au IDとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > au IDの意味・解説 

au ID

読み方エーユーアイディー

au IDとは、KDDIau携帯電話フィーチャーフォン)やスマートフォン向けに提供している各種サービスにおいて統一的利用できるIDのことである。

au IDは、au oneメールauスマートパスLISMO Book Store、その他パートナーサイトといった各種サービスにおいて、共通のログインIDとして利用できる。auかんたん決済とも連携しており、支払い履歴管理ポイント管理もau IDで行うことができる。

au IDは、auフィーチャーフォンスマートフォン、および、PCからも登録が可能である。


参照リンク
au IDサービスの紹介 - (au one

au ID

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/22 15:52 UTC 版)

au ID(エーユー アイディー)はauブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話ががスマートフォンユーザー向けに2007年9月から行っているIDサービスである。旧「au one-ID」。




  1. ^ KDDI 会社情報: ニュースリリース > au携帯電話とPCが一体化したポータルサイト「au one」、およびインターネット接続サービスの新ブランド「au one net」の提供開始について”. KDDI (2007年9月21日). 2020年8月29日閲覧。
  2. ^ a b c 〈お知らせ〉「au ID」の登録者数が1,000万を突破 2012年 KDDI株式会社”. KDDI (2012年10月22日). 2020年8月29日閲覧。
  3. ^ IS03設定ガイド”. KDDI (2010年11月1日). 2020年8月29日閲覧。
  4. ^ 「auかんたん決済」の開始について 2010年 KDDI株式会社”. KDDI (2010年5月31日). 2020年8月29日閲覧。
  5. ^ auのスマートパスポート構想、「au one ID」は「au ID」に - ケータイ Watch”. ケータイ Watch (2012年1月16日). 2020年8月29日閲覧。
  6. ^ 〈お知らせ〉「au ID」、「auかんたん決済」のサービス拡充について 2012年 KDDI株式会社”. KDDI (2012年9月3日). 2020年8月29日閲覧。
  7. ^ au ID、WALLETポイント、au PAYをオープン化!au携帯電話ユーザーでなくても利用可能へ。あわせて「スマートマネー構想」始動”. GAPSIS (2019年2月13日). 2020年8月29日閲覧。
  8. ^ KDDIの「au ID、au WALLET ポイントのキャリアフリー化」に伴う当社サービスの変更に関するお知らせ auアセットマネジメント”. auアセットマネジメント (2019年5月28日). 2020年8月29日閲覧。
  9. ^ 毎日にワクワクを!「auスマートパスプレミアム」、12月18日からau以外のお客さまも利用可能に 2019年 KDDI株式会社”. KDDI (2019年12月18日). 2020年8月29日閲覧。
  10. ^ a b c d e 新規登録 au ID”. KDDI. 2020年8月29日閲覧。


「au ID」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「au ID」の関連用語

au IDのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



au IDのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリau IDの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのau ID (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS