 
  19. ^ Hilbert, Martin (2016). “The bad news is that the digital access divide is here to stay: Domestically installed bandwidths among 172 countries for 1986–2014”. Telecommunications Policy 40 (6): 567–581. doi:10.1016/j.telpol.2016.01.006. http://escholarship.org/uc/item/2jp4w5rq. 
  20. ^ Figure 1.9 Share of ICT sector in total value added, 2013. doi:10.1787/888933224163. 
  21. ^ Measuring the Information Society”. International Telecommunication Union (2011年). 2013年7月25日閲覧。
  22. ^ a b ITU releases annual global ICT data and ICT Development Index country rankings - librarylearningspace.com” (2014年11月30日). 2015年9月1日閲覧。
  23. ^ “Basic information : about was”. International Telecommunication Union. (2006年1月17日). http://www.itu.int/wsis/basic/about.html 2012年5月26日閲覧。 
  24. ^ a b ICT Facts and Figures – The world in 2015”. ITU. 2015年9月1日閲覧。
  25. ^ ICT in Education”. Unesco. Unesco. 2016年3月10日閲覧。
  26. ^ Blackwell, C.K., Lauricella, A.R. and Wartella, E., 2014. Factors influencing digital technology use in early childhood education. Computers & Education, 77, pp.82-90.
  27. ^ What is Writing to Learn, WAC Clearinghouse”. 2020年11月21日閲覧。
  28. ^ Evidence for How Writing Can Improve Reading, Carnegie.Org 2010”. 2020年11月21日閲覧。
  29. ^ “Closing the gaps – Improving literacy and mathematics by ict-enhanced collaboration, Science Direct, 2016, pg 78”. Computers & Education 99: 68–80. (August 2016). doi:10.1016/j.compedu.2016.04.004. 
  30. ^ a b UNESCO (2018). A Lifeline to learning: leveraging mobile technology to support education for refugees. UNESCO. ISBN 978-92-3-100262-5. https://unesdoc.unesco.org/ark:/48223/pf0000261278 
  31. ^ a b c d Agence Française de Développement (2015年2月). “Digital services for education in Africa”. unesco.org. 2018年5月19日閲覧。
  32. ^ a b ITU releases annual global ICT data and ICT Development Index country rankings”. www.itu.int. 2015年9月1日閲覧。
  33. ^ Survey: 1 In 6 Internet Users Own A Smartwatch Or Fitness Tracker”. ARC. 2015年9月1日閲覧。
  34. ^ ITU releases annual global ICT data and ICT Development Index country rankings”. www.itu.int. 2015年9月1日閲覧。
  35. ^ Bimber, Bruce (1998-01-01). “The Internet and Political Transformation: Populism, Community, and Accelerated Pluralism”. Polity 31 (1): 133–160. doi:10.2307/3235370. JSTOR 3235370. 
  36. ^ Hussain, Muzammil M.; Howard, Philip N. (2013-03-01). “What Best Explains Successful Protest Cascades? ICTs and the Fuzzy Causes of the Arab Spring” (英語). International Studies Review 15 (1): 48–66. doi:10.1111/misr.12020. ISSN 1521-9488. http://isr.oxfordjournals.org/content/15/1/48. 
  37. ^ Kirsh, David (2001). “The Context of Work”. Human Computer Interaction 16 (2–4): 305–322. doi:10.1207/S15327051HCI16234_12. 
  38. ^ Cardoso LG, Sorenson SB. Violence against women and household ownership of radios, computers, and phones in 20 countries. American Journal of Public Health. 2017; 107(7):1175–1181.
  39. ^ a b c d e f g h Warschauer, Mark (2004). Technology and Social Inclusion. Cambridge, Massachusetts: The MIT Press. pp. 39–49. ISBN 0-262-23224-3. https://archive.org/details/technologysocial0000wars/page/39 
  40. ^ The Real Access / Real Impact framework for improving the way that ICT is used in development” (2005年12月26日). 2020年11月21日閲覧。
  41. ^ a b Mobile Fact Sheet”. Pew Research Center. 2020年11月21日閲覧。
  42. ^ Perrin, Andrew. “Digital gap between rural and nonrural America persists”. Pew Research Center. 2020年11月21日閲覧。
  43. ^ a b Anderson, Monica (2019年6月13日). “Mobile Technology and Home Broadband 2019”. Pew Research Center. 2020年11月21日閲覧。
  44. ^ a b c d Scribner and Cole, Sylvia and Michael (1981). The Psychology of Literacy. ISBN 9780674433014 






情報通信技術と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「情報通信技術」の関連用語

情報通信技術のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



情報通信技術のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの情報通信技術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS