バレンタインチョコとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > バレンタインチョコの意味・解説 

バレンタインチョコ


バレンタイン・チョコ

作者花衣沙久羅

収載図書全寮制男子校物語! 祝祭
出版社集英社
刊行年月2004.6
シリーズ名コバルト文庫


チョコレート

(バレンタインチョコ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/14 17:21 UTC 版)

チョコレート英語: chocolate [ˈtʃɒklᵻt, -kəlᵻt] ( 音声ファイル))は、カカオ種子発酵焙煎したカカオマスを主原料とし、これに砂糖ココアバター粉乳などを混ぜて練り固めた食品である。略してチョコともいう[3][注 1]ショコラフランス語: chocolat)と呼ばれることもある。




注釈

  1. ^ おもに日本語における略称。なお、イギリス英語では俗に“choc”と略す場合がある[4]
  2. ^ 「準チョコレート」表示は、実際には「準ミルクチョコレート」を含む。したがって規定以上乳原料を配合していれば、最低7%のカカオ分で準チョコレートを名乗れることになる。

出典

  1. ^ 日本食品標準成分表2015年版(七訂) (PDF)”. 文部科学省. 2019年6月11日閲覧。
  2. ^ 「日本人の食事摂取基準(2015年版)」 策定検討会報告書 (PDF)”. 厚生労働省. 2019年6月11日閲覧。[要ページ番号]
  3. ^ チョコ”. 大辞林 第三版. エキサイト. 2016年1月25日閲覧。[出典無効]
  4. ^ choc”. Oxford Dictionaries. オックスフォード大学出版局. 2016年1月25日閲覧。
  5. ^ TOMIZAWAコラム”. 株式会社富澤商店. 2012年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月11日閲覧。
  6. ^ ソフィー・D・コウマイケル・D・コウ『チョコレートの歴史』河出書房新社、1999年、161-168頁。ISBN 4309223451
  7. ^ チョコレートを漢字で書くと?”. 2020年3月29日閲覧。
  8. ^ チョコレート編”. 日本チョコレート・ココア協会. 2017年2月27日閲覧。
  9. ^ TV「がっちり」
  10. ^ a b 独立行政法人 国民生活センター. “高カカオをうたったチョコレート(結果報告) (PDF)”. 厚生労働省. p. 5. 2019年6月11日閲覧。
  11. ^ チョコレート・ココア健康講座”. 日本チョコレート・ココア協会. 2019年6月11日閲覧。
  12. ^ チョコで脳が若返り、実証には「追加試験が必要」 内閣府検証結果 比較被験者なくデータ不足 産経新聞 2018年3月8日
  13. ^ Caperton, C., Block, S., Viera, M., Keri, J., Berman. B.: Double-blind, placebo-controlled study assessing the effect of chocolate consumption in subjects with a history of acne vulgaris. J. Clin. Aesthet. Dermatol., 7: 19–23, 2014., PMID 24847404
  14. ^ Fulton J. E. Jr., Plewig G., Kligman A. M.: Effect of chocolate on acne vulgaris. JAMA, 210: 2071–74, 1969., doi:10.1001/jama.1969.03160370055011
  15. ^ 林伸和、「ニキビの発症メカニズム,治療,予防」 日本香粧品学会誌 2016年 40巻 1号 p.12-19, doi:10.11469/koshohin.40.12
  16. ^ http://www.nal.usda.gov/fnic/foodcomp/search/[リンク切れ]
  17. ^ 「バレンタイン症候群」とは何? (PDF)”. 医療方針いちろ会 小児クリニックたまなは. 2019年6月10日閲覧。
  18. ^ Kantor, D (2006年11月21日). “MedlinePlus Medical Encyclopedia: Migraine”. 2008年4月4日閲覧。
  19. ^ テオフィリン錠100mg「TYK」, テオフィリン錠200mg「TYK」 (PDF)”. 一般財団法人 日本医薬情報センター. 2017年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月10日閲覧。
  20. ^ 飼い主のためのペットフード・ガイドライン 環境省、2020年4月29日閲覧。
  21. ^ チョコレートは薬だったって本当?”. 食育大事典. 2018年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月10日閲覧。
  22. ^ 小林章夫『コーヒー・ハウス 18世紀ロンドン、都市の生活史』講談社〈講談社学術文庫〉、2000年10月、51頁。ISBN 4061594516
  23. ^ リンツ・チョコレート チョコレートの歴史”. Lindt & Sprungli. 2012年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月10日閲覧。
  24. ^ チョコレートの歴史”. ROYCE'. 2013年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月10日閲覧。
  25. ^ チョコレートの4大革命”. 日本チョコレート・ココア協会. 2019年6月10日閲覧。
  26. ^ 武田尚子『チョコレートの世界史』中央公論新社〈中公新書〉、2010年12月、195頁。ISBN 9784121020888
  27. ^ a b 日本のチョコレート事始め”. 日本チョコレート・ココア協会. 2018年11月25日閲覧。
  28. ^ オペラ「遠い帆」”. 慶長遣欧使節出帆四百年記念事業. 2014年6月14日閲覧。
  29. ^ 幕末、海外使節団・海外留学生がチョコレートの本場へ赴く”. 日本チョコレート・ココア協会. 2014年6月14日閲覧。
  30. ^ 世界主要国チョコレート菓子生産・輸出入・消費量推移| 統計・レポート, 日本チョコレート・ココア協会。2012年7月30日閲覧
  31. ^ chocosuisse.ch: FACTS & FIGURES Archived 2013年9月17日, at the Wayback Machine.[出典無効], Diagramme der ChocoSuisse - Verband Schweizerischer Schokoladefabrikanten - mit Daten der International Confectionery Association (ICA)
  32. ^ 世界主要国チョコレート菓子生産・輸出入・消費量推移| 統計・レポート, 日本チョコレート・ココア協会。2013年2月9日閲覧
  33. ^ 会社情報”. 芥川製菓. 2016年4月17日閲覧。
  34. ^ キャロル・オフ『チョコレートの真実』第1版、p.70, 北村陽子訳 英治出版、2007年9月1日




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バレンタインチョコ」の関連用語

バレンタインチョコのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



バレンタインチョコのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチョコレート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS