水循環変動観測衛星とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 水循環変動観測衛星の意味・解説 

水循環変動観測衛星

読み方:みずじゅんかんへんどうかんそくえいせい
別名:水循環観測衛星水観測衛星
英語:GCOM-W satellite

地球上の水の循環観測する人工衛星宇宙航空研究開発機構JAXA)が推進する「地球環境変動観測ミッション」(GCOM)のプロジェクトにおいて開発されている。

2012年1月10日に、水循環変動観測衛星の1号機「しずく」(GCOM-W1)がJAXAにより公開された。「しずく」はマイクロ波放射計使用し、上空700キロメートル比較低空周回する人工衛星で、海水温土壌中の水分量を計測することができる。

水循環変動観測衛星によって、世界中海水温変化気候変化降水量水蒸気量、積雪量などを観測することが可能になる。地球温暖化に関する研究気候変動メカニズム解明をはじめ、気象予報海水温から魚群位置予測などの用途への利用期待されている。

2012年1月現在、水循環変動観測衛星の打ち上げ予定2013年度中とされている。

GCOMでは水循環変動観測衛星と合わせて気候変動観測衛星利用計画されており、開発が進められている。

関連サイト
GCOM-W1 - 宇宙航空研究開発機構JAXA人工衛星プロジェクト

地球環境変動観測ミッション

(水循環変動観測衛星 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/04 05:41 UTC 版)

地球環境変動観測ミッションGCOM : Global Change Observation Mission、ジーコム)は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が進めている、人工衛星を利用した地球環境の変動を長期的に観測する計画。国際プロジェクトの全球地球観測システム(GEOSS)10年計画に沿い、10~15年程度の期間、全地球上の降水積雪量水蒸気量、エアロゾル植生などの物理データを観測し、そのデータを気候変動予測や気象予測、水や食料資源管理などに利用し、その有効性を実証することを目的としている。 2012年5月18日に最初の観測衛星「しずく(GCOM-W1)」が打ち上げられ、2017年12月23日に2機目の観測衛星「しきさい (CGOM-C1)」が打ち上げられた。






「地球環境変動観測ミッション」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「水循環変動観測衛星」の関連用語

水循環変動観測衛星のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



水循環変動観測衛星のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地球環境変動観測ミッション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS