実験計画法とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > マネジメント用語 > 実験計画法の意味・解説 

じっ けんけいかくほう -けいくわくはふ [0] 【実験計画法】

数理統計学応用手法の一。誤り少な統計的判断を行うために,実験の場に導入する確率モデル実験処理の選択データ収集方法分析技法等を研究する。フィッシャーにより創始され,実験計画フィッシャー三原則( (1) 反復 (2) 無作為化 (3) 局所管理)に従う。

実験計画法

別名:ディー・オー・イーDOE
【英】:Design of Experiments

実験計画法は、1920年代英国R.A.フィッシャーによって、創始された統計的実験手法である。

実験計画法とは、製品サービスプロセスパフォーマンス改善し、最適化したい場合に、どのような実験をするのが最も効果的であるかを計画し、また実験によって得られたデータどのように解析して結果予測していくかを効率的求め統計的実験手法である。

実験計画法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/08/19 03:02 UTC 版)

実験計画法(じっけんけいかくほう、Experimental design、Design of experiments)は、効率のよい実験方法をデザインし、結果を適切に解析することを目的とする統計学の応用分野である。R.A.フィッシャー1920年代農学試験から着想して発展させた。特に1950年G.M.コックスとW.G.コクランが標準的教科書を出版し、以後医学工学実験心理学社会調査へ広く応用された。またこれを基にして田口玄一による品質工学という新たな分野も生まれた。




「実験計画法」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

実験計画法に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「実験計画法」の関連用語

実験計画法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




実験計画法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの実験計画法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS