App Storeとは?

App Store

読み方アップストア
別名:iPhone App Store

App Storeとは、AppleiPhoneiPhone 3G)およびiPod touch向けに開発されたサードパーティ製のアプリケーション配信する専用配信チャネルの名称である。

App Storeでは、サードパーティによるアプリケーション一元的集め配信する窓口となっている。携帯電話、および、Wi-Fiによる無線通信対応しているため、どこからでもアクセスでき、好きなアプリケーション見つけたらその場でダウンロードインストールを行うことができる。アプリケーション中には有償ソフトウェアもあれば、フリーソフトもある。

App Storeで配信されるアプリケーション種類は、ゲームやビジネス向けツール地図ショッピング関連など、多岐にわたるeBayのようなPC向けのWebサイトが、iPhone対応版として登場している例もある。マルチタッチGPS加速度センサといった、iPhoneならではの機能活用したアプリケーションも提供可能となっている。

App Storeは、PCからアクセスしてアプリケーションダウンロードすることもできる。その際iTunes通じてiPhoneデータ転送することで、インストールできる。ちなみに、App Storeにおけるアプリケーション価格(あるいは無償にするか)は、提供者側が任意設定できる。

2008年7月11日iPhone 3G世界21ヵ国で一斉発売されて後3日間で、App Storeのダウンロード数は1千万本を突破した。

なお、アプリケーション開発のためのソフトウェア開発キットSDK)としては「iPhone SDK」が無償配布されており、動作検証審査プロセスとして「iPhoneデベロッパプログラム」が有償で提供されている。


参照リンク
App Store
スマートフォンのほかの用語一覧
Android:  Recent Apps  タフパッド  VIBE S1
iPhone:  App Store  AirPrint  AirPlay  Apple ID

App Store

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/15 06:51 UTC 版)

App Store(アップストア)は、アップル社が運営するiPhoneiPod touchiPad向けアプリケーションダウンロードサービスである。Mac OS X 10.6.6以降を搭載したMacintoshにも類似のサービスがあるが、こちらは Mac App Store を参考のこと。




  1. ^ AppleApp Store からのダウンロードが250億本を突破
  2. ^ アップル「iPhone」に続く、グーグルやノキア:日経ビジネスオンライン この App Store、実は日本のiモードを研究して作られたプラットフォームである。
    田原総一朗×夏野 剛「カネ、人、技術の揃ったニッポン企業はこうやれば浮上する」 立ち上がれ!ガラケー日本!! vol.2 田原総一朗のニッポン大改革 現代ビジネス 講談社 でもね、これ、実はもともとiモードのモデルなんです。iモードもそうやって作ったんです。アップルの連中はiモードのビジネスモデルを相当研究してますからね。
    Steve Jobs は本当に「ビジョナリー」だったのか? | まつひろのガレージライフ またしつこく他社を研究するのもアップルです。私は iPod に関わっていた頃、東京のオフィスに頼んで、i-mode をはじめとする日本や韓国で流行っている面白い製品を片っ端から送ってもらいました。そして、その頃にはもう上級副社長に昇進していたファデル氏みずからが、それらの製品を実際に手に取って使ってみて、バラして、みんなであーでもないこーでもないと何度となくディスカッションしていました。
    アップル元社員「ジョブズは他人の成果を自分のものに…」 ビジネスジャーナル 昔はアップルのほうが「追いつき追い越せ」でしたが、今はもう眼中に入っていません。かつて私も、日本メーカーの携帯電話やミュージックプレイヤーを片っ端から買って、本社に持って帰って分解していました。その数も100や200では収まらない。
  3. ^ 坂本純子 (2009年1月23日). “iPhone/iPod touchのゲームアプリが好調--App Storのアプリケーション数は1万5000本に”. CNET Japan. 2009年12月21日閲覧。
  4. ^ アップル (2009年7月14日). “AppleApp Store からのダウンロード、開始から1年で15億本を突破”. 2009年12月21日閲覧。
  5. ^ アップル (2009年11月5日). “AppleApp Store で提供のアプリケーションが10万本を超えたことを発表”. 2009年12月22日閲覧。
  6. ^ a b Jason Kincaid (2010年2月2日). “Apple、 App Storeへの規制を強める―水着禁止、スケートタイツ禁止、ほのめかしも禁止”. TechCrunch. 2010年3月6日閲覧。
  7. ^ アップル、App Storeで電子書籍アプリケーション「iBooks」の提供開始”. CNET Japan (2010年4月5日). 2010年12月21日閲覧。
  8. ^ アップル (2010年6月8日). “AppleiPhone 4 を発表”. 2010年6月21日閲覧。
  9. ^ 財経新聞 (2011年1月24日). “アップルの「App Store」、累計ダウンロード数が100億回を突破”. 2011年1月24日閲覧。
  10. ^ IT media (2012年1月19日). “App Store からのダウンロード数が150億本突破”. 2012年1月19日閲覧。
  11. ^ WWDC:iTunes App Storeの登録アプリケーション数は150万超でダウンロード回数は1000億
  12. ^ TechCrunch Japan (2016年6月14日). “AppleのApp Store、アプリ数200万本、総ダウンロード数1300億回、デベロッパーへの支払い総額は500億ドルに”. 2016年7月23日閲覧。
  13. ^ KDDI (2016年8月17日). “App Store、Apple Music、iTunesおよびiBookで「auかんたん決済」が利用可能に”. 2016年7月23日閲覧。
  14. ^ App Storeに「トップ売上」チャート登場。これで高級アプリにもチャンスが出来た”. WIERD VISION (2009年9月10日). 2009年12月22日閲覧。
  15. ^ iOS Dev Center
  16. ^ 2ヵ月で2500万円ゲット:『App Store』は一獲千金のチャンス”. WIERD.jp (2008年9月22日). 2009年12月21日閲覧。
  17. ^ 『iPhone』アプリ開発者は不況知らず?:開発者需要が5倍に”. WIERD.jp (2008年11月4日). 2009年12月21日閲覧。
  18. ^ App Storeからのダウンロードが20億本を突破”. Apple (2009年9月28日). 2009年12月21日閲覧。
  19. ^ 松元英樹 (2008年9月10日). “ただし課金モデルには落とし穴も”. IT Pro. 2009年12月21日閲覧。
  20. ^ 松元英樹 (2008年9月9日). “ソフト開発会社にとってApp Storeは“宝の山””. IT Pro. 2009年12月21日閲覧。
  21. ^ 山田祐介 (2010年6月4日). “i Pad登場で「MAGASTORE」に異変――電通が考える電子書籍のジレンマ (2/2)”. アイティメディア. 2010年6月22日閲覧。
  22. ^ Erick Schonfeld (2009年2月20日). “Pinch Mediaの調査によると、iPhoneアプリケーションの平均「賞味期間」は30日未満”. TechCrunch. 2009年12月21日閲覧。
  23. ^ a b 松元英樹 (2008年9月12日). “開発者を悩ませるiPhoneアプリ開発の“影””. IT Pro. 2009年12月21日閲覧。
  24. ^ アップル、承認待ちiPhoneアプリの進捗を提供開始”. CNET Japan (2009年11月12日). 2009年12月21日閲覧。
  25. ^ Robin Wauters (2009年5月21日). “調査レポート:iPhoneアプリの価格は下がっている”. TechCrunch. 2009年12月21日閲覧。
  26. ^ Daniel Brusilovsky (2009年9月7日). “iPhoneユーザーがアプリに使った金額は? $80”. TechCrunch. 2009年12月21日閲覧。
  27. ^ トニー・ダコプル (2009年10月21日). “iPhoneアプリ開発者の貧乏度”. NewsWeek. 2009年12月21日閲覧。
  28. ^ John Biggs (2011年5月21日). “Amazonの“App Store”は普通名詞説にAppleが反撃”. TechCrunch JAPAN. 2011年6月1日閲覧。
  29. ^ Steven Musil (CNET News) (2011年7月8日). “米裁判所、アップルのアマゾンに対する仮差し止め要求を却下--「App Store」商標裁判”. CNET Japan. 2011年7月21日閲覧。
  30. ^ 違法アプリ放置にフィルタリング不備 アップルはなぜ「ルール無視」続けるのか”. J-CASTニュース (2010年12月20日). 2012年3月16日閲覧。
  31. ^ 電子書籍の海賊版「Appleに重大な責任」「それ自体違法」 出版4団体が強く抗議”. ITmedia (2010年12月14日). 2010年12月21日閲覧。
  32. ^ アップル社「アップストア」におけるデジタル海賊版の問題について 共同声明(日本書籍出版協会、日本雑誌協会、日本電子書籍出版社協会、デジタルコミック協議会)
  33. ^ アップル「申し出あれば海賊版対処」 事前審査は否定的”. 朝日新聞 (2010年11月27日). 2012年3月16日閲覧。
  34. ^ 中国作家、アップルに6億円超請求 著作権侵害訴え 日本経済新聞 2012-3-18
  35. ^ 中国の裁判所、著作権侵害でアップルに100万元の賠償命令=新華社 ロイター 2012-12-28


「App Store」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

App Storeに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「App Store」の関連用語

App Storeのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

iOS 8

ELUGA V P-06D

FMV

BlackBerry PRIV

Safari

Surface 3

LuvPad

Gear 360





App Storeのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリApp Storeの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのApp Store (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS