貨幣 貨幣の歴史

貨幣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/23 06:24 UTC 版)

貨幣(かへい、: money)とは、サービスとの交換価値情報、及びそのメディア(媒体)の総体であって、財・サービスとの交換や保蔵ができるものであるとの社会の共通認識のもとで使用されるものである。また、それは以下の要件を満たす。


  1. ^ a b 広辞苑 第五版 p.546
  2. ^ a b デジタル大辞泉
  3. ^ 岩田『国際金融入門』 p8
  4. ^ 中野剛志『富国と強兵』東洋経済新報社、pp.54-55
  5. ^ 内藤敦之『内生的貨幣供給論の再構築』日本経済評論社、pp.25-26
  6. ^ a b ポランニー『人間の経済1』 第9章
  7. ^ 黒田『貨幣システムの世界史』 p11
  8. ^ 『3時間でわかる経済学入門』 p24
  9. ^ 『3時間でわかる経済学入門 』 p25
  10. ^ ヒューム「貨幣について」
  11. ^ スミス『諸国民の富』
  12. ^ リカード『経済学および課税の原理』
  13. ^ 日本経済新聞社編 『経済学の巨人 危機と闘う』 p33
  14. ^ 中野剛志『富国と強兵』東洋経済新報社、p.58
  15. ^ 金谷 『貨幣経済学』
  16. ^ 公共貨幣. 東洋経済出版社. (2015) 
  17. ^ Michael Mcleay, Amar Radia and Ryland Thomas 「Money in the Modern Economy: An Introduction」『Quarterly Bulletin』Bank of England, 2014a, Q1,pp.4-13
  18. ^ 中野剛志『富国と強兵』東洋経済新報社、pp.54-57
  19. ^ 藤井聡『MMTによる令和新経済論』晶文社2019年、pp.151-180
  20. ^ 藤井聡『MMTによる令和新経済論』晶文社2019年、pp.139-144
  21. ^ en:L. Randall Wray『MMT 現代貨幣理論入門』 島倉原完訳、鈴木正徳訳、東洋経済新報社、2019年、pp.110-114
  22. ^ en:L. Randall Wray『MMT 現代貨幣理論入門』 島倉原完訳、鈴木正徳訳、東洋経済新報社、2019年、pp.119-124
  23. ^ en:L. Randall Wray『MMT 現代貨幣理論入門』 島倉原完訳、鈴木正徳訳、東洋経済新報社、2019年、pp.173-179
  24. ^ L・ランダル・レイ『現代貨幣理論入門』東洋経済新報社2019年、p.117
  25. ^ 補助貨ヲ無制限ニ公納受領ノ件 - 財務省






貨幣と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

貨幣のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



貨幣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの貨幣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS