記憶 自伝的記憶

記憶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/21 06:42 UTC 版)

自伝的記憶

自分自身に関する事柄についての記憶である。ある個人のなかにある自分に関する記憶を体系的に説明する一つの記憶モデルであり、エピソード記憶と意味記憶によって構成される[6]

展望的記憶

将来行う行動についての記憶である。これに対して、過去の出来事についての記憶は回想的記憶と呼ばれる。一般に記憶の内容は「過去」の事柄だと思われているのに対し、展望的記憶は未来(将来)に関わるものであるため、その点でユニークな記憶であるとされる。スケジュール帳、PDAなどの予定を管理する機器類の使用方法、使用行動と絡めて研究されることも多い。

記憶の階層

記憶の階層については、心理学者のタルヴィングによって考えられた記憶システム論というモデルがある。これによると、

手続き記憶、プライミング記憶、意味記憶、短期記憶、エピソード記憶

の順に、左の記憶ほど原始的で、生命の維持に直接関わり、右の記憶ほど高度な記憶になる。

記憶の過程

記憶の過程は記銘保持、想起(再生、再認、再構成)、忘却という流れになっている。

記銘(符号化)

情報を憶えこむことを記銘という。情報を人間の記憶に取りこめる形式に変えるという情報科学的な視点から符号化と呼ばれることが多い。

保持(貯蔵)

情報を保存しておくことを保持という。情報科学的な視点から貯蔵と呼ばれることが多い。

想起、起憶(検索)

情報を思い出すことを想起、起憶という。情報科学的な視点から検索と呼ばれることが多い。想起のしかたには以前の経験を再現する再生、以前に経験したことと同じ経験をそれと確認できる再認、以前の経験をその要素を組み合わせて再現する再構成などがある。

忘却

記憶されていたことを想起できなくなることを忘却(ぼうきゃく)という。

東京大学の研究チームは、脳における軽微な忘却が運動制御指令最適化に有効であることを理論的に初めて証明した、と発表[7]


  1. ^ a b c d e f 広辞苑第五版 p.626
  2. ^ 榎本博明『記憶の整理術』PHP研究所 2011年 ISBN 978-4569796680。85頁、91頁
  3. ^ a b 子安増生・田中俊也・南風原朝和・伊東裕司 1992 ベーシック現代心理学6 教育心理学 新版 有斐閣
  4. ^ 太田信夫(編)2006 記憶の心理学と現代社会 有斐閣
  5. ^ a b c 箱田裕司・都築誉史・川畑秀明・萩原滋 2010 認知心理学 有斐閣
  6. ^ 自伝的記憶(2012年5月19日時点のアーカイブ) 自伝的記憶テスト
  7. ^ 忘却がもたらす驚くべき効果-軽微な忘却は、運動指令を最適化することを理論的に証明-東京大学大学院教育学研究科2012年7月13日閲覧





記憶と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「記憶」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



記憶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの記憶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS