自動速度違反取締装置とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 自動速度違反取締装置の意味・解説 

自動速度違反取締装置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/01 15:09 UTC 版)

自動速度違反取締装置(じどうそくどいはんとりしまりそうち)は、アメリカボーイング社で開発された、道路を走行する車両の速度違反を自動的に取り締まる装置である。通称のオービス(ORBIS)はラテン語で「眼」を意味する言葉からとったボーイング社の商標である。そのため厳密な意味ではボーイング社(もしくはライセンスを受けた東京航空計器)以外の「取締機」をオービスと呼ぶのは誤りであるものの、他社の製品を含めての取締機全般の通称として使われることが多い。 商標の普通名称化も参照。




  1. ^ 1枚の場合や警告板が無いものもある。
  2. ^ a b c “壊れたまま・設置場所バレバレ…オービス役立たず スピード違反摘発減少”. 産経ニュースWEST (産経新聞社). (2013年9月21日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130921/waf13092116030029-n1.htm 2015年10月12日閲覧。 
  3. ^ オービス」は別分野で複数の企業が商標登録している。
  4. ^ a b 電波法施行規則第33条第6号(5)に基づく平成2年郵政省告示第240号第1項第4号および第5号により、警察用の無線標定陸上局と無線標定移動局の操作は、無線従事者を必要としない「簡易な操作」ではないため。
  5. ^ いわゆる「京都府学連事件」判例 (PDF) [リンク切れ]
  6. ^ 予告看板の設置など
  7. ^ 昭和59年(あ)第1025号道路交通法違反被告事件判例 (PDF) [リンク切れ](刑集40巻1号48頁・判時1186号149頁)
  8. ^ いわゆるレーダー探知機も、主にプロのドライバーに普及している。


「自動速度違反取締装置」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「自動速度違反取締装置」の関連用語

自動速度違反取締装置のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

重信川

リャンカン

デリカビーズ

ブレーキ式摩擦溶接

2005年日本国際博覧会記念1,000円銀貨幣

護衛艦「こんごう」型

大山隠岐国立公園

バットキャップ





自動速度違反取締装置のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自動速度違反取締装置 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS