天海 天海の概要

天海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/10 16:18 UTC 版)

南光坊 天海
天文5年(1536年)? - 寛永20年10月2日1643年11月13日
天海像(木村了琢画・賛、輪王寺蔵)
法名 天海
(金剛名号)無障金剛
院号 智楽院
諡号 慈眼大師
尊称 南光坊
生地 陸奥国
宗派 天台宗
寺院 寛永寺
テンプレートを表示
喜多院山門前にある銅像

徳川家康の側近として、江戸幕府初期の朝廷政策・宗教政策に深く関与した。

生涯

天海の出自

『東叡山開山慈眼大師縁起』に「陸奥国会津郡高田の郷にて給ひ。蘆名修理大夫平盛高の一族」と記されていることから、三浦氏の一族である蘆名氏の出自で、陸奥国に生まれたとされる。しかし同縁起には「俗氏の事人のとひしかど、氏姓も行年わすれていさし知ず」とあり、天海は自らの出自を弟子たちに語らなかったとある。また、「将軍義澄の末の御子といへる人も侍り」と足利将軍落胤説も同時に載せられている。果ては姿を変えて生き残った明智光秀であるという説まである(天海=明智光秀説[1]

須藤光暉は、諸文献の比較検討により、蘆名氏の女婿である船木兵部少輔景光の息子であると結論づけている[2]

生年

天海の生年ははっきりしていないが、100歳以上の長命であったと言われる。

小槻孝亮の日記『孝亮宿祢日次記』には、天海が寛永9年4月17日1632年6月4日)に日光東照宮薬師堂法華経万部供養の導師を行った記事があるが、天海はこの時97歳(数え年)であったという。これに従うと生年は天文5年(1536年)と推定され、没年は107歳(数え年108歳)となる。このほか『上杉将士書上』による永正7年(1510年)のほか、享禄3年(1530年)、天文11年(1542年)、天文23年(1554年)といった説がある。しかしこれらは比較的信頼度が低い史料に拠っているとされている[3]。須藤光暉は12種の生年説を比較検討した上で、天文5年説を妥当としている[2]

前半生

先述のように陸奥国会津出身と伝えられているが前半生についてはよくわかっていない[4]

龍興寺にて随風と称して出家した後、14歳で下野国宇都宮粉河寺の皇舜に師事して天台宗を学び近江国比叡山延暦寺園城寺大和国興福寺などで学を深めたという[要出典]元亀2年(1571年)、織田信長により比叡山焼き討ちに合うと武田信玄の招聘を受けて甲斐国に移住する[要出典]。その後、蘆名盛氏の招聘を受けて黒川城(若松城)の稲荷堂に住し、さらに上野国長楽寺を経て天正16年(1588年)に武蔵国の無量寿寺北院(現在の埼玉県川越市。のちの喜多院)に移り、天海を名乗ったとされる[要出典]

喜多院住持

天海としての足跡が明瞭となるのは、無量寿寺北院に来てからである。この時、江戸崎不動院の住持も兼任していた。浅草寺の史料によれば北条攻めの際、天海は浅草寺の住職・忠豪とともに徳川家康の陣幕にいたとする。これからは、天海はそもそも家康のために関東に赴いたことがうかがえる。

豪海の後を受けて、天海が北院の住職となったのは慶長4年(1599年)のことである。その後、天海は家康の参謀として朝廷との交渉等の役割を担う。慶長12年(1607年)に比叡山探題執行を命ぜられ、南光坊に住して延暦寺再興に関わった。ただし、辻達也は、天海は慶長14年(1609年)から家康に用いられたとしている[3]。この年、権僧正に任ぜられた。

また慶長17年(1612年)に無量寿寺北院の再建に着手し、寺号を喜多院と改め関東天台の本山とする。慶長18年(1613年)には家康より日光山貫主を拝命し、本坊・光明院を再興する。大坂の陣の発端となった方広寺鐘銘事件にも深く関わったとされる[5][6]

後半生

元和2年(1616年)、危篤となった家康は神号や葬儀に関する遺言を同年4月に大僧正となった天海らに託す。家康死後には神号を巡り以心崇伝本多正純らと争う。天海は「権現」として自らの宗教である山王一実神道で祭ることを主張し、崇伝は家康の神号を「明神」として古来よりの吉田神道で祭るべきだと主張した。2代将軍・徳川秀忠の諮問に対し、天海は、豊臣秀吉に豊国大明神の神号が贈られた後の豊臣氏滅亡を考えると、明神は不吉であると提言したことで家康の神号は「東照大権現」と決定され家康の遺体を久能山から日光山に改葬した。

その後3代将軍・徳川家光に仕え、寛永元年(1624年)には忍岡に寛永寺を創建する。江戸の都市計画にも関わり、陰陽道や風水に基づいた江戸鎮護を構想する[1]

紫衣事件などで罪を受けた者の特赦を願い出ることもしばしばであり、大久保忠隣福島正則徳川忠長などの赦免を願い出ている。これは輪王寺宮が特赦を願い出る慣例のもととなったという[3]堀直寄柳生宗矩と共に沢庵宗彭の赦免にも奔走した。寛永20年(1643年)に108歳で没したとされる[4]。その5年後に、朝廷より慈眼大師号を追贈された。

天海は生前に日本での一切経(大蔵経)の印刷と出版を企図[4]慶安元年(1648年)には、天海が着手した『寛永寺版(天海版)大蔵経』が、幕府の支援により完成した。天海によるこれらの経典の出版は日本の印刷文化史上、最も重要な業績の一つと言われている[4]。天海が作製させた膨大な木製活字(天海版木活字)は26万個以上が現存している[4]

廟所


注釈

  1. ^ 「御諱を犯すのみならず、豊臣家の為に当家を呪詛するに似たりといふ事を天海一人御閑室に召れたりし時密々告奉りといふ」
  2. ^ なお、浅草寺の東照社は覚永19年(1642年)に焼失した。
  3. ^ a b c d 明智光秀と天海を同一人物として描いた作品。
  4. ^ 明智光秀関係者が天海となった可能性を描いた作品。
  5. ^ 芦名銅伯と天海を双生児として描いた作品。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 宮元健次 (2013年3月28日). “江戸を大都市にした天海は、何を仕掛けたのか”. PHPビジネスオンライン衆知. http://shuchi.php.co.jp/article/1389 
  2. ^ a b c 須藤光暉『大僧正天海』冨山房、大正5年。[要ページ番号]
  3. ^ a b c d e 辻達也『日本の歴史 江戸開府』中公文庫
  4. ^ a b c d e 東叡山寛永寺”. 東京国立博物館. 2019年10月28日閲覧。
  5. ^ 『台徳院殿御実紀』巻廿七より[注釈 1]
  6. ^ 【戦国こぼれ話】現在は学者受難の時代?戦国時代は重要だった知識人たち!(渡邊大門)”. Yahoo!ニュース (2020年10月5日). 2020年12月22日閲覧。
  7. ^ 日光ウォーキングガイド (PDF)”. 日光市観光協会. 日光旅ナビ. 2021年12月4日閲覧。
  8. ^ 絵画に描かれた関ヶ原合戦 関ヶ原合戦400年記念「戦国博」-情報・デザインミュージアム-
  9. ^ 須藤光暉 1916, p. 10-11.
  10. ^ 須藤光暉 1916, p. 595-596.
  11. ^ 明智滝朗『光秀行状記』中部経済新聞社、昭和41年






天海と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天海」の関連用語

天海のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



天海のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS