うえとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > うえの意味・解説 

ウエ【Wé】


うえ〔うゑ〕【飢え/餓え/×饑え】

飢えること。飢えた状態。空腹飢餓。「—と寒さ

望み求めているものが満たされない苦しみ。「心の—をいやす」


うえ〔うへ〕【上】

【一】[名]

位置関係で、基準とするものより高い方、高い所をいう。

立体的見て、高い所。高い場所。「一段上に上る」⇔下(した)。

㋑紙などの平面で、縦の方向自分より遠く離れている所。「横線より上にある点」⇔下(した)。

室内座敷。「上におあがり

順序から見て連続する先の部分。「上に述べた事柄は…」

音の高い部分。「上の音が出ない」⇔下(した)。

物の表面。「の上を滑る」

外側。「上着の上コートを着る」⇔下(した)。

程度地位年齢能力数量などが勝っていること。また、その人。「成績が僕より上だ」「二歳上の人」「上からの指示」「上の学校に進む」⇔下(した)。

ある物事に関すること。「仕事の上苦労が多い」「酒の上失敗」「帳簿の上では黒字だ」

ある事柄と他の事柄とを関係させていう時に用いる。

㋐…に加えて。「ねだんが安い上に、品質優れている

㋑…したのち。…した結果。「相談した上で返事する」「知的探検家努力の上現代科学は築かれている

㋒…するため。「勉学続けて行く上に必要な学費

㋓(「うえは」の形で)…からには。「かくなる上はやむをえない

高い地位占めている場所、または人々

高貴な人、特に主上御座所に近い所。禁中殿上(てんじょう)の間。

「—にさぶらふをのこども歌奉れ仰せられける時に」〈古今秋上詞書

主上天皇後世では将軍大名をもさす。

「—も聞こしめし、めでさせ給ふ」〈二三

貴婦人。特に奥方

離れ給ひし元の—は」〈竹取〉

付近。ほとり。

「石(いは)走る垂水(たるみ)の—のさわらび萌え出づ春になりにけるかも」〈万・一一八

【二】接尾

名詞に付いて、自分または相手目上近親者対す尊敬の意を表す。現代では、手紙あらたまった場合などに用いる。「父上様」「姉上

貴人の妻の呼び名に付いて、尊敬の意を表す。

紫の—にも御消息ことにあり」〈源・若菜上

目上の人を表す語に付いて、尊敬の意を表す。

故院の—の、今際(いまは)のきざみにあまたの御遺言ありし中に」〈源・若菜上

[下接語] 兄上姉上雲の上・此(こ)の上坂上・其(そ)の上父上年上母上真上身の上目上床上


うえ〔うへ〕【×筌】

をとる道具。竹を筒状または底のない徳利状に編んだもの。うけ。


うえ うへ 【上】

1⃣ 〔名〕

[一] 空間的に高い位置また、階級地位身分の高い状態や程度数量などの多い状態。

高い場所位置。高い方。⇔下。

(イ) ものの最も高い部分

書紀720継体七年九月歌謡御諸(みもろ)が紆陪(ウヘ)に 登り立ち」

(ロ) あるものを基準として、それより高い所。また、見あげるように高い所。上方

万葉(8C後)一四・三五二二「昨夜(きそ)こそは児ろとさ寝しか宇倍(ウヘ)ゆ鳴き行くたづのま遠く思ほゆ

(ハ) 建物などで、高いほうの階。

*春迺屋漫筆(1891)〈坪内逍遙〉壱円紙幣履歴ばなし「御主人階上(ウヘ)ですか階下(した)か」

(ニ) 座敷

大鏡(12C前)六「あはれがらせ給て、うへにめしあげて」

貴い人のいる所。

(イ) 天皇上皇御座所また、その付近禁中殿上の間

古今(905‐914)秋上・一七七詞書「うへにさぶらふをのこども歌たてまつれ

(ロ) 身分の高い人の部屋

源氏100114頃)空蝉「おもとは、今宵はうへにやさぶらひ給ひつる」

身分の高い人。

(イ) 天皇上皇

宇津保(970‐999頃)俊蔭「うへも春宮も〈略〉うつくしみ給ふ

(ロ) 将軍公方(くぼう)、殿様など、支配者をいう。

太平記14C後)一〇「上(ウヘ)の御存命の間に〈略〉思ふ程の合戦して」

今堀日吉神社文書永祿元年(1558)一〇月二八日・保商人惣分陳状案「上儀をさへ不承引、被退治津にて候

(ハ) 女あるじ。後の、北の方

*竹取(9C末‐10C初)「これを聞て離れ給ひしもとの上は腹をきりて笑ひ給ふ

比較してよりすぐれた身分地位程度など。

十訓抄(1252)一「斉信卿上臈にて公任卿の上に居られたりけるに」

評判記野郎虫(1660)浅木之介「人はただ心を、おむくにもちたる、うへはなきに」

(5) 比較して、数量年齢などの点でより多いこと。

滑稽本浮世風呂(1809‐13)二「『いくつだとおもひなさる』『されば、おれよりは上(ウヘ)だらうよのう』」

人情本・英対暖語(1838)初「往来(いきけへり)ぢゃア一里の上あらアナ

(6) 低音に対して高音

申楽談儀(1430)音曲の位の事「うへより言ひて落す也」

[二] 物事表面また、表面現われる状態や表面をおおうもの

物の外面。おもて。

書紀720継体七年九月歌謡磐余(いはれ)の池の 水下(みなした)ふ も 紆陪(ウヘ)に出て嘆く」

蜻蛉(974頃)中「うへに、『忌みなどはてなんに御覧ぜさすべし』と書きて」

表面態度行動。うわべ。

書紀720継体七年九月歌謡誰やし人も 紆陪(ウヘ)に出て嘆く」

平家13C前)四「うへには平家に御同心、したには〈略〉入道相国謀反(むほん)の心をもやはらげ給へとの御祈念のため」

上着表衣

万葉(8C後)一二二八五一「人の見る表(うへ)は結びて人の見ぬ下紐(したびも)あけて恋ふる日そ多き」

④ おおい。屋根牛車屋形車蓋

(10C終)九九「この土御門しも、かう上もなくしそめけんと」

[三] あるものの付近辺り。ほとり。

万葉(8C後)一・五〇「あらたへの 藤原宇倍(ウヘ)に 食(を)す国をめしたまはむと」

[四] (形式名詞として用いられる)

① (前の語句に示された)ある人や物事に関する消息事情経緯など。また、物事をある面から特に取りあげて問題とする場合にいう。

万葉(8C後)二〇・四四七四群鳥(むらとり)の朝立ち去(い)にし君が宇倍(ウヘ)はさやかに聞き思ひしごとく」

源氏100114頃)若紫西国(にしくに)のおもしろき浦うら磯のうへをいひ続くるもありて」

② 他の物事に更に加わる状態を示す。

(イ) (多く、「上に」の形で) さらに加わるさまそのほか。…に加えて。

万葉(8C後)一九・四二七八「あしひきの山下ひかげかづらける宇倍(ウヘ)にや更にをしのはむ」

(ロ) (物事の終わった)のち。…した結果。…して、そして。

天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「ウソアマイ モノヲ クラウタ vyenareba(ウエナレバ)」

浄瑠璃仮名手本忠臣蔵(1748)七「醒ての上御分別」

(ハ) …した結果踏まえてその事柄を条件として。

新浦島(1895)〈幸田露伴〉九「和尚に此訳ことわり申し立会の上を検(あらた)むるに」

(ニ) (「上は」の形で) ある物事が起こってしまった以上。…からには

*金刀比羅本保元(1220頃か)中「天の授け給へる上(ウヘ)は、ただ一矢に射おとしてすてん」

貴婦人称号添え用いる。

源氏100114頃)紫のうへも姫君の御あつらへにことつけて」

2⃣ 〔接尾目上の人の呼び名につけて敬意表わす

(イ) 女あるじ呼び名に付けて用いる。「母上」「尼上」「姉上

源氏100114頃)若紫「尼うへにはもてはなれたりし御けしきのつつましさにおもひ給ふるさまをも」

(ロ) 目上肉親親族呼び名に付けて用いる。「父上」「兄上

(ハ) 高貴女性呼び名に付けて用いる。

合巻偐紫田舎源氏(1829‐42三一我知らず姫君よ姫上よと、呼び参らする事のあり」

[語誌](1)「うえ」の対義語としては、古代から現代に至るまで「した」が安定して、その位置をしめている。しかし、中古から中世にかけて「うえ」は、(一)(二)のように表面の意を持っていたため、「うら」とも対義関係を持ち、「うらうえ」という複合語も作られた。しかし、この対義関係は、中世頃から(二)の意味が衰退するのに伴って次第に「うら━おもて」という対義関係にとってかわられた。
(2)(二)は、平安時代中期より例が見られ、おもに、肉親目上の人に対して用いられる。


うえ うへ 【上】

姓氏一つ


うえ うへ 【筌】

筌〈国文学研究資料館蔵〉の画像

〔名〕 川の流れなどに仕掛けて、を捕る道具割り竹をかご状に編み、はいった出られないようにくふうされたもの。うけ。おけ。やな。《季・冬

古事記(712)中「時に筌(うへ)を作(ふ)せてを取る人有りき


うえ うへ 【郁子】

〔名〕 =むべ(郁子)〔色葉字類抄(1177‐81)〕


うえ うゑ 【飢・餓】

〔名〕 (動詞「うえる(飢)」の連用形名詞化

食欲の満たされない苦しみ空腹飢餓

書紀720神代下(水戸本訓)「貧窮(まぢ)の本(もと)、飢饉(ウヘ)の始め困苦(くるしび)の根(もと)」

② 望んでいるものが満たされない苦しみ

田舎教師(1909)〈田山花袋三一「かうして心の餓(ウヱ)、肉の渇きを医(いや)しに来た自分浅ましさを思って」


植ゑ、饑ゑ、餓ゑ、飢ゑ


飢え、植え

読み方:うえ

ヤ行下二段活用動詞飢ゆ」「植ゆ」の連用形である「飢え」「植え」、あるいは連用形名詞化したもの


飢え、植え、餓え、饑え

読み方:うえ

ア行下一段活用動詞飢える」「植える」「餓える」「饑える」の連用形である「飢え」「植え」「餓え」「饑え」、あるいは連用形名詞化したもの


得え

読み方:うえ

【文語】ア行下二段活用動詞「得る」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

饑ゑ、餓ゑ、飢ゑ

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

うえ - 乗務員さんの用語(嬉)

高速道路のこと。
料金の出が良いので、乗務員にとっては有りがたい。

反対語 地べた

うえ

  1. 平場に対し、電車汽船、車などの乗物を指す。〔掏摸
  2. 掏摸用いるもので平場に対して電車汽船、車などの乗物を指す。

分類 掏摸


読み方:うえ

  1. 呉服屋通り符牒にして十といふ数量を表す。通り符牒参照せよ。(※巻末通り符牒参照)〔符牒

分類 符牒

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
うえ

読み方
うえ

宇恵

読み方
宇恵うえ

読み方
うえ

うえ

出典:『Wiktionary』 (2019/06/22 20:39 UTC 版)

発音

うえ(ue
/ue/

名詞・上

うえ

  1. 相対的位置関係のひとつ。観測点よりも高い位置重力作用する場において重力方向と逆の方向。あるものの位置が、観測点から重力方向仮定した直線に対して、垂直に投影した場合観測点よりも高い位置にあれば、「うえにある」と表現される。
  2. 年長であること。としうえ
  3. 文章等で順序が前であること。(例)「うえ記載したとおり。」 
  4. 社会的関係において、指揮命令などがあること。
  5. 天皇将軍など)最上位に立つ者、或はその人間のいる場所。かみとも
  6. 品質技能等が)より良いこと。
    • 「こちらのほうがはるかにうえだ」
    • うえにはうえがある」(最も優れていると思っているものよりも、さらにすぐれたものが見つかる、といった意味)
  7. 書物絵画などにおいて)垂直に置いたときに上になる方。水平に置いたときに読み手から見て遠い方。
    • 「普通、地図ではうえが北に当たる。」
  8. 形式名詞)ある観点条件を示す。
  9. 形式名詞)ある動作先立って行うことが求められる動作を示す。
  10. 形式名詞)ある動作・状態に加えてさらに動作・状態が成立実現することを示す。
  11. 形式名詞)ある動作・状態の程度がさらに進んでいることを示す。
    • 「慎重のうえにも慎重に取り扱うこと」

関連語

翻訳

名詞・飢

うええ、餓え

  1. うえること。食物欠乏すること及びその気持ち飢餓飢餓感
  2. 何かが欠乏し、強く求めること。渇望

語源

翻訳


  • 画数:2
  • 音読み:ショウジョウ
  • 訓読み:うえ、 かみ、 うわ-、 あげる、 あがる、 あがり、 のぼる、 のぼせる、 のぼす、 よす
  • ピンイン:shang4 / shang3
  • 対応する英語:above


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「うえ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

うえのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



うえのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
タクシーサイトタクシーサイト
Copyright(c) 2000-2021 taxisite Inc. All Rights Reserved.
タクシー業界用語辞典
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのうえ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS