デパートメント‐ストアとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > デパートメント‐ストアの意味・解説 

デパートメント‐ストア【department store】

デパート」に同じ。


百貨店

(デパートメント‐ストア から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/23 16:17 UTC 版)

百貨店(ひゃっかてん)は、単一の企業が複数の分野の専門店を統一的に運営し、それら専門店を面積が広い大規模な店舗に集約し多種類の商品を展示陳列して販売する小売店のことである。




  1. ^ 「英のDepartment Store-仏のGrands magasins-独のWarenhaus (od.Grossmagazin)」の様な商業組織の制度を「大商店制度」(又は「大店舗制度」-Magazinsystem)と云う 小売商業の革新(其二) 神戸高等商業学校講師坂西由蔵「商業界」1905年
  2. ^ ドイツ語についてはウィキペディア独語版の記事名de:Kaufhausおよびde:Warenhausより。
  3. ^ ジョアン・フィンケルシュタイン『ファッションの文化社会学』成実弘至訳 せりか書房 2007年、ISBN 9784796702799 pp.89-94.
  4. ^ Natalie Loughenbury (2010年1月6日). “Bennetts Irongate, Derby Celebrates Its 275th Anniversary”. Derbshire Life (Bennets). http://www.bennettsirongate.co.uk/bennetts/bennetts-derby-history.php 2012年1月26日閲覧。 
  5. ^ About Us”. Bennetts Irongate. 2012年4月23日閲覧。
  6. ^ ただし、これが現代におけるDepartment storeや百貨店の定義に適うものかは不明。
  7. ^ Parkinson-Bailey, John (2000). Manchester an architectural history. Manchester: Manchester University Press. pp. 80–81. ISBN 0-7190-5606-3 
  8. ^ The Buildings of England Lancashire: Liverpool and the South-West, Richard Pollard and Nickolaus Pevsner, 2006, Yale University Press
  9. ^ a b 1904年12月20日顧客らに送った書状。のちに「デパートメントストア宣言」と呼ばれるこの文書「米国に行はるるデパートメント・ストーアの一部を実現致すべく候」翌日の12月21日、三越呉服店は日本初のデパートとして営業を開始した。「あの日から 日本経済の転機」 1904年12月20日 デパートメントストア宣言 近代百貨店の産声 東京新聞2007年(平成19年)12月19日
  10. ^ 企業情報 歴史 | 三越
  11. ^ これに相対する販売方式はセルフサービス方式である。
  12. ^ a b c 商業統計表|業態別統計編 (小売業)|概況|業態分類表 (PDF)”. 経済産業省 (2009年2月27日). 2012年4月23日閲覧。


「百貨店」の続きの解説一覧

デパートメント・ストア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/29 23:47 UTC 版)

デパートメント・ストア (department store)




「デパートメント・ストア」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「デパートメント‐ストア」の関連用語

デパートメント‐ストアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



デパートメント‐ストアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの百貨店 (改訂履歴)、デパートメント・ストア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS