ガス炊飯器とは? わかりやすく解説

炊飯器

(ガス炊飯器 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/02 17:00 UTC 版)

炊飯器(すいはんき)とは、を炊いてにするための調理器具。主に電気式とガス式があり、電気式は自動調理電気鍋として扱える場合もある。


注釈

  1. ^ 電気では200Vの動力線が必要になり、時間がかかる上に水気の多い厨房では感電漏電などの危険が大きい。パナソニックは3升炊きが可能なIHジャー炊飯器「SR-PGB54P/AP」を発売(前者は単相200V、後者は三相200V。象印マホービン・タイガー魔法瓶にもOEM)しているが、あまりにも出力が高く、型式認定の対象外であるため、電波法に基づく許可が必要となっている(詳細は電磁調理器の項目を参照のこと)。
  2. ^ 2月25日、東京瓦斯会社はガス炊飯かまどの専売特許を取得した。東京瓦斯七十年史

出典

  1. ^ a b 台所革命!世界初の電気炊飯器の誕生物語”. [マーケティング] All About. 2019年12月17日閲覧。
  2. ^ 日本で生まれた「自動炊飯器」の歴史、海外の人に説明できますか | かまどからの解放とかまど味への回帰”. クーリエ・ジャポン (2020年9月24日). 2021年6月30日閲覧。
  3. ^ 電気機械器具品質表示規程”. 消費者庁. 2013年5月23日閲覧。
  4. ^ 炊飯器「最大54% 驚異の糖質カット」は根拠なし。消費者庁が4社に措置命令。「そんなうまい話はない」との声も”. Huffpost (2023年11月1日). 2023年11月2日閲覧。
  5. ^ 【プロダクトヒストリー】炊飯器~連続沸騰で美味しさが進化~”. &GP (2016年11月20日). 2018年5月11日閲覧。
  6. ^ 盛田昭夫下村満子、E・M・ラインゴールド『MADE IN JAPAN わが体験的国際戦略』下村満子 訳、朝日新聞社朝日文庫〉、1990年1月。ISBN 978-4022605825 
  7. ^ 「くらしと煉炭」(昭和35年) シナネンホールディングス沿革
  8. ^ 山田正吾 述、森彰英 聞き書き『家電今昔物語』三省堂、1987年3月、140-148頁。全国書誌番号:83048186 
  9. ^ プロジェクトX 挑戦者たち
  10. ^ プロジェクトXの詳しい紹介
  11. ^ 東芝科学館
  12. ^ 布川周二、坂根鶴夫『発明の技術 創造に生きる企業家の体験秘話』叢文社、1967年、97頁。全国書誌番号:67008282 
  13. ^ 「“お米文化”救った 「電子ジャー」開発の秘密」『産経iza』、2007年10月14日。
  14. ^ パナソニック1990年(平成2年)5万円の炊飯器、口コミで大ブームに!|開発物語
  15. ^ ガス炊飯器のメリット - 東京ガス
  16. ^ 東京ガス株式会社, ed. (2016年), 東京ガス : 会社案内 / コーポレートメッセージ / 東京ガス130年、挑戦の歴史, http://www.tokyo-gas.co.jp/Annai/corporate/130year.html 2017年2月19日閲覧。 
  17. ^ 直火ごはん「進化」 - 東京ガス
  18. ^ a b ガス炊飯器の実力検証【前篇】 - 日経トレンディネット(2013年3月14日)
  19. ^ 開発担当者インタビュー #04 - 東邦ガス


「炊飯器」の続きの解説一覧

ガス炊飯器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 20:01 UTC 版)

ガス機器」の記事における「ガス炊飯器」の解説

文字通りガス火力で主に白米炊きあげるための機器ガスかまどは既に1902年には製品化されていたが、これは一般家庭には普及しなかった。現在[いつ?]のような形の炊飯器1930年代にはすでに製品化されていたものの、価格あまりにもいためにこれも一般に普及するまでには至らなかった。その後1955年発売され電気炊飯器自動式電気釜)に対抗して同年末にはガス自動炊飯器発売されている。 ガス炊飯器では、米の炊き上がりは釜の温度利用して感知する。この感知方法は、合金一定温度になった時に融解する性質利用したヒューズメタル方式と、磁性体一定温度磁力を失う性質利用したフェライト方式主流であったしかしながら、ヒューズメタル方式部品耐用年数短く一定期間での部品交換が必要となることと、作動温度ムラ無くすことが困難ため現在[いつから?]では生産されておらず、交換用のヒューズメタル(通称ヘソ」)の部品供給のみが行なわれている。また、近年[いつ?]のマイコン機能有するものの中には、釜の温度直接測定して消火させる高機能なものも現れている。 炊飯専用 米を炊いて、飯にする機能のみを有しているものをこう呼ぶ。炊き上がった飯の保温機能タイマーなどは装備していない。 ジャー付 炊き上がった飯を保温するための電気ヒータ内蔵されている。ヒータによる保温のため、ガス炊飯器であるが商用電源を必要とする。 ジャー・タイマー付 炊飯開始するための時間設定ができるものをこう呼ぶ。なお、設定時刻自動的に点火させるためにはガス栓開放しておく必要があるこのためガス接続は、ゴムホースではなくガスコードと呼ばれる丈夫なホースでの接続義務付けられている。 これらの中にはマイコン機能有し調理する物の種類好み仕上がりにするために、炊き上がり細かく設定できるようになっているものもある。

※この「ガス炊飯器」の解説は、「ガス機器」の解説の一部です。
「ガス炊飯器」を含む「ガス機器」の記事については、「ガス機器」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ガス炊飯器」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ガス炊飯器」の関連用語

ガス炊飯器のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ガス炊飯器のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの炊飯器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのガス機器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS