任天堂Switchとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 任天堂Switchの意味・解説 

Nintendo Switch

(任天堂Switch から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/21 09:13 UTC 版)

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)は、任天堂が開発・販売を担当し、2017年3月3日に発売された据置型ゲーム機[1][12]2019年にはNintendo Switch本体とコントローラを一体化させ、携帯型へと特化させた廉価モデル「Nintendo Switch Lite」が発売された。また、任天堂の据置型のゲーム機では、ニンテンドーゲームキューブ以来、名称にニンテンドーの名が付いた。




注釈

  1. ^ 384万本(2020年3月)[9]、331万本(2020年4月-2020年6月)[10]の合算。

補足

  1. ^ NVIDIAのブログにて「NVN」と呼ばれている[50]
  2. ^ GC開発当時はArtX、Wii開発当時はATI。ArtXはATIによる、ATIはAMDによる買収で、2016年現在はAMDのRadeon部門の一部となっている。
  3. ^ ただし、新世代容量規格であるMicroSDUCメモリーカードには非対応である。当然、本体内部のハードウェア(MicroSDカードリーダー部)に起源するため、公式で対応すると言った予定はない。
  4. ^ TVモードの場合はドックのUSB端子に接続。テーブル/携帯モードの場合も本体下部端子に接続可能(Type-CからType-Aに変換するなど)だが、構造上、スタンド等の利用が必要。
  5. ^ Switch本体に取り付けた場合、Switch本体の電源がOFFの状態ではJoy-Conは充電されない(電源ON、またはスリープ状態で充電される)。また、Switch本体がドックまたはUSB Type-Cケーブルに接続され、給電されていないと、本体バッテリー消費を抑えるため、Joy-Conはフル充電されない(半分ほどでストップする)[68]
  6. ^ プレイが可能になるのはソフト発売日の2018年12月7日から。
  7. ^ 「VOEZ」は2018年1月25日のアップデートでコントローラー操作に対応したため、現在は携帯モード専用ソフトではなくなっている。

出典

  1. ^ a b c d “Switch and Play ゲームライフをもっとアクティブに 「Nintendo Switch」 2017年3月3日 29,980円(税別)にて発売” (HTML) (プレスリリース), 任天堂, (2017年1月13日), https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2017/170113.html 2017年1月13日閲覧。 
  2. ^ “Switch and Play 게임 생활을 보다 액티브하게! 한국닌텐도, 「Nintendo Switch™」 12월 1일 국내 정식 발매 결정” (韓国語) (HTML) (プレスリリース), Nintendo of Korea, (2017年9月20日), http://www.nintendo.co.kr/PR/press_list.php?cPage1=1&cPage2=1&idx=274&press_div=P 2017年10月30日閲覧。 
  3. ^ Nintendo Switch” (中国語). Nintendo of Taiwan. 2017年10月30日閲覧。
  4. ^ “中国でのNintendo Switchの発売について” (HTML) (プレスリリース), 任天堂, (2019年12月4日), https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2019/191204.html 2019年12月4日閲覧。 
  5. ^ NVIDIA Technology Powers New Home Gaming System, Nintendo Switch”. Nvidia. 2016年12月12日閲覧。
  6. ^ a b オンラインサービス|Nintendo Switch”. 任天堂. 2017年6月2日閲覧。
  7. ^ 任天堂株式会社2021年3月期第1四半期決算短信”. 任天堂. 2020年8月6日閲覧。
  8. ^ 株主・投資家向け情報:業績・財務情報 - ゲーム専用機販売実績”. 任天堂. 2020年8月6日閲覧。
  9. ^ 任天堂株式会社 2020年3月期 決算参考資料 (PDF)”. 任天堂 (2020年5月7日). 2020年8月6日閲覧。
  10. ^ 任天堂株式会社 2021年3月期 第1四半期 決算参考資料 (PDF)”. 任天堂 (2020年8月6日). 2020年8月6日閲覧。
  11. ^ 株主・投資家向け情報:業績・財務情報 - 主要タイトル販売実績 Nintendo Switch専用ソフト”. 任天堂. 2020年8月6日閲覧。
  12. ^ a b c d “据置型テレビゲーム機の娯楽体験を切り替える 「Nintendo Switch」 世界初公開” (HTML) (プレスリリース), 任天堂, (2017年10月20日), https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2016/161020.html 2017年3月7日閲覧。 
  13. ^ 任天堂の次世代機「NX」、17年3月に発売へ Wii Uの今期販売計画は「80万台」 ITmedia ビジネスオンライン 2016年4月27日
  14. ^ 【初公開映像】Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ) 任天堂公式Youtubeチャンネル 2016年10月20日
  15. ^ a b c 任天堂、Nintendo Switchのamiibo対応、ドックの機能について明かす IGN 2016年10月21日
  16. ^ “米任天堂レジ―社長「Nintendo Switchは境界なくゲームのコンセプト切り開く」”. インサイド. (2016年10月21日). http://www.inside-games.jp/article/2016/10/21/102833.html 
  17. ^ “「ゼルダ」映画化の可能性は? 任天堂・君島社長に聞く”. 朝日新聞. (2016年5月16日). http://www.asahi.com/articles/ASJ5903YMJ58PLZB00Z.html 
  18. ^ a b Nintendo President Tatsumi Kimishima on the Future” (英語). Time. 2018年11月2日閲覧。
  19. ^ a b Tane, Kiyoshi. “任天堂NXの名前の由来を社長も知らない? 君島社長、次期ゲーム機はWii Uの後継ではないと語る - Engadget Japanese” (日本語). Engadget JP. https://japanese.engadget.com/2015/12/06/nx-wii-u/ 2018年11月2日閲覧。 
  20. ^ 大陸新秩序 (2018年3月13日). “Nintendo Switchが大賞/総務大臣賞,ドラゴンクエストシリーズが功労賞を受賞した第23回AMDアワード授賞式をレポート”. 4Gamer.net. 2018年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月17日閲覧。
  21. ^ 「NintendoがSwitchを造った理由」『エンタミクス』2017年5月号、KADOKAWA、2017年、 115頁。
  22. ^ 任天堂「NX」の発売日やスペック、対応ソフトは?―現時点の情報まとめ”. Game Spark (2016年5月3日8時0分). 2016年10月21日閲覧。
  23. ^ 最新作「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」が発表。プラットフォームはPlayStation 4とニンテンドー3DS。NX向けの開発も明らかに”. 4Gamer.net (2015年7月28日). 2016年10月21日閲覧。
  24. ^ 任天堂株式会社のツイート 2016年4月27日7時8分(UTC)
  25. ^ ニュースリリース”. 任天堂 (2016年10月20日). 2016年10月22日閲覧。
  26. ^ スマホ新作『信長の野望』やNintendo Switch版の情報も!“歴史シミュレーションゲームの日”ニコ生まとめ”. ファミ通.com (2016年10月27日). 2016年10月27日閲覧。
  27. ^ Nintendo Switch、プレゼンテーション&体験会を開催決定”. GAME Watch (2016年10月27日). 2016年10月27日閲覧。
  28. ^ マイニンテンドーストアのアクセス障害に関するお詫びと 『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王 VALENTIA COMPLETE』の 販売方法変更および予約開始日延期のお知らせ”. 任天堂 (2017年1月25日). 2017年6月24日閲覧。
  29. ^ Nintendo Switch、発売3日間で国内推定販売台数33.1万台を記録 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』国内推定販売本数は19万3060本”. ファミ通 (2017年3月7日). 2017年4月25日閲覧。
  30. ^ 「Nintendo Switch本体」品薄の お詫びとお知らせ”. 任天堂 (2017年6月22日). 2017年6月24日閲覧。
  31. ^ “任天堂、「Nintendo Switch」の品薄を謝罪…ホームページで発表”. スポーツ報知. (2017年6月22日). http://www.hochi.co.jp/topics/20170622-OHT1T50113.html 2017年6月24日閲覧。 
  32. ^ Nintendo Switch、国内推定累計販売台数が100万台を突破 歴代ソフト売上トップは『マリオカート8 デラックス』ファミ通.com 2017年6月28日
  33. ^ Switch Sales Top an Estimated 5 Million Units Worldwide - Sales”. 2018年9月28日閲覧。
  34. ^ 「スーパーマリオ オデッセイ」、発売3日間で51.2万本を販売。ニンテンドースイッチは累計200万台突破!~「ファミ通」マーケティング速報~”. 時事通信社 (2017年11月1日). 2017年12月6日閲覧。[リンク切れ]
  35. ^ Nintendo Switchが北米のセールシーズンで最も売れた商品だったと報道”. IGN JAPAN (2017年12月1日). 2017年12月6日閲覧。
  36. ^ Nintendo Switch全世界販売台数1,000万台突破”. 任天堂 (2017年12月12日). 2017年12月12日閲覧。
  37. ^ a b 任天堂スイッチ、2千万台以上目標 18年度販売で君島社長”. 京都新聞 (2017年12月28日). 2017年12月28日閲覧。
  38. ^ Nintendo Switch Passes 3 Million Units Sold in Japan After Extremely Strong Week
  39. ^ 第1四半期決算短信”. 任天堂. 2018年8月1日閲覧。
  40. ^ 任天堂スイッチ、初年度1460万台を販売 PS4の記録を突破か”. ForbesJAPAN (2018年1月24日). 2018年1月24日閲覧。
  41. ^ 自分用のNintendo Switchはいかが? マイニンテンドーストアに『Nintendo Switch 2台目用セット』が登場!”. Nintendo Switch公式 (2018年5月23日). 2018年5月23日閲覧。
  42. ^ Nintendo Switchの国内販売台数が500万台を突破。発売から79週(約1年6ヵ月)での達成に”. ファミ通.com (2018年9月5日). 2018年11月19日閲覧。
  43. ^ 多様化するゲームプラットフォームによるバトルロイヤル――ファミ通グループ代表 浜村弘一氏の講演"ゲーム産業の現状と展望<2019年春季>"リポート”. ファミ通.com (2019年5月13日). 2019年5月16日閲覧。
  44. ^ 中国でのNintendo Switchの発売について”. 任天堂 (2019年4月26日). 2019年9月7日閲覧。
  45. ^ Nintendo Switchの国内累計販売台数が812万台を突破。PS4&PS4 Proの合算を上回る”. ファミ通.com (2019年5月16日). 2019年5月16日閲覧。
  46. ^ バッテリー持続時間が長くなった新モデルのお知らせ”. 任天堂. 2019年9月3日閲覧。
  47. ^ バッテリ持続時間が長くなった新Nintendo Switch。最大9時間プレイ、29,980円”. AV Watch (2019年7月17日). 2019年7月17日閲覧。
  48. ^ 2020年2月ゲームソフト・ハード売上ランキング速報『P5S ザ ファントム ストライカーズ』が首位を獲得! スイッチが国内累計1200万台を突破”. ファミ通.com (2020年3月5日). 2020年5月18日閲覧。
  49. ^ ニンテンドースイッチ、国内累計販売台数1500万台を突破。歴代ソフト売上トップは累計560万本超の『あつ森』”. ファミ通.com (2020年9月10日). 2020年9月10日閲覧。
  50. ^ a b c NVIDIA の技術が任天堂の新ゲーム機「Nintendo Switch」に採用されました NVIDIA Japan 2016年10月20日
  51. ^ “Switchのタッチスクリーンを実際に使う様”. IGN. (2017年1月25日). http://jp.ign.com/nintendo-switch-1/10891/news/switch 
  52. ^ a b 「Nintendo Switch」がμITRON4.0仕様準拠リアルタイムOSを採用”. MONOist. ITmedia (2017年7月7日). 2017年7月7日閲覧。
  53. ^ Nintendo Switchの本体システムがバージョンアップ! ゲーム動画撮影機能をはじめ、新しい機能をご紹介します。”. 任天堂. 2017年10月19日閲覧。
  54. ^ ニンテンドースイッチのProコンに、任天堂からの隠しメッセージ!”. ギズモード・ジャパン. 2016年3月24日閲覧。
  55. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t Nintendo Switchの本体更新について”. 任天堂. 2018年9月28日閲覧。
  56. ^ モリサワ UD書体が「Nintendo Switch」に搭載
  57. ^ ITmedia NEWS
  58. ^ Nintendo みまもり Switch™”. 2016年3月7日閲覧。
  59. ^ a b Nintendo Switch、ローンチの時点ではバーチャルコンソールに対応せず IGN 2017年2月24日
  60. ^ 任天堂の最新ゲーム機「Nintendo Switch」にACCESSの「NetFront® Browser NX」が採用”. ACCESS プレスリリース. 2016年3月19日閲覧。
  61. ^ Take a look at how itty-bitty the Nintendo Switch cartridge is”. Polygon. 2018年3月2日閲覧。
  62. ^ Nintendo Switchのチップ解剖から考えるデグレード版Tegra X1を選んだ理由”. EE Times Japan. 2017年3月29日閲覧。
  63. ^ 3.3 Hardware Specifications”. 2017年3月15日閲覧。[リンク切れ]
  64. ^ Nintendo Switch Teardown”. iFixit (2017年3月3日). 2017年3月13日閲覧。
  65. ^ a b Richard Leadbetter (2019年8月21日). “The new Nintendo Switch review: the updated Tegra X1 tested in depth” (英語). Eurogamer. 2019年9月3日閲覧。
  66. ^ モリサワ UD書体が「Nintendo Switch」に搭載 株式会社モリサワ 2017年5月25日
  67. ^ 「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」は最大2TBのmicroSDXCメモリーカードに対応”. GIGAZINE. 2016年3月3日閲覧。
  68. ^ 充電のしかた|Nintendo Switch サポート情報|Nintendo”. 任天堂. 2018年12月5日閲覧。
  69. ^ a b 臥待 弦 (2018年10月31日). “『Minecraft』と『フォートナイト バトルロイヤル』のスイッチ本体セットが発表! 嬉しいおまけも同梱”. インサイド. イード. 2018年11月4日閲覧。
  70. ^ 本体ラインナップ, 任天堂, https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/modal/lineup_dragonquest.html 2019年8月30日閲覧。 
  71. ^ 本体ラインナップ, 任天堂, https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/modal/lineup_tsumtsum.html 2019年8月30日閲覧。 
  72. ^ あつまれ どうぶつの森商品情報 , 任天堂, https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/set/?modalOpen 2020年3月21日閲覧。 
  73. ^ Toy-Conであそべる”. 2018年9月28日閲覧。
  74. ^ Nintendo SwitchのVR対応、今年にも発表くるか!?”. 2019年3月8日閲覧。
  75. ^ 13歳未満の利用に道--業界団体が施設型VRコンテンツの利用年齢にガイドライン”. 2019年3月7日閲覧。
  76. ^ Nintendo Switchの『VRモード(3D映像)』についてお伝えしたいこと”. 2019年3月7日閲覧。
  77. ^ 青沼プロデューサー、Switch版の「ブレス オブ ザ ワイルド」はWii U版よりも高い解像度で動作する IGN 2017年1月14日
  78. ^ 海外での使用についてのご注意|Nintendo Switch サポート情報|Nintendo 任天堂 2017年3月3日
  79. ^ 任天堂、Switchのローンチ後に動画ストリーミングサービスに対応することを検討中 IGN 2017年1月20日
  80. ^ Nintendo SwitchにはMiiが存在するが、使用は必須ではない IGN 2017年1月21日
  81. ^ 任天堂、将来的にSwitchをアップグレードしていく可能性を語る IGN 2017年2月7日
  82. ^ Nintendo Switch、一部のタイトルはタッチスクリーンだけで操作する IGN 2017年2月28日
  83. ^ 【Switch】外付けハードディスクは使用できますか? 任天堂 2017年3月3日
  84. ^ Nintendo SwitchのJoy-ConがWindows 10でゲームパッドとして動作”. Impress Watch. 2017年3月8日閲覧。
  85. ^ Nintendo SwitchのProコントローラーはPCにも対応”. IGN JAPAN. 2017年3月8日閲覧。
  86. ^ スイッチのカートリッジはギネス登録の「最も苦い物質」を使用 GameSpark 2017年3月03日
  87. ^ ルイージが登場!? 『スーパーマリオ オデッセイ』の無料アップデートが決定! 任天堂 2018年1月11日
  88. ^ GTCでKhronosが明らかにしたAPIアップデート
  89. ^ JDI、ニンテンドースイッチのパネル独占供給=関係者 WSJ 2017年1月18日
  90. ^ Nintendo Switchの好況に沸くゲーム機向け液晶パネル 日経 xTECH 2018年1月09日




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「任天堂Switch」の関連用語

任天堂Switchのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



任天堂Switchのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのNintendo Switch (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS