アスペルガー症候群とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 病気・健康 > 病気・けが > 病気 > 症候群 > アスペルガー症候群の意味・解説 

アスペルガー しょうこうぐん -しやうこう- [9] 【アスペルガー症候群】

オーストリア精神医学者 Hans Asperger1906~1980)が報告したことから〕
乳幼児期に発症する発達障害の一。対人関係社会性障害常同行動見られ自閉症に近いが,著し言語発達の遅れがないことが特徴

アスペルガー症候群

読み方:アスペルガーしょうこうぐん
別名:アスペルガーシンドロームアスペルガー障害
英語:Asperger syndrome

発達障害一種で、知能言語能力障害見られないが、社交能力コミュニケーション能力などに欠如著し特異性見られること。

アスペルガー症候群は自閉症分類されるが、一般的な自閉症のように言語コミュニケーション発達異常を伴わない。その意味で、知能著しい遅れの見られない自閉症を指す「高機能自閉症」と同一視される場合もある。

アスペルガー症候群は俗にコミュ障」と呼ばれることもある。ただしコミュ障の語は必ずしもアスペルガー症候群であることを定義するものではない。また、アスペルガー症候群を略して「アスペ」と呼ぶ場合があるが、多分に蔑称意味合いを含む場合がある。

関連サイト
アスペルガー症候群とは - NPO法人日本自閉症協会

アスペルガー症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/02 19:00 UTC 版)

アスペルガー症候群(アスペルガーしょうこうぐん、Asperger Syndrome, AS)、アスペルガー障害(Asperger disorder、AD)とは、知的障害を伴わないものの、興味・コミュニケーションについて特異性が認められる、ヒトの発達における障害[1][2][3]オーストリア小児科医ハンス・アスペルガーにちなんでつけられた[4][5]




[ヘルプ]
  1. ^ a b Autism Spectrum Disorder”. 米国国立メンタルヘルス機構 (2015年9月). 2016年3月12日閲覧。
  2. ^ 市川宏伸「成人アスペルガー症候群への対応と支援」(日本精神神経学会)[リンク切れ]
  3. ^ a b c d e サイモン・バロン=コーエン 2011, pp. 21-22.
  4. ^ a b c d e f g h B.J.Kaplan; V.A.Sadock 『カプラン臨床精神医学テキスト DSM-5診断基準の臨床への展開』 (3版) メディカルサイエンスインターナショナル、2016年5月31日、Chapt.31.5。ISBN 978-4895928526 
  5. ^ サイモン・バロン=コーエン 2011.
  6. ^ a b c d e f g h i サイモン・バロン=コーエン 2011, pp. 139-141.
  7. ^ サイモン・バロン=コーエン 2011, Chapt.2.
  8. ^ a b 299.80 Asperger's Disorder”. DSM-5 Development. American Psychiatric Association. 2010年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月21日閲覧。
  9. ^ “Current trends in psychological research on children with high-functioning autism and Asperger disorder”. Current Opinion in Psychiatry 18 (5): 497–501. (2005). doi:10.1097/01.yco.0000179486.47144.61. PMID 16639107. 
  10. ^ “Examining the validity of autism spectrum disorder subtypes”. J Autism Dev Disord 38 (9): 1611–24. (2008). doi:10.1007/s10803-008-0541-2. PMID 18327636. 
  11. ^ a b 宮尾益知 2010, p. 156.
  12. ^ 宮尾益知 2010, p. 156-157.
  13. ^ a b c 宮尾益知 2010, p. 157.
  14. ^ 宮尾益知 2010, p. 146-147.
  15. ^ Boukhris T, Sheehy O, Mottron L, Bérard A. (2016-02-01). “Antidepressant Use During Pregnancy and the Risk of Autism Spectrum Disorder in Children.”. JAMA pediatrics. 170 (2): 117-124. doi:10.1001/jamapediatrics.2015.3356. PMID 26660917. http://archpedi.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=2476187. 
  16. ^ Christensen J, Grønborg TK, Sørensen MJ, Schendel D, Parner ET, Pedersen LH, Vestergaard M. (2013-04-24). “Prenatal valproate exposure and risk of autism spectrum disorders and childhood autism.”. JAMA. 309 (16): 1696-1703. doi:10.1001/jama.2013.2270. PMC 4511955. PMID 23613074. https://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1681408. 
  17. ^ Meador KJ, Loring DW. (2013-04-24). “Risks of in utero exposure to valproate.”. JAMA. 17 (3): 84. doi:10.1001/jama.2013.4001. PMC 3685023. PMID 23613078. https://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1681385. 
  18. ^ Meador KJ, Loring DW. (2013-9). “Prenatal valproate exposure is associated with autism spectrum disorder and childhood autism.”. The Journal of pediatrics. 163 (3): 924. doi:10.1016/j.jpeds.2013.06.050. PMID 23973243. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0022-3476%2813%2900809-3. 
  19. ^ Wood A. (2014-7). “Prenatal exposure to sodium valproate is associated with increased risk of childhood autism and autistic spectrum disorder.”. Evidence-based nursing. 17 (3): 84. doi:10.1136/eb-2013-101422. PMID 23999195. http://ebn.bmj.com/content/17/3/84.long. 
  20. ^ Singh S. (2013-08-20). “Valproate use during pregnancy was linked to autism spectrum disorder and childhood autism in offspring.”. Annals of internal medicine. 159 (4): JC13. doi:10.7326/0003-4819-159-4-201308200-02013. PMID 24026277. https://annals.org/article.aspx?articleid=1726872. 
  21. ^ Smith V, Brown N. (2014-10). “Prenatal valproate exposure and risk of autism spectrum disorders and childhood autism.”. Archives of disease in childhood. Education and practice edition. 99 (5): 198. doi:10.1136/archdischild-2013-305636. PMID 24692263. http://ep.bmj.com/content/99/5/198.long. 
  22. ^ 佐藤 特定准教授 (2012年8月15日). “自閉症スペクトラム障害でミラーニューロン回路の不全”. 京都大学. 2015年4月15日閲覧。 - 京都新聞2012年8月18日付27面、産経新聞2012年8月18日22面、日本経済新聞2012年8月19日34面、毎日新聞2012年8月18日29面、掲載内容。
  23. ^ 読売新聞 シリーズこころ「統合失調症」相次ぐ誤診 2008年12月26日
  24. ^ 『精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える』 適正診断・治療を追求する有志たち、シーニュ、2010年5月。ISBN 978-4990301422
  25. ^ 自閉症及びアスペルガー症候群の児童生徒への特別支援教育 (PDF)”. 東條吉邦 (2003年2月). 2014年9月14日閲覧。
  26. ^ “自閉症障害治療、ホルモンを投与 東大など臨床研究”. 日本経済新聞. (2014年11月1日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01H1Q_R01C14A1CR8000/ 2016年5月8日閲覧。 
  27. ^ 飯田 誠 『自閉症は漢方でよくなる!(健康ライブラリ)』 講談社、2010年10月21日ISBN 978-4062596558
  28. ^ 「発達障害での小児はり効果を検討 ADHDの薬剤投与で個性抹殺の懸念も 日本小児はり学会特別講演会」、『ナラティブメディカ』、ナラティブ出版、2015年5月、 45-48頁。
  29. ^ “Single dose of century-old drug approved for sleeping sickness reverses autism-like symptoms in mice”. ScienceDaily. (2014年6月17日). http://www.sciencedaily.com/releases/2014/06/140617102457.htm 2016年5月8日閲覧。 
  30. ^ あの人はなぜ相手の気持ちがわからないのか もしかしてアスペルガー症候群!? PHP文庫 加藤進昌著 PHP研究所 2011年 978-4-569-67490-2
  31. ^ Marcia Scheiner (2011年). “Tackling the Unemployment Crisis for Adults with Asperger Syndrome”. AUTISM SPECTRUM NEWS. http://asperger-employment.org/wp-content/uploads/2011/04/ASTEP-Article-ASN-Fall-2011-1.pdf 2015年4月15日閲覧。 (英語)
  32. ^ 発達障害児、地域でサポート 集団行動通じて社会性育成 静岡産経新聞 2014年7月12日
  33. ^ 発達障害児の母、かの子さんへ (下)読売新聞 2014年4月7日
  34. ^ 発達障害を支える (5)働く体験通じ「適職」知る読売新聞 2014年1月4日
  35. ^ “第32回「心に残る医療」体験記コンクール [一般の部・読売新聞社賞] 発達障害と向き合って”. ヨミドクター (読売新聞). (2014年3月28日). http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=95380 2016年5月8日閲覧。 
  36. ^ a b 加藤進昌 (PDF) 『社会問題から見た心の病:「アスペルガー障害」』 日本神経精神薬理学会、2008年1月http://www.asas.or.jp/jsnp/pdf/topics/12_200801.pdf2015年4月15日閲覧 
  37. ^ 榊原洋一 『ササッとわかる アスペルガー症候群との接し方』 講談社、2009年、16頁。
  38. ^ テンプル・グランディン (2001年11月). “天才とは普通でないことかもしれない。アスペルガー、高機能自閉症の学生への教育”. AUTISM RESEARCH INSTITUTE. 2015年4月15日閲覧。
  39. ^ 紫音裕 (2014年7月24日). “成人期アスペルガー症候群で高い自殺リスク-ランセット誌”. 医療NEWS. QLifePro. 2015年4月15日閲覧。
  40. ^ Divorce among parents of children with autism: dispelling urban legends” (2013年11月). 2016年5月31日閲覧。
  41. ^ 'Surplus suffering': differences between organizational understandings of Asperger's syndrome and those people who claim the 'disorder'”. Taylor & Francis Group. 2016年5月8日閲覧。
  42. ^ Autism and Asperger syndrome: an overview”. Scientific Electronic Library Online. 2016年5月8日閲覧。
  43. ^ 「火星の人類学者」 オリバー・サックス著
  44. ^ Lane, Megan (2004年6月2日). “What Asperger's syndrome has done for us”. BBC.co.uk. 2007年11月8日閲覧。
  45. ^ Herera, Sue (2005年2月25日). “Mild autism has 'selective advantages'”. MSNBC. 2007年11月8日閲覧。
  46. ^ 「準」ひきこ森―人はなぜ孤立してしまうのか?、pp.42
  47. ^ 時事通信 (2013年12月8日). “S・ボイルさん、アスペルガー告白=英国の「奇跡の歌姫”. Yahoo!ニュース. http://news.yahoo.co.jp/pickup/6099914 2015年4月15日閲覧。 
  48. ^ ヴァインズのクレイグ、自閉症の一種と診断”. BARKS. 2016年1月1日閲覧。
  49. ^ Lester, Paul (2008年9月11日). “Asperger's, allergies and aubergines”. London: guardian.co.uk. http://www.guardian.co.uk/music/2008/sep/11/popandrock 2008年9月17日閲覧。 
  50. ^ Celebrities and Autism”. Autism Has My Child. 2015年4月15日閲覧。(英語)
  51. ^ 高機能広汎性発達障害(アスペルガー症候群・高機能自閉症) : ナグレオブログ 非効率なLifeHacker”. 南雲玲生 (2008年6月5日). 2016年5月8日閲覧。
  52. ^ 「そだちの科学」(日本評論社)2011年10月号
  53. ^ NHK総合テレビ首都圏ネットワーク』2011年10月6日
  54. ^ スピルバーグ、学習障害を告白 診断は5年前…子ども時代は理解がなく、イジメも”. シネマトゥデイ. 2016年4月1日閲覧。
  55. ^ A syndrome for success”. 2005年6月19日閲覧。
  56. ^ The Telegrafh 電子版 2011年4月9日 “ Knowing I have Asperger's is a relief ”『アスペルガーだと知ることは救いだ』
  57. ^ a b Celebrities and Autism”. Autism Has My Child. 2016年5月8日閲覧。
  58. ^ NHK「福祉ネットワーク」2011年11月24日 Diversity 発達障害(2)-私の“取扱説明書”-
  59. ^ 岡野高明、ニキリンコ 『教えて私の「脳みそ」のかたち大人になって自分のADHD、アスペルガー障害に気づく』 花風社2002年ISBN 978-4-907725-48-8
  60. ^ Johnson, Richard (2005年2月12日). “A genius explains”. London: The Guardian. http://www.guardian.co.uk/weekend/story/0,,1409903,00.html 2007年11月8日閲覧。 
  61. ^ 「ザ!世界仰天ニュース 脳の不思議スペシャルパート7」2009年7月22日放送分より
  62. ^ Ex-Hacker Adrian Lamo Institutionalized for Asperger’s”. Wired (2010年5月20日). 2010年5月23日閲覧。
  63. ^ Roth, Daniel (2005年11月14日). “Torrential Reign”. Fortune. pp. 91–96. http://money.cnn.com/magazines/fortune/fortune_archive/2005/10/31/8359146/index.htm 2006年11月6日閲覧。 
  64. ^ テンプル・グランディン 『自閉症の才能開発』 学習研究社1997年ISBN 9784054007796
  65. ^ 沖田×華 『毎日やらかしてます。〜アスペルガーで漫画家で〜』 ぶんか社ISBN 978-4821143382
  66. ^ さかもと未明、 星野仁彦 『奥さまは発達障害』 講談社ISBN 978-4062201506
  67. ^ 炎上上等!? お騒がせブログアイドル・倉持結香の本音に迫る日刊サイゾー、2008年4月28日。
  68. ^ 発売中止に関するお詫び”. 新着情報. LD親の会「けやき」 (2001年4月18日). 2009年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月5日閲覧。
  69. ^ 加藤進昌 『ササッとわかる「大人のアスペルガー症候群」との接し方』 講談社2009年ISBN 978-4062847223
  70. ^ 社会問題から見た心の病「アスペルガー障害」、2015年7月11日閲覧。
  71. ^ 「人を殺してみたかった」著 藤井 誠二(双葉社)より
  72. ^ 西日本新聞2003年9月20日朝刊。北海道新聞2006年10月19日夕刊。
  73. ^ “全文表示 - 発達障害者に求刑超え異例判決 「社会秩序のため」に賛否分かれる : J-CASTニュース”. J-CASTニュース. http://www.j-cast.com/2012/07/31141344.html?p=all 
  74. ^ “2審は求刑下回る懲役14年 発達障害の殺人で大阪高裁”. 日本経済新聞. (2013年2月26日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG26040_W3A220C1CR8000/ 2016年5月8日閲覧。 
  75. ^ 草薙厚子『追跡!「佐世保小六女児同級生殺害事件」』、講談社
  76. ^ Profile: Gary McKinnon”. BBC News (2012年12月14日). 2016年5月8日閲覧。
  77. ^ Terrence McCoy. “Study: ‘Significant’ statistical link between mass murder and autism, brain injury”. Washington Post. 2016年4月1日閲覧。
  78. ^ Elizabeth Laugeson (2014年5月26日). “Asperger’s is an unlikely cause for California killer’s violence”. The Conversation. http://theconversation.com/aspergers-is-an-unlikely-cause-for-california-killers-violence-27194 
  79. ^ Wing, Lorna. Asperger syndrome: a clinical account.
  80. ^ アスペルガー症候群を知っていますか?”. 東京都自閉症協会. 2013年5月5日閲覧。


「アスペルガー症候群」の続きの解説一覧





アスペルガー症候群と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アスペルガー症候群に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アスペルガー症候群」の関連用語

アスペルガー症候群のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

蹴上げ

アイカシワギタケ

鉄道橋

支輪

早水千紗

大腿骨

琵琶湖

Passat Variant





アスペルガー症候群のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアスペルガー症候群 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS