at-sとは?

自動列車停止装置

読み方:じどうれっしゃていしそうち
英語:Automatic Train Stop、ATS

鉄道車両赤信号無視して進行しようとした場合などに、自動的停止を行うシステムのこと。列車乗務員警報を発し、必要な操作が行われなかった場合停止するまでブレーキをかける

ATSと同じく自動化された制御システムにはATCAutomatic Train Control)もある。ASCは「自動列車制御装置」とも呼ばれてろい、列車制限速度超過している場合などに自動的ブレーキをかけ、所定速度まで減速してからブレーキ解除するといった機能を持つ。停止目的とするものではないが、列車追突防止や、自動ブレーキによる乗り心地の向上などを実現する。

ATS

「ATS」とは、Applicant Tracking Systemの略で、日本語では「採用管理システム」「採用支援システム」と訳されます。応募受付から採用決定までにかかる人事担当者業務一つシステム上で一元管理し、適時・適切採用活動を進めるための機能実装したシステム総称です。応募データ管理集計データ分析募集職種ごとの応募進捗管理メール自動送信など、多彩な機能備えた「ATS」を提供するサービス近年、急速に増えてきました。「ATS」の導入採用活動効率化自動化が進めば、コスト削減つながり応募者の見極めにより多く時間を割くこともできます

ATS

自動列車停止装置Auto matic Train Stop)の略称です。停止(赤)を現示する信号機からある程度手前位置列車がさしかかったとき、運転台ベル警報を発し、運転士所定確認扱いをしないと自動的ブレーキかかって停止させるシステムです。

信号機は、停止進行(青)のほか、警戒(黄・黄)、注意(黄)、減速(黄・青)という制限速度指定したシステム(5灯式)を採用している場合に、列車それぞれの制限速度を超えてきたときにはブレーキをかけて制限速度以下にする機能あります

普通鉄道構造規則159条は「鉄道には、自動列車停止装置設けなければならない。ただし(略)列車運行状況及び線区状況により列車運転の安全に支障を及ぼす恐れのない場合は、この限りでない」と規定しています。

関連ページ:輸送力増強と安全輸送の強化


ATS

英語 ATS

ドイツ軽合金ホイールメーカー。総帥ギュンター・シュミット指揮のもと、1977年から自社マシンF1グランプリ参戦した。マシンデザイナーはグスタフ・ブルナードライバーフランス人のJ-P.ジャリエといった陣容だった。第3戦の南アフリカGPで6位に入賞し、チームはデビューイヤーに初ポイント獲得する活躍をみせた。チームは、84年最後にF1から撤退したが、88年から同じくドイツのホイールメーカーであるRIALとしてF1復帰している。その後、ATS社はレースから撤退したが、2000年から始まったDTM2000シリーズAMGメルセデスへのホイール供給というかたちでレース復帰した。


ATS

英語 Automoboli Turismo e Sport

イタリアコンストラクター1961年末、フェラーリ在籍していたエンジニアカルロ・キティらが、御大エンツォ・フェラーリ衝突してチーム飛び出したあと、ジョバンニ・ボルピ伯爵から資金援助得て設立自製V8エンジン搭載したスリムマシン63年F1参戦したが、マシン競争力不足で成績はまったくふるわず、1シーズンだけでプロジェクト消滅した。マシンは別チーム譲渡され、64年にも1戦だけ出場。なお、64年にはGTマシン市販され、一部レースにも使用された。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

4-アミノ-4H-1,2,4-トリアゾール・塩酸塩

分子式ClH C2H4N4
その他の名称:ATC-60、ATS、ATC
体系名:4-アミノ-4H-1,2,4-トリアゾール・塩酸塩、4H-1,2,4-トリアゾール-4-アミン塩酸塩


ats-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/05 06:07 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ats-
別名 佐藤あつし
出身地 日本の旗 日本, 新潟県長岡市
ジャンル J-POP
ロック
職業 作曲家
編曲家
作詞家
キーボーディスト
DJ
担当楽器 キーボード
ターンテーブル
ギター
ベース
コーラス
ボーカル
活動期間 1988年 -
事務所 エイベックス・マネジメント

ats-(エーティーエス、5月7日生まれ)は、日本の音楽クリエーター、作曲家編曲家トラックメイカーリミキサー

新潟県長岡市出身。音楽グループHΛLのメンバーとして活動していた。現在はエイベックス・マネジメント tearbridge production所属。Dark Heavy Unrealistic系サウンドを得意とする。楽曲のジャンルはロック、メタル、EDM、R&B、バラード、ポップスと多彩。インスト楽曲や劇伴作品も数多い。

概略

  • Darlin's Darlin'
    • Album 「MOON」
    1. Just the same way(作詞・作曲・編曲)
    2. Bringin' me down(作詞・作曲・編曲)
    3. Forever yours(作詞・作曲・編曲)
    4. Please Mr.D.J.(作詞・作曲・編曲)
    5. Cynthia(作詞・作曲・編曲)
    6. Children of the night(作詞・作曲・編曲)
    7. Heart takes radio(作詞・作曲・編曲)
    8. Crazy for you(作詞・作曲・編曲)
    9. Christmas song for peace(作詞・作曲・編曲)
    10. 君が遠過ぎて(作詞・作曲・編曲)
  • 佐藤 厚
    • Album 「夢がラジオを鳴らした夏」
    1. 夢がラジオを鳴らした夏(作曲・編曲)
    2. Rainy Blue(作曲・編曲)
    3. Dear Loneliness(作曲・編曲)
    4. Last Word(作曲・編曲)
    5. Night Train(作曲・編曲)
    6. Diamond Blood(作曲・編曲)
    7. うわさのトキメキ(作詞・作曲・編曲)
    8. Close To You(作詞・作曲・編曲)
    9. ずっとそばにいて・・・(作詞・作曲・編曲)
    10. 陽気なSad Girl(作曲・編曲)
  • STAGGER
    • Single 「愛を今夜届けに来たよ/Since 1994」(作詞・作曲)ケンタッキーフライドチキンCM曲
    • Single 「Now And Forever/KEEP ON SHINING」(作詞・作曲)NTV系『Jリーグ中継』イメージソング
    • Album 「SCRACH」
    1. DETENTION(作詞・作曲・編曲)
    2. 痛いほど君が愛しいよ(作詞・作曲・編曲)
    3. 愛を今夜届けに来たよ(作詞・作曲・編曲)
    4. IT'S TRUE LOVE(作詞・編曲)
    5. この夜を駆け抜けたら...(作詞・作曲・編曲)
    6. Since1994〜すべては今の為だけに〜(作詞・作曲・編曲)
    7. 愛を失くしたあの日のために(作詞・作曲・編曲)
    8. Now And Forever(作詞・作曲・編曲)
    9. YELLOW PEPPER(作詞・編曲)
    10. LAST THANKS(作詞・編曲)
  • HΛL
    • Single
    • Album
      1. Introduction(作曲・編曲)
      2. Violation of the rules(作曲・編曲)
      3. DESPAIR(作曲・編曲)
      4. SPLIT UP(作曲・編曲)
      5. amulet(作曲・編曲)
      6. Injury(作曲・編曲)
      7. Save Me(編曲)
      8. At The Sacrifice(作曲・編曲)
      9. Rosary(作曲・編曲)
      10. DECIDE(作曲・編曲)
      11. ☆the starry sky☆(作曲・編曲)
      12. For you』(作曲・編曲)
      13. epilogue(作曲・編曲)
      1. introduction(作曲・編曲)
      2. risk(作曲・編曲)
      3. I'll be the one(作曲・編曲)
      4. A LONG JOURNEY(作曲・編曲)
      5. PRACTICAL POLICY(作曲・編曲)
      6. ONE LOVE(作曲・編曲)
      7. in this life, long love song(作曲・編曲)
      8. Stay With Me(作曲・編曲)
      9. KOKORO 〜inwardly〜(作曲・編曲)
      10. R-18(作曲・編曲)
      11. al di la(作曲・編曲)
      12. As long as you love me(作曲・編曲)
      13. Fin.(作曲・編曲)

主な提供楽曲

HΛL時代の主な提供楽曲】

【ats-・佐藤あつし名義の提供楽曲】

出典

  1. ^ 「涙のない世界」が長崎・ハウステンボス「光の王国」タイアップソングに決定! AAAオフィシャルサイト 2016年9月29日

関連項目

外部リンク


AT-S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/08 09:06 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search
AT-S / ATS-712
National Museum of Military History, Bulgaria, Sofia 2012 PD 219.jpg
AT-S
(ブルガリア国立軍事史博物館英語版)
種類 装軌式砲兵トラクター
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
運用史
配備期間 1950年代~
配備先 ソビエト連邦軍、他
諸元
重量 15 t
全長 5.87 m
全幅 2.57 m
全高 2.535m
要員数 7名

エンジン W-54Tディーゼル, 250 hp
行動距離 380 km (舗装路)
速度 35 km/h
テンプレートを表示

AT-S (ロシア語: Артиллерийский Тягач, Средний) は1940年代後半にソビエト連邦で開発された装軌式の砲兵トラクターである[1]。AT-Sの名称はロシア語で"中型砲兵トラクター"の意味である。

また、後述する後継車種のATS-59ロシア語版との区別のため、本車の呼称についてAT-S 712、あるいはATS-712などとも表現される。

概要

AT-Sは1940年代後期に開発された車両で、16トンの牽引力と3トンの積載能力を持っていた[1]。これは、同時期に開発された重砲兵トラクター"AT-T" (25トンの牽引力と5トンの積載能力) および、軽砲兵トラクター"AT-L"(6トンの牽引力と2トンの積載能力)の中間に位置するもので、AT-Sは口径100mm・152mmの榴弾砲や、KS-19 100mm高射砲の牽引に用いられた。

AT-Sはカーゴトラックのような車体上部に装軌式の走行装置を持っており、キャブ部分はAT-TやAT-Lとは異なり角ばった形状で前後に長く、片側2箇所の昇降ドアを持ち、乗員7名が搭乗可能なものとなっている[1]

AT-Sは1950年代後半まで生産され、多くのソ連友好国に輸出された。1959年以降は後継車種として開発されたATS-59ロシア語版の生産に切り替えられた。

派生型

AT-Sの派生車種として"BM-24T"が知られている。BM-24TはAT-Sの荷台に相当する部分に240mm多連装ロケット砲"BM-24"の12連装発射機を搭載した車両である。BM-24Tはおそらく、ベースとなったAT-Sよりも長い期間、現役で使用されたと見られる[1]

また荷台部分に放水設備やはしごを備えた、消防車型の"APP-20"も開発されている。

脚注・出典

関連項目

  • AT-T - 同時代の重砲兵トラクター。25トンの牽引力と5トンの積載能力を持つ。
  • AT-L - 同時代の軽砲兵トラクター。6トンの牽引力と2トンの積載能力を持つ。

外部リンク


ATS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/24 00:03 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search

ATS

脚注

  1. ^ Supporting App Transport Security 2017年12月9日閲覧。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

at-sのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



at-sのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2019 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
日本民営鉄道協会日本民営鉄道協会
(C) 2019 (社)日本民営鉄道協会
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのats- (改訂履歴)、AT-S (改訂履歴)、ATS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS