棚田 日本の代表的な棚田

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 農業 > 水田 > 棚田の解説 > 日本の代表的な棚田 

棚田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/22 06:26 UTC 版)

日本の代表的な棚田

日本の棚田百選

農林水産省は、農業収入や兼業のみでの棚田の維持が難しいと考え、観光地化を目的とした日本の棚田百選を選定した。1999年7月16日に発表された百選には、全国117市町村・134地区の棚田が選ばれている。

百選には、傾斜度が20分の1よりも急で、いかにも「棚田」と思えるような場所が選ばれており、日本古来からの営農法が受け継がれていると考えがちであるが、実際は機械化が進んでいる。しかし、「観光地」として選ばれたため、田植え稲刈りなど、古来の農作業を体験をする場、または「グリーンツーリズム」の場として、農村の形態は変化している。

日本の棚田百選一覧

重要文化的景観

文化財保護法に基づき、文部科学大臣が選定した重要文化的景観のなかには棚田を含むものがある。

世界遺産

春日集落の棚田

その他の有名な棚田

  • 日本経済新聞』NIKKEIプラス1「何でもランキング」は2017年8月26日付で、写真家らが「フォトジェニック」(写真映え)を基準に選んだ棚田10カ所を掲載した。百選にない場所としては、新潟県十日町市の星峠(1位)、岩手県一関市の金山(7位)が入っている[11]
  • ぎふの棚田21選岐阜県)のように、各地域が独自に選定している一覧もある。
  • 埼玉県秩父地方の横瀬町にある「寺坂棚田」は約250枚、4ha程度と県内最大級の棚田で、観光客や写真愛好家に人気がある。耕作放棄地を2001年以降、オーナー制度などの取り組みで復活させた[12]
  • 岡山県美作市の上山(うえやま)地区では、かつて約8300枚あった棚田の再生活動が、移住者を交えて進められている[13][14][15]

  1. ^ 奈良県生駒市西畑町棚田地区における耕作風景。遠くで細長く小さな田んぼを耕耘機で作業している様子が分かる。
  2. ^ 岐阜県は独自に、ぎふの棚田21選を選出している。
  1. ^ 白米千枚田石川県輪島市)など。
  2. ^ 広辞苑』第三版、一五〇二項。
  3. ^ 市民農園の新時代!(農林水産省関東農政局
  4. ^ 【あんぐる】天空の特等席/田んぼに泊まろう 棚田キャンプ(長野県上田市)日本農業新聞』2019年12月2日(6面)2019年12月6日閲覧
  5. ^ 【センサー】棚田が消えていく/減反が今年終了、高齢化も影/「手間2倍」耕作放棄進む『日本経済新聞』朝刊2017年6月19日(社会面)
  6. ^ ペルーの塩田ナショナルジオグラフィック日本語版サイト(2018年3月15日閲覧)
  7. ^ ニュートン』2018年2月号、ニュートンプレス、16頁。
  8. ^ 棚田を見つめて 北庄中央棚田天然米生産組合西河明夫さん | 岡山県北の生活情報 アットタウンWEBマガジン” (日本語). 2020年8月13日閲覧。
  9. ^ “長崎、天草の「潜伏キリシタン」が世界文化遺産に決定 22件目”. 産経新聞. (2018年6月30日). https://www.sankei.com/life/news/180630/lif1806300038-n1.html 2018年6月30日閲覧。 
  10. ^ “長崎と天草地方の「潜伏キリシタン」世界遺産に”. 読売新聞. (2018年6月30日). http://www.yomiuri.co.jp/culture/20180630-OYT1T50066.html 2018年6月30日閲覧。 
  11. ^ 「棚田 移ろう絶景を見に行こう」『日本経済新聞』朝刊2017年8月26日 NIKKEIプラス1
  12. ^ 【ぐるっと首都圏】寺坂棚田(埼玉県横瀬町)都市住民参加で復活『日本経済新聞』朝刊2017年10月7日(首都圏経済面)
  13. ^ みまさか観光ナビ(2017年12月27日閲覧)
  14. ^ 上山集楽(2017年12月27日閲覧)
  15. ^ 英田上山棚田団通信山陽新聞digital(2017年12月27日閲覧)


「棚田」の続きの解説一覧



棚田と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「棚田」の関連用語

棚田のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



棚田のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの棚田 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS