こことは?

ココ【coco】


ここ【九】

ここのつ。数を「一(ひ)・二(ふ)・三(み)…」と数えるときに用いる。ここの。


こ‐こ【個個/箇】

いくつかあるうちの一つ一つ。おのおの。それぞれ。「—の契約」「—に責任をもつ」


こ‐こ【××呱】

赤ん坊泣く声。特に、生まれてすぐの泣き声


こ‐こ【戸戸】

一戸の家ごと。戸ごと家々各戸


こ‐こ【×処/×所/×此/是/×爰/×茲】

[代]近称指示代名詞

話し手が現にいる場所をさす。「私の生家は—からそう遠くはない」

話し手周囲の人が現に置かれている状況程度、または局面をさす。「事—に至ってはもう手の打ちようがない」「—まで言っても、まだ分かってくれないのか」

現在を中心としてその前後を含めた期間をさす。

今まで。「—一、二というもの病気ばかりしていた」

これから。「—数年で街もすっかり変わるだろう」

話し手が、自分へりくだっていう。この身。わたくし。

「—にも心にもあらでかく罷るに」〈竹取〉

話し手近くにいる人を、軽い敬意込めていう。こちらの人。あなた。

「—に御消息やありし。さも見えざりしを」〈源・紅梅


ココ

〔名〕 (英 cocoココ椰子また、その実


ここ【九】

〔名〕 (「ここの」の変化した語) 物の数を声に出して順に唱えながら数えるときの九。この。こう。〔口語法別記1917)〕


こ‐こ【個個・箇箇】

〔名〕 一個一個ひとつひとつひとりひとり。おのおの。

車屋謡曲東岸居士(1423頃)「鈔に又まうさく、あらゆる所の仏法趣き、ここゑんじゃうの道すぐに、今に絶えせぬ跡とかや」

*『明暗』論(1952)〈唐木順三〉三「個々病人個々ケース医者にとっては問題のである


こ‐こ【呱呱】

〔副〕 乳児泣き声表わす語。

徂徠集(1735‐40一二・記義奴市兵衛事「児女則呱呱啼弗已」〔書経‐益稷〕


こ‐こ【戸戸】

〔名〕

① 家一戸一戸一軒一軒戸ごと。家ごと。毎戸。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

② (副詞的に用いて) どの家も残らず。軒並み各戸。各家。〔東京夢華録‐巻之七〕


こ‐こ【此処・此所・此・是・爰・茲】

代名

[一] 他称話し手側、すなわち相手対する我の側、相手を含んだ我々の側の場所、事物などをさし示す(近称)。

現在の所を示す。

(イ) この所。この場所。

万葉(8C後)一五・三七五七「あが身こそ関山越えて許己(ココ)にあらめ心は妹によりにしものを」

徒然草1331頃)四一「『ここへ入らせ給へ』とて、所を去りて呼び入れ侍りにき」

(ロ) 異国に対して、この国。日本

土左(935頃)承平五年一月二〇日「かの国人、聞き知るまじくおもほえたれども、〈略〉ここのことば伝へたる人にいひ知らせければ、心をや聞きえたりけん、ひとおもひのほかになん愛(め)でける」

源氏100114頃)若菜上紫檀の箱一よろひに、唐の本ども、ここの(さう)の本などいれて」

(ハ) 別世界来世に対してこの世現世

源氏100114頃)御法後の世には同じはちすの座をも分けんと契りかはし聞え給て、頼みをかけ給ふ御中なれど、ここながらつとめ給はんほどは」

事柄時点状況場合などをさし示す。

(イ) (話し手強く意識する) このこと。この点。この時。この場合。「ここに」の形では、副詞のようにも用いる。

古事記(712)中・歌謡「苛(いら)なけく そこに思ひ出 愛(かな)しけく 許許(ココ)に思ひ出 い伐らすそ来る 梓弓まゆみ」

源氏100114頃)東屋「心に入れて見給へるほかげ、さらにここと見ゆる所なく、細かにをかしげなり」

(ロ) 事態進展して来たところ、到達点、限界点をさす。

太平記鈔(1596‐1624頃)一「以上治承四年庚子よりここに至るまで百五十四年なり」

③ 現在を中心として、比較的近い時間帯の内をさし示す。→此処の所

露芝(1921)〈久保田万太郎〉四「それからここ五年あまりになる」

話し手側の人をさす。

末枯1917)〈久保田万太郎〉「先刻一人ではじめようと思ってたところへ思ひがけなくここが来てくれましてね」

[二] 対称話し手近くの場所にいる人をさす。親愛の意を含めて用いる。

源氏100114頃)梅枝「さはありとも、かの君と、前の斎院と、ここにとこそは、書き給はめ」

[三] 自称話し手自身をさし示す。この身。

*竹取(9C末‐10C初)「ここにも心にもあらでかく罷るに、昇らんをだに見送り給へ

栄花(1028‐92頃)楚王の夢「御乳母小式部の君は『ここをば捨てさせ給ひつるか。御供に参らん御供に参らん』と泣きののしる

[語誌](1)話し手近く指し示す指示語「こ」に場所を表わす接尾語「こ」が付いた形で、「そこ」「かしこ」「いづこ」などと系列をなす。原義話し手が現在存在する相対的な場所であるが、相対性を失って(一)①(ロ)の意や(一)①(ハ) の意を表わすようにもなった。
(2)(一)②は場所に時間含めて抽象化し、広く状況文脈等を表わすようになったもので、さらに、(一)③は場所性を失い、時間だけを指し示す用法で、近代になって現われたものである
(3)(二)および(三)は「ここにいる人」という意味から間接的一・二人称表わすようになったもので、これらがしばしば「に」を伴うのは、場所性が完全に失われていないことを示している。


Coco

Cocoの画像 Cocoの画像
芸名Coco
芸名フリガナここ
性別女性
生年月日1984/5/11
星座おうし座
干支子年
血液型O
身長161 cm
体重49 kg
URLhttps://www.f-factory.info/coco
靴のサイズ23.5 cm
プロフィール1984年5月11日生まれダンサー主な出演作は、ショー外務省奨励会 在京使節団のための集いWelcome to Tokyo』(花魁パフォーマンス)、ショーMonica Coppola HairShow』(カットモデル)、PV少女時代Love&Girls」』などその他多数Juicy Circusのメンバーとしても公演行い国内国外ともに活動の幅を広げている。
代表作品1年2013
代表作品1ショー外務省奨励会 在京使節団のための集いWelcome to Tokyo』(花魁パフォーマンス)
代表作品2年2012
代表作品2ショーMonica Coppola HairShow』(カットモデル)
代表作品3PV少女時代Love&Girls」』
職種俳優女優タレント

» タレントデータバンクはこちら

瑚々

瑚々の画像 瑚々の画像
芸名瑚々
芸名フリガナここ
性別女性
生年月日2004/8/7
干支申年
出身地埼玉県
身長163 cm
URLhttps://www.itoh-c.com/artist/koko/
靴のサイズ25 cm
プロフィール2004年8月7日生まれ埼玉県出身2015年に『イトーカンパニーネクストヒロインオーディション』のグランプリ受賞主な出演作に、イメージモデルマザー牧場2016イメージガール』、MV藍坊主魔法以上が宿ってゆく」』、映画『レミングスの夏』など。
代表作品1年2016
代表作品1イメージモデルマザー牧場2016イメージガール
代表作品2年2015
代表作品2MV藍坊主魔法以上が宿ってゆく」』
代表作品3年2017
代表作品3映画『レミングスの夏』
職種俳優女優タレント
趣味・特技古典覚え/音モノマネ

» タレントデータバンクはこちら

指示語

(ここ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/28 09:04 UTC 版)

指示語(しじご)または指示詞(しじし、demonstrative)とは、話し手のいる地点と状況をもとにしてものを指し示す機能を持つ語であり、特に代名詞限定詞として用いられる[1]日本語の「これ」「その」や英語thisthat などは典型的な指示詞である。


  1. ^ Diessel 1999: 2.
  2. ^ こそあど + か / think_leisurely”. think0298.stars.ne.jp. 2020年10月22日閲覧。
  3. ^ 【こそあどとは指示語のこと】上手な使い方を4つの事例で解説” (日本語). xn--3kq3hlnz13dlw7bzic.jp (2019年8月21日). 2020年10月22日閲覧。
  4. ^ 岡崎友子. “現代語・古代語の指示副詞をめぐって”. 2020年10月22日閲覧。


「指示語」の続きの解説一覧

ここ

出典:『Wiktionary』 (2021/07/31 13:16 UTC 版)

代名詞

ここ此処此所

  1. 指示代名詞一つで、話し手に近い場所を指す。この場所
  2. 現在、いる場所。
  3. 現在話題にしている事柄現在の局面状況
  4. 話し手指し示した、あるいは話し手関連の深い程度範囲などを表す。
  5. 最近。(あとに期間を表す語を伴ってこの先今まで

関連語

日本語指示詞
  近称(こ-) 中称(そ-) 遠称(あ-) 不定称(ど-)
指示代名詞 これ [複数: これら] それ [複数: それら] あれ [複数: あれら] どれ
指示代名詞 こいつ
こちらさま
そいつ
そちらさま
あいつ
あちらさま
どいつ
どちらさま
連体詞 この その あの どの
場所 ここ
こっから
そこ
そっから
あそこ
 
どこ
どっから
方向 こちらこっち そちらそっち あちらあっち どちらどっち
態様 こう
こんな
こんくらい
こんだけ
そう
そんな
そんくらい
そんだけ
ああ
あんな
あんくらい
あんだけ
どう
どんな
どんくらい
どんだけ

翻訳

同音異義語



  • 画数:8
  • 音読み:シ、 ジ
  • 訓読み:ここ、 しげる
  • ピンイン:zi1
※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ここ」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ここ」の関連用語


2
92% |||||

3
92% |||||

4
74% |||||

5
74% |||||

6
74% |||||

7
74% |||||

8
58% |||||

9
58% |||||

10
58% |||||

ここのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ここのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2022 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの指示語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのここ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS