坂本美雨 坂本美雨の概要

坂本美雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/23 14:31 UTC 版)

坂本美雨
別名 Sister M
出生 1980年5月1日(35歳)
出身地 日本の旗
ジャンル ポップス
職業 歌手
活動期間 1997年 -
レーベル ワーナーミュージックジャパン
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
事務所 プロマックス
共同作業者 おおはた雄一(おお雨)
公式サイト www.miuskmt.com

人物

父親は坂本龍一、母親は矢野顕子という、ミュージシャンの両親の元に生まれ、YMOクラフトワークを胎教として育った。5歳年上の異父兄、風太がいる[2]。祖父は編集者の坂本一亀。9歳だった1990年平成2年)には家族でアメリカ合衆国ニューヨーク州に移住し、高校卒業まで同地で過ごしたため、英語日本語バイリンガルである。高校時代には美術を専攻していた。名前の「美雨」は、突然変異を意味する英語、「ミュータント(mutant)」に由来し、父が名付けた[3]。初恋の人は両親の友人であった音楽バンド、ジャパンのボーカル、デヴィッド・シルヴィアン。初めて買ったCDはTM NETWORKの「JUST ONE VICTORY」だった。

16歳だった1997年(平成9年)より日本での音楽活動を開始。現在は都内在住であるが、母親の矢野顕子がニューヨーク在住であることからマンハッタンの母の住まいを「実家」と称し、度々行き来していることをブログで明かしている。北京、上海、韓国でのライブ経験もある。

大の映画好きであり、新作映画への推薦コメントや批評の執筆も行っている。演劇、ダンス好き、読書家にして愛猫家。また旅好きでも知られ、これまでカナダのソルトスプリング島、中国(北京上海杭州大連桂林香港)、モルディブ南アフリカケープタウンヨハネスブルグ)、アイスランドロンドンパリなど様々な都市へ出かけたほか、シベリア鉄道に乗り3週間旅したドキュメンタリーが放送されたことがある(なお、坂本は自らいわゆる「鉄子」であると称している[4])。さらに演劇への造詣も深く、舞踏全般、主にコンテンポラリーや暗黒舞踏を観劇。

自身の"声を楽器として"さらに意識した楽曲制作、コンサート活動を行う(インタビューより)。シンガーソングライターおおはた雄一とのユニット『おお雨』としても活動。THE JETZEJOHNSONの藤戸じゅにあとのエレクトロユニット『NAKED LAMP』や、サカモト教授との『サカモト兄妹』など、コラボレーションも多数。Salyu、映画「イノセンス」サントラなど他アーティストへの歌詞提供も行う。

また、演劇の舞台出演やダンス公演なども行い、『音楽劇ファンファーレ』ではメインのファーレ役をつとめる。

熱心な愛猫家である。愛猫"サバ美"[5]が雑誌や新聞に掲載されるなど、人気を集めている。「FreePets〜ペットと呼ばれる動物たちの生命を考える会」のメンバーとして、また一般社団法人「ランコントレ・ミグノン」のボランティアとして動物愛護活動も行い、東日本大震災の被災動物の救援活動にも熱心に携わる。

略歴

1997年
  • 1月29日、16歳にして「Sister M」名義で坂本龍一の「The Other Side of Love」に客演して歌手デビュー。当初 Sister M の正体は公表されておらず、当時フォーライフに所属し、坂本龍一とそれぞれが共演経験を持っていた今井美樹中谷美紀ではないかと噂が飛び交った[6]が、J-WAVEラジオ番組PAZZ&JOPS』で坂本龍一が正体を公表した[6]。この曲はドラマ『ストーカー 逃げきれぬ愛』の主題歌で、CD売上が70万枚を越えるヒットとなる(オリコン推定売り上げ721,690枚、最高位6位)[7]。坂本龍一によれば本来、中谷美紀の為に書いた曲だが(のちに日本語の歌詞で『砂の果実』としてリリースされた)、素人っぽい謎めいたアーティストを探していた際にニューヨークの自宅でたまたま美雨に歌わせてみたところ、「イメージとピッタリ合ったので起用した」と語っている。坂本龍一はそれまで娘の歌声は聞いたことがなかったと言う。
1998年
1999年
  • 音楽活動を続けながら通っていたニューヨークの現地の高校を卒業。
  • 映画『鉄道員(ぽっぽや)』の主題歌を歌う。
  • 初のオリジナルアルバム『DAWN PINK』をリリース。その中で母矢野顕子の「ひとつだけ」をカバーしている。
2000年 - 2002年
  • 数枚のシングルをリリース(セカンドアルバム『miutation』をリリースする予定でレコーディングしていたが、レコード会社の事情によりお蔵入りに)。
  • 執筆活動も増え、連載、絵本の翻訳、テレビでの司会、ラジオのパーソナリティなど幅広い分野で活躍。
  • テレビ番組 (BS-i) のドキュメンタリー番組の撮影で、シベリア鉄道に乗り3週間ロシアを旅した。
2003年
  • ジュエリー・ブランド「aquadrops」のプロデュースをスタート。
  • 詩画集『aqua』をリトルモア社より出版。東京・名古屋で個展も行う。
  • この頃から、中国でのライブ、ミュージシャンでフェイ・ウォンのプロデューサーであるチャン・ヤートンとのコラボレーション、中国各地への取材旅行など、中国との縁も深まっている。
2004年 - 2005年
2006年
  • 5月、オリジナルアルバム『Harmonious』をリリース。このアルバムは父・坂本龍一の手を一切借りず、アーティスト坂本美雨としてひとり立ちを果たすことに成功した作品といえる。アルバムのアートワークはMr.Childrenなどのアートワークで数々の賞を受賞しているアートディレクター森本千絵が手がけ、公私共に親しい仲である。
  • THE NEVER ENDING STORY」のミュージック・ビデオでは、ダンス・カンパニーコンドルズ主宰の近藤良平が踊りで出演。
  • この年、女優デビューを果たす。竹中直人の勧めで舞台『竹中直人の匙かげん2』に出演し、井川遥田口浩正らと共演。下北沢本多劇場、大阪、静岡で約1ヶ月間上演される。
2007年
  • ヱビスビールの新商品、ヱビス〈ザ・ホップ〉のTVCMに出演。友人である歌手山田タマルと共演。
  • 12月、3枚目のアルバム『朧の彼方、灯りの気配』をリリース。"人力トランス"として知られるバンドROVOのメンバー、クラムボンのミト、ポラリスのオオヤユウスケ、THE JETZEJOHNSONの藤戸じゅにあなどと組み、自身の声を中心とした色彩豊かな音を創りあげる。
  • タワーレコードインストアライブ(東名阪)を行う。
  • シンガーソングライターおおはた雄一とのユニット『おお雨』を結成。ライブ活動を行う。
  • 自身のPV「Swan Dive」で初監督(ダンス演出は小林顕作)。
  • 写真家の蜷川実花の個展『NINAGAWA WOMAN』の看板を飾る。(12月13日から翌2008年1月6日)
2008年
  • 細野晴臣トリビュート・アルバム『細野晴臣STRANGE SONG BOOK/V.A. -Tribute to Haruomi Hosono 2-』に参加。(2008年1月23日発売)
  • 11月5日、アルバム「ZOY」を発売。(葉加瀬太郎森雪之丞おおはた雄一高田漣徳澤青弦岡田徹、藤戸じゅにあ参加。エンジニアは益子樹(ROVO))
  • 12月12日、朗読劇『LOVE LETTERS』出演。(相手:舞踏家森山開次
  • ツアー『Zoy's Room』(東名阪)
  • 『情熱大陸スペシャルライブ』東京・大阪公演に出演。
  • 雑誌PAPERSKYアイスランド特集号の表紙・巻頭特集でアイスランド音楽を紹介。
  • 名古屋ZIP-FMでレギュラー番組『中部電力 Future Standard』のナビゲートを開始。(毎週日曜 9:35-9:50)
2009年
  • ダンス公演『リンゴ企画』出演&音楽を担当。演出はコンドルズ主宰、近藤良平。
  • フジロック・フェスティバル』におおはた雄一と出演。
  • THE BOOMトリビュートアルバムに参加。
  • 横浜開港150周年『開国博Y150』のスーパーハイビジョンシアター映像作品『gift〜未来へのおくりもの』のテーマ曲を作詞・歌唱
  • higo.hayato 1st アルバム『PLEASURE』に「baby blue」で参加。
  • Bunkamuraザ・ミュージアムの展覧会『ピカソとクレーの生きた時代』テーマソング「Libera in Sleep」(「ZOY」収録)
2010年
  • パナソニック「NIGHT COLOR」CMナレーション。2月1日から2月7日まで渋谷駅前大型ビジョン4台をジャックし深夜0時より1時間放映。
  • 金沢eAT'10 『トキメキからだフェスティバル』出演。明和電機川井憲次らと共演。テーマソングの歌唱、ダンス出演。
  • 5月19日、新アルバム『PHANTOM girl』発売。NY在住のミュージシャンShanghai Restoration Projectと共作。
    • アートワークは、アルバム4作目の共作となる友人のアートディレクター森本千絵が担当。
    • 先行シングル「Phantom girl's first love」が『日立 世界・ふしぎ発見!』のエンディングテーマとなる。
  • Shanghai Restoration Projectと共にタワーレコードインストアライブ(東名阪)を行う。
  • アンダーグラフとの共作曲「地球はやっぱり青かった」を発表。
  • 「おお雨」名義で『情熱大陸スペシャルライブ』札幌公演に出演。
  • 自主企画ライブイベント『Direct MIUsical』(会場:EATS and MEETS Cay)をスタートさせる。
  • THE JETZEJOHNSON・藤戸じゅにあとのユニット『NAKED LAMP』を結成。
  • 化粧品『草花木果』TVCMテーマソング『はじまり はじまり』(作詞:いしわたり淳治、作曲:織田哲郎)を歌唱。
  • VAMPS』の新アルバム『BEAST』に収録の“SAMSARA”にコーラス参加。
  • 動物愛護活動を本格的に始める。社団法人Freepetsの立ち上げに参加。
  • NHK『ミューズの微笑み』で美術館を巡る旅人を務める。
2011年
  • コンドルズ近藤良平らとのダンス公演『山羊ボー走』ニューヨークのJapan Societyでの公演。
  • おおはた雄一とのユニット『おお雨』ファーストワンマンライブを行う。
  • ダンス公演『山羊ボー走』凱旋公演(神楽坂セッションハウス)。
  • 小室哲哉のソロアルバム『Digitalian is eating breakfast 2』に歌唱参加。
  • 『坂本美雨presents Direct MIUsical』第3回目公演を主催。ゲストはシンガーソングライターの七尾旅人
  • ヒガシトーキョーフェス『道との遭遇』に出演。
  • 東日本大地震支援アルバム『Play for Japan Vol.10』に参加しYMOの「Perspective」を中島ノブユキ高田漣とカバー。
  • 5月18日、6枚目のフルアルバム『HATSUKOI』を発表。
    • アートワークはアルバム5作目の共作となる森本千絵が、ミュージック・ビデオは児玉裕一監督が担当。
  • 先行シングル「Precious」が「シネ通!」エンディングテーマとなる。
  • 東日本大震災による被災動物を救うためのチャリティーイベント「いぬねこうし祭り」を立ち上げ、開催(渋谷Club asia)。
  • 福島の避難所を周り、チャリティーライブを行う。
  • SUMMER SONIC 2011』に初出演。
  • 8月、□□□の三浦康嗣が主宰する『スカイツリー合唱団』とメンバーとなり、アサヒアートスクエアにてライブを行う。
  • 10月21日、坂本の歌声を元にして作られたVOCALOID3対応のボーカル音源「Mew」が発売。
  • 10月3日、ラジオ局 TOKYOFMJFN全国38局ネットの長寿番組『ディア・フレンズ』の6代目パーソナリティに就任。
  • 10月12日、自主イベント『Direct MIUsical』Vol.5を開催。ゲストは旧友のSalyu
  • 12月10日、恵比寿リキッドルームにて□□□のライブに参加。
2012年
  • 脱原発世界会議@横浜』にてMIYAVIと共演。
  • 3月20日、自主企画ライブイベント『Direct MIUsical Vol.6』を開催。ゲストに□□□、スカイツリー合唱団。
  • 4月、被災動物救済のための『いぬねこうし祭り』Vol.2を開催。
  • 5月12日、ヒガシトーキョーフェス『道との遭遇』に出演。
  • 5月19日、りんご音楽祭に出演。
  • Pixer/Disney 新作アニメーション映画『メリダとおそろしの森』日本語版のエンディングテーマ「いにしえの子守唄」を歌唱。
  • 6月15日 - 17日、劇団Theatre MUIBOの『Le Nez』に音楽参加。
  • 7月14日、ap bank fesにおお雨名義で出演。Dragon AshのATSUSHIが飛び入り参加。
  • 8月8日、7枚目フルアルバム『I'm yours!』をリリース。Shanghai Restoration ProjectのDave Liangとの共同制作。
    • アートワークは森本千絵KREVAをラップに迎えたタイトル曲「I'm yours」を収録。
    • リリース当日にはTOKYO FMスペシャルワンデーが行われ、朝から夕方までの番組にゲスト出演を果たす。
  • iTunesエレクトロアルバムチャート1位となる。
  • 8月12日、『WORLD HAPPINESS2012』に出演。KREVAともライブ共演を果たす。
  • 8月19日、『SUMMER SONIC2012』におお雨名義で出演。
  • 9月2日、『I'm yours!』リリース記念インストアライブ@渋谷タワーレコード
  • 9月8日、『HAPPY MUSIC FESTA』に出演。Dragon AshのATSUSHIと共演。
  • 9月15日、『風とロック芋煮会@猪苗代』に出演。
  • 9月22日、宮城県塩竈市で行われた『GAMA ROCK FES』に出演。
  • 情熱大陸チャリティ・ソング『タイトルのない唄』歌唱参加。作曲は葉加瀬太郎
  • 『音楽劇ファンファーレ』の「ファーレ」役をつとめる。シアタートラム(9月28日 - 10月14日)、他、三重県文化会館高知県立美術館水戸芸術館にて公演を行う。(作演:柴幸男、白神ももこ、三浦康嗣(□□□))
  • 10月3日、TOKYO FMディア・フレンズ』の6代目パーソナリティとして2年目突入。
  • the HIATUSのツアーメンバーとして11月12日 - 12月6日まで全国9カ所10公演を行う。
  • 雅-MIYAVIのコラボレーションアルバム『Samurai Sessions Vol.1』に参加。「雅 vs 亀田誠司 vs 坂本美雨」名義で『祈りを』を歌唱。
  • 劇団Theatre MUIBOの『Le Nez』再演。歌唱参加。
  • 渋さ知らズニューアルバム『渋彩歌謡大全』に参加。「渡」を歌唱。
2013年
  • 3月、暗黒舞踏 大駱駝艦 壺中天公演『忘れろ、思い出せ。』に舞台音楽を提供。
  • 3月7日、おお雨ワンマンライブ (Saravah Tokyo)
  • 5月30日、「DIRECT MIUsical Vol.7 feat.Salyu」(渋谷WWW)
  • ベストアルバム「miusic - 1997〜2012」のリリースを発表。6月26日発売。
2014年
  • 3月1日、ブックディレクター兼編集者の男性と結婚[8]
  • 3月5日、蓮沼執太をプロデューサーに迎えた8枚目のフルアルバム『Waving Flags』をリリース。
2015年
  • 7月27日、帝王切開にて第1子女児を出産[9]。父である坂本龍一にとっては初孫に当たる(母である矢野から見た場合は2人目、前年秋に異父兄に子供が生まれていたため)。



  1. ^ 2014年3月1日に結婚・入籍しており、相手の姓が「山口」であるため(in her pocket いつものあの味 第3回/坂本美雨さん三越伊勢丹ホールディングス FOODIE))、本名は「山口美雨」に変わっている可能性がある。
  2. ^ 美雨には異父兄・風太のほか、姉と弟がいることを父・坂本龍一が公表している。姉は坂本龍一と前妻との子、弟は矢野との結婚生活の破綻後に坂本龍一と事実婚の関係にあった女性との子である
  3. ^ 坂本美雨のオールナイトニッポン1998年12月5日放送)
  4. ^ 鉄子の時間(公式ブログ 2013年1月25日)
  5. ^ 2013年のベストアルバム『miusic』のジャケットにサバ美が使用されている。
  6. ^ a b 読売新聞』1997年3月18日付東京夕刊、9頁。
  7. ^ オリコン1997年間シングルランキング
  8. ^ 坂本美雨が結婚報告「入籍なう!」ナタリー 2014年3月1日 同日閲覧)
  9. ^ 坂本美雨、第1子女児を出産「元気に産まれてきました」”. Sponichi Annex (2015年7月27日). 2015年7月27日閲覧。
  10. ^ TV CM出演(坂本美雨公式サイト 2014年2月19日)


「坂本美雨」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

坂本美雨に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「坂本美雨」の関連用語

坂本美雨のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

小目

藤永佳子

docomo STYLE series P-08A

ホンヤドカリ

地方自治法施行60周年記念 三重県分 1,000円銀貨幣

猛虎図鐔

ファトス・グリーン

AT限定免許





坂本美雨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの坂本美雨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS