白米の千枚田とは?

白米の千枚田(輪島市)

白米の千枚田
出展日本の棚田百選アクセスマップ

基 礎 諸 元 平均勾配 団地面積
1/3.06 1.2 ha

維持保全利活用状況
昭和31年輪島市指定文化財名勝)に指定される。

本棚田へは、昭和45年から耕作補助金交付し、耕作継続保存を図ってきたが、昭和56年には「千枚田景勝保存会」が設立された。

平成2年には、千枚田隣接地に千枚田ポケットパーク整備され、国道249号往く人々美し棚田景観訴え地元特産の農海産物等を販売している。

・更に平成5年には、恒久的な保全利活用目的として「千枚田景勝保存基金」(基本財産千万円)を設立した。

また、ボランティア活動による耕作支援年間延べ800人)によって棚田保全を図るとともに郷土の自然を慈しむ心や、農業対す理解涵養している。

ボランティア耕作支援は、地元小中高校生留まらず県外修学旅行体験学習等の教育活動にも活用されている。

推薦項目  国土保全     景観     伝統・文化維持保全
推薦理由 国土保全本地域は、地滑り地帯であるが、水路整備し、耕作日々見回りによって災害未然防止大きな役割を果 たしている。

景観本棚田は、高洲山山裾日本海流れ込むような急斜面を切り開いて耕され、わずか1.2ha余りの面 積に2千枚余の田が耕作され、田一枚平均面積が1.8坪である。「の下耕し残る田一枚」と詠われるほどである。畦が描く幾何学模様が、紺碧水平線に浮かぶ七ツ島島影海岸線砕ける白い 波頭調和して、奥能登を代表する美し景観を作っている。

伝統・文化維持保全本棚田は、能登厳し地形や自然を克服しようとした先祖努力執念結晶したものであり、これを多く人々の手継承保存ようとすることは、奥能登伝統・文化保存ようとする上で非常に意義深いことといえる。あて(畦の一部切り込み上方の田より順次下方の田へを導く水利方法)や、はざかけ等の伝統的耕作方法保存伝承をつづけている。千枚田訪れ年間観光客50万人数える。

田 の 概 況 枚 数 2092 水 源 河川渓流含)
事業導入 法面構造 土羽
開発起源 近世戦国江戸
営 農 の 状 況 対象農家 11   戸 10a収量 388 kg10a
戸当り営農規模 0.11 ha/戸        190 /戸
付加価値農業 米田ブランド米販売JAおおぞら農業協同組合)。

千枚田ブランド地酒販売

地元特産野菜山菜海産物等の販売
特記事項有無 なし。

(注:この情報平成11年のものです)

白米の千枚田

名称: 白米の千枚田
ふりがな しらよねのせんまいだ
種別 名勝
種別2:
都道府県 石川県
市区町村 輪島市白米町
管理団体
指定年月日 2001.01.29(平成13.01.29)
指定基準 名3,名4,名11
特別指定年月日
追加指定年月日
解説文:  白米の千枚田は、輪島市街地の東方約8kmに位置する高洲山(別名小富士山標高425m)から、北の日本海岸に向かって下がる急傾斜斜面上に展開する棚田地域である。棚田は、白米集落から海岸線にまで至る高低差約50mの地域に展開する。この地域海岸地形には、石英粗面岩主成分とする海食崖の間を縫うように、急峻傾斜面からなる地すべり地帯卓越している。白米の千枚田は、このような特有の地質構造と密接に関係しつつ発展し、稲の生産の場であるとともに地すべり防止する機能をも同時に果たしてきた。
 白米集落起源16世紀以前遡るともいわれているが、記録からその存在確かめ得るのは17世紀以降のことである。寛永12年(1635)の記録には、百姓7軒のほか塩士5軒があり、塩釜5基を据えて塩1,295俵を生産したことを伝える。貞享元年(1684)に発生した大規模地すべりによって水田大半失われたが、19世紀半ばになって徐々に水田回復した。明治12年(1879)の白米村内土地利用示し絵図によると、ほぼ現状畦畔に近い水田形状完成していたことがうかがえる
 白米の千枚田は田面数約800一枚あたりの平均面積18~20m2と極めて小さな区画水田集積し、畦畔法面が土坡で造られているところに顕著特徴がある。それらを反映して、の下にも隠れてしまうほどの小さな水田を、驚き感慨をもって詠った次のような古謡が残されている。
 「田植えしたのが九百九十九 あとの一枚の下
 越中富山は田どころなれど 能登一枚千枚田
 二百十日も事なくすんで 婆さ出てみて南無阿弥陀 爺さ出てみて千枚田
 千枚田景観には奥能登地方において長年月わたって積み重ねられてきた厳し労働あり方うかがえるとともに日本海風景背景として海岸線にまで及ぶ急峻傾斜面小区画の水田重畳する姿はまことに美しく水上勉はじめとする多く文芸作品写真等の題材ともなってきた。畦畔伝い歩くことによって得られる水田海浜変化ある展望風景は、白米の千枚田特有ののである
 また、白米の千枚田には、通常水田多く見られる多様な昆虫植物生息し、周辺自然地域を含めた生態系維持にも効果を果たしている。
 奥能登地方では、近世以来、両時国氏という豪農によって水田開発が進められたが、一方で小農たちが乏し労働力永年わたって投じ、千枚田のような棚田営々築き上げてきたのである。この意味において、白米の千枚田は、両時国氏に伝わる建造物庭園などとともに近世奥能登地方を代表する資産群であり、この地方特有の地形生業とが結びついて形成されてきた顕著文化的景観といってよい。よって名勝指定し、保護を図ろうとするものである
史跡名勝記念物のほかの用語一覧
名勝:  白沙村荘庭園  白糸ノ滝  白石島  白米の千枚田  八幡山  磐窟谷  磐司

白米千枚田

(白米の千枚田 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/04 03:57 UTC 版)

白米千枚田(しろよねせんまいだ)は、石川県輪島市白米町の棚田である。数が多いので千枚田と呼ばれるが、「狭い田」からの転という説もある。最も小さい田の面積は、0.2平方メートル程度。




「白米千枚田」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「白米の千枚田」の関連用語

白米の千枚田のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



白米の千枚田のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農村環境整備センター農村環境整備センター
Copyright (C) 2018 社団法人農村環境整備センター All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2018 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの白米千枚田 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS