ベンガル語 音韻論

ベンガル語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 15:10 UTC 版)

音韻論

ベンガル語は、下表に示す7つの母音音素を持つ[44]。母音の長短は区別しない[44]。7つすべての母音音素が、対応する鼻母音音素を有し、25種類の二重母音がある[44]。また、動詞語幹に人称語尾が接続する際などに、「母音調和」現象が見られる[5]。例えば、動詞語幹の母音音素と人称語尾の母音音素の組み合わせによっては、前者が後者に合わせて変化することがあり、言語学的には逆行同化と呼ばれる現象である[5]

母音
前舌母音 中舌母音 奥舌母音
狭母音 [i] [u]
半狭母音 [e] [o]
半広母音 [æ] [ɔ]
広母音 [a]
子音
両唇音 歯音 歯茎音 そり舌音 後部歯茎音 軟口蓋音 声門音
無声破裂音 [p]
[pʰ]
[t̪]
[t̪ʰ]
[ʈ]
[ʈʰ]
[tʃ]
[tʃʰ]
[k]
[kʰ]
有声破裂音 [b]
[bʱ]
[d̪]
[d̪ʱ]
[ɖ]
[ɖʱ]
[dʒ]
[dʒʱ]
[ɡ]
[ɡʱ]
摩擦音 [s] [ʃ] [h]
鼻音 [m] [n] [ŋ]
流音 [l], [r] [ɽ]

表記体系

ベンガル語の表記にはベンガル文字を使用する。ベンガル文字は他に隣接するアッサム語でも使用されるが、わずかに異なる字が存在し、これをアッサム文字として区分する場合もある[45]イスラム教徒が多数派の国家の言語としては珍しく、ベンガル語はアラビア文字で書かれることは無く、またかつて書かれたこともあまり無かった。

イスラム教徒が多数派の国や民族の言語は、一度も文字で記録されたことが無かった言語を別にすれば、アラビア文字で書かれるか、かつて書かれていたものがほとんどである。現時点でアラビア文字で書かれるものとしてはペルシア語ウルドゥー語ウイグル語など。 植民地支配などや文字改革を経て、現在はラテン文字キリル文字に切り替えられてはいるが、それ以前はアラビア文字で書かれていたものとしてトルコ語インドネシア語など、ラテン文字、キリル文字、インド系文字などと併用してアラビア文字でも書かれるものとしてマレー語パンジャービー語などがある。

しかしベンガル語は固有のインド系文字を使用し、かつアラビア文字で併用されて書かれる事もほとんど無い。ベンガル語と同じくインド系の言語のうち、ヒンドゥスターニー語ウルドゥー語ヒンディー語)、パンジャービー語シンディー語カシミール語などは、パキスタン領内・インド領内のもの、あるいはイスラム教徒・非イスラム教徒のものの違いにより、改良アラビア文字による表記とインド系文字による表記の双方が存在する。しかしベンガル語はそれらとは異なり、バングラデシュ・インド双方、イスラム教徒・非イスラム教徒のもの双方とも、インド系のベンガル文字で表記される。(ただし、使用される語彙の差異は、両国間・両宗教間によりやはり存在する。)もっとも現バングラデシュがパキスタンに属して独立した当初、パキスタン中央政府を中心としたベンガル語をアラビア文字で表記する動き自体は存在した。しかし、住民の反発により実現しなかった[33]。ベンガル地方は、宗教的な意識も決して小さいわけではないが、それ以上に民族的な共通意識の方が大きいために、豊富な文学を有する自己の文字を廃してアラビア文字による表記を取り入れるまでにはいたらなかった。

文法

文法性はない。語順SOV型であり、前置詞でなく後置詞を用いる。指示形容詞や冠詞名詞の後に置かれるが、一般の形容詞類は前に置かれる。は4種類(主格対格所有格処格)ある。

名詞や動詞の語形変化は接尾辞で行い、膠着語的な性格が強い。名詞のの表示は義務的でなく(定冠詞のみ区別される)、動詞にも人称変化待遇による変化はあるが、数による変化はない[46]。数を表すには必ず助数詞を用いる(これは東南アジア・東アジアの諸言語と共通の性質である)。コピュラは使わない。

尊敬語や謙譲語に当たる敬語表現がある。日本語とベンガル語の文法は良く似ているとされる[28]


注釈

  1. ^ 本来「バングラデシュ」とはベンガル語話者が住むベンガル地方全体を指す語であった。

出典

  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Bengali”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/beng1280 
  2. ^ Laurie Bauer, 2007, The Linguistics Student's Handbook, Edinburgh
  3. ^ 「What are the top 200 most spoken languages?」”. エスノローグ . 2020年1月24日閲覧。
  4. ^ 『図説 世界の文字とことば』 町田和彦編 88頁。河出書房新社 2009年12月30日初版発行 ISBN 978-4309762210
  5. ^ a b c 藤原, 敬介「<書評>『ニューエクスプレス・ベンガル語』丹羽京子(著),2011年,白水社. (PDF) 」 『印度民俗研究』第12巻、2013年3月30日、 89-108頁、2017年10月24日閲覧。
  6. ^ a b c d ベンガル語とは”. 東京外国語大学ベンガル語専攻. 2017年10月16日閲覧。
  7. ^ a b 渡辺一弘「ベンガル語」『バングラデシュを知るための66章』大橋正明、村山真弓、日下部尚徳、安達淳哉(編)、明石書店〈エリア・スタディーズ32〉、2017年10月15日、第3版、68-71頁。ISBN 978-4-7503-4571-0
  8. ^ a b c d e "Bengali language". Encyclopaedia Britannica. 28 July 2017. 2017年10月16日閲覧
  9. ^ Bangla Script - Banglapedia” (英語). en.banglapedia.org. 2020年12月2日閲覧。
  10. ^ Shah 1998, p. 11
  11. ^ Keith 1998, p. 187
  12. ^ (Bhattacharya 2000)
  13. ^ Oberlies, Thomas (2007). “Chapter Five: Aśokan Prakrit and Pāli” (英語). The Indo-Aryan Languages. Cardona, George ; Jain, Danesh. Routledge. p. 163. ISBN 978-1-135-79711-9. https://books.google.com/books?id=OtCPAgAAQBAJ&pg=PA161 
  14. ^ (Sen 1996)
  15. ^ Abahattha in Asiatic Society of Bangladesh 2003
  16. ^ Pala dynasty | Indian dynasty” (英語). Encyclopedia Britannica. 2020年12月2日閲覧。
  17. ^ Pala Dynasty, Pala Empire, Pala empire in India, Pala School of Sculptures”. www.indianmirror.com. 2020年12月2日閲覧。
  18. ^ Rabbani, AKM Golam (2008). “Politics and Literary Activities in the Bengali Language during the Independent Sultanate of Bengal” (英語). Dhaka University Journal of Linguistics 1 (1): 151–166. ISSN 2408-851X. https://www.banglajol.info/index.php/DUJL/article/view/3344. 
  19. ^ The Rise of Islam and the Bengal Frontier (pdf)” (英語). hudsoncress.net/hudsoncress.org. 2016年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月閲覧。
  20. ^ a b ことばとその周辺をきわめる「ベンガル語:文語体から口語体へ」 (PDF)”. 東京外国語大学オープンアカデミー (2013年11月12日). 2017年10月16日閲覧。
  21. ^ Ray, S Kumar. “The Bengali Language and Translation” (英語). Translation Articles. Kwintessential. 2006年9月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年11月19日閲覧。
  22. ^ a b アジ研ワールド・トレンド 2014, pp. 31–35.
  23. ^ a b c d David 2015.
  24. ^ a b c d Distribution of the 22 Scheduled Languages”. Census of India. Registrar General & Census Commissioner, India (2001年). 2017年10月16日閲覧。
  25. ^ a b c d e Census Reference Tables, A-Series - Total Population”. Census of India. Registrar General & Census Commissioner, India (2001年). 2017年10月16日閲覧。
  26. ^ 世界地誌シリーズ5『インド』 2013, p. 17.
  27. ^ Alexander 2011, pp. 201–220.
  28. ^ a b 姫田小夏「日本で活躍するバングラデシュ人エンジニアたち もはや「出稼ぎ労働者」ではない」『日本ビジネスプレス』、2014年4月1日。2017年10月17日閲覧。
  29. ^ P・K・オースティン 2009, p. 24.
  30. ^ 図説 世界の文字とことば 2009, p. 89.
  31. ^ 事典世界のことば141 2009, p. 208.
  32. ^ ケース・フェルステーヘ『アラビア語の世界 歴史と現在』長渡陽一(訳)、三省堂、2015年9月20日、第1刷、493頁。
  33. ^ a b 堀口松城 2009, p. 198.
  34. ^ “ベンガル語国語化運動記念日の式典開催 - バングラデシュ”. AFP. (2007年2月21日). http://www.afpbb.com/articles/-/2185353 2015年6月20日閲覧。 
  35. ^ 『バングラデシュを知るための60章【第2版】』大橋正明・村山真弓(編著)、明石書店、2009年11月20日、第2版第1刷、63頁。
  36. ^ 事典世界のことば141 2009, p. 207.
  37. ^ 堀口松城 2009, p. 205.
  38. ^ モンズール・ハック 2003, p. 59.
  39. ^ 高田峰夫 2003, pp. 29–32.
  40. ^ 印ダージリンでゼネスト、緊張高まる 観光客ら数千人が一斉避難”. AFPBB (2017年6月13日). 2017年7月29日閲覧閲覧。
  41. ^ ダージリン茶産地デモ拡大 インドで自治州求め3人死亡”. 産経ニュース (2017年6月18日). 2017年7月29日閲覧。
  42. ^ “民族紛争でダージリン紅茶のセカンドフラッシュ収穫できず”. ロイター. (2017年7月7日). http://jp.reuters.com/article/darjeeling-idJPKBN19S0VV 2017年7月29日閲覧。 
  43. ^ “印ダージリンで3か月余続いたスト中止 新州創設求め政府と協議へ”. AFPBB. AFP. (2017年9月27日). https://www.afpbb.com/articles/-/3144594?cx_part=search 2019年4月24日閲覧。 
  44. ^ a b c 大西正幸、ドゥルガ・ポド・ドット「ベンガル語の expressives をめぐって」『言語記述論集 (Journal of Kijutsuken, Descriptive Linguistics Study Group)』第8巻、言語記述研究会、2016年、 193-230頁、2017年10月24日閲覧。
  45. ^ 世界の文字を楽しむ小事典 2011, p. 250.
  46. ^ 『図説 世界の文字とことば』 町田和彦編 88頁。河出書房新社 2009年12月30日初版発行 ISBN 978-4309762210
  47. ^ ウルフ・ラーショーン 2002, p. 107.
  48. ^ 丹羽京子 2018, pp. 126–127.
  49. ^ 鈴木喜久子 2003, p. 62.
  50. ^ 白幡利雄 2003, pp. 76–77.
  51. ^ 金基淑 2018, p. 538-539.
  52. ^ 杉本良男 2018, p. 536-537.
  53. ^ インド現代史1947-2007(下) 2012, p. 469.






ベンガル語と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ベンガル語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ベンガル語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベンガル語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS