Linuxディストリビューション Slackware系

Linuxディストリビューション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/20 13:54 UTC 版)

Slackware系

  • Slackware : Linux普及初期は有名だったディストリビューション。
    • Dragora GNU/Linux-Libre : 完全に自由ソフトウェアのみで構成される独自のGNU/Linuxディストリビューション。シンプルであることをコンセプトとしている。
    • Plamo Linux : Slackwareを日本語化し、プラモデルのようにいじれることを念頭に置いて開発されている。Version3.3まではPC-9800シリーズに対応した。
    • Puppy Linux : Live CD、HDインストールも可。日本語化も可能[15][16]。debパッケージ利用可。
      • Lxpup[17] : Puppy Linuxを基盤に、デスクトップ環境をLXDEに置き換えたもの。
      • Yara OSX[18][19] : Puppy Linux派生。Xfceを採用したMacOS風の画面。
  • openSUSE : ドイツで開発されていたため、ヨーロッパで強い。SUSEノベルに買収されたことに伴い、SUSE Linuxから改名。

開発停止

  • United Linux : SUSE LinuxをベースにTurboLinux、SUSE(現:Novell)、Caldera(現:SCO)、Connectiva(現:Mandriva)の4社にて共同開発。
  • Wolvix英語版[20] : ウィンドウマネージャとしてXfceを採用している。
  • Slamd64 : x64版Slackwareである。







英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Linuxディストリビューション」の関連用語

Linuxディストリビューションのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Linuxディストリビューションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのLinuxディストリビューション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS