貨幣 貨幣の概要

貨幣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/23 06:24 UTC 版)

  • 商品交換の際の媒介物で、価値尺度、流通手段、価値貯蔵の3機能を持つもののこと[1]
  • 商品の価値尺度、交換手段として社会に流通しているもので、またそれ自体が価値あるもの、富として蓄蔵を図られるもの[2]

概説

物やサービスとの交換に用いられる「お金」を、経済用語では貨幣、または通貨と呼ぶ[3]。貨幣とは、経済学上は、価値尺度交換の媒介、価値の蓄蔵の機能を持ったものの事である。

広義には、本位貨幣の他にも、法律により強制通用力を認められている信用貨幣も含める[1]。つまり「貨幣」という語は、鋳貨紙幣に加えて、当座預金などの信用貨幣も含めて指す場合が多い[2]。なお、慣習的な用法として、法令用語の意味における貨幣と紙幣・銀行券をあわせて「お金」と呼ぶことが多い。

政府は、租税の算定に通貨を用いる。法定通貨が額面通りの価値を持つためには、その貨幣を発行する政府に対して国民の信用が存在することが必要条件である。

二者間でサービスの取引を行う場合には、信用取引となる。一方から他方に財・サービスが移転した後に、決済を行うとすると、その場合、財・サービスの売り手には、買い手に対する信用が生じ、反対に、財・サービスの買い手には、売り手に対する負債が生じる。この取引における「信用/負債」関係は、負債が支払われることで解消される。ところで、実際の経済においては、財・サービスの取引は、多くの主体間で行われるため、売り手と買い手の間の「信用/負債」関係も無数に存在し、財・サービスの売り手は他方で、財・サービスの買い手でもあるのが、通常の場合であり、現実の経済では、無数の「信用/負債」関係が複雑に絡み合ってくる。ある二者間で定義された負債と別の二者間で定義された負債を相殺、決済するためには、負債を計算する共通の表示単位が必要になる。この共通の表示単位(ドルポンドなど)が貨幣(計算貨幣)である。貨幣とは共通の計算単位で表示された負債のことである。貨幣を負債の一種とみなす貨幣観を信用貨幣論という[4][5]

貨幣の機能

貨幣の重要な機能として次のようなものがあり、いずれかに用いられていれば貨幣と見なせる。それぞれの機能は別個の起源と目的をもっていると言われる[6]

1923年発行のレンテンマルク硬貨。この貨幣は、1920年代のドイツの一兆倍にもなったハイパーインフレで混乱した経済を建て直すために発行された貨幣の一種である。
価値の尺度
貨幣は、計量可能なモノ()の交換価値を客観的に表す尺度となる。これによって異なるモノの価値を、同一の貨幣において比較ないし計算できる。例えば、本20冊と牛1頭といった比較が可能になり、価格を計算できる。
支払
計量可能なモノを渡し、責務を決済する。初期社会では特に示談金、損害賠償、租税などの制度と関連して生じた。
価値の蓄蔵
計量可能なモノを貨幣に交換することで、モノの価値を蓄蔵することができる。例えば、モノとしての大根1本は腐敗すれば消滅するが、貨幣に換えておけば将来大根1本が入手可能となる。あるいは「大根1本の価値」を蓄蔵できる。ただし、自由な取引の元では通貨価値ないし物価変動により貨幣で入手できるモノの量は増減することがある。
交換の媒介
貨幣を介する社会では、計量可能なモノと貨幣を相互に交換することで、共通に認められた価値である貨幣を介することで取引をスムーズに行える。これに対し、貨幣を介さない等価交換においては、取引が成立する条件として、相手が自分の欲しいモノを持っていることと同時に、自分が相手の欲しいモノを持っていることが必要となる。

貨幣の歴史

貨幣は4つの機能によって用途が分かれており、身分によって使える貨幣が決まっていたり、共同体の内部と外部とで用いられる貨幣が異なっていた。すべての機能を含む全目的な貨幣が現われたのは、文字をもつ社会が誕生して以降となる[6]

現在は1国につき1通貨の制度が主流となっているが、歴史においては、公権力によらずに国際的な貿易で流通する貨幣や、各地域が独自に発行する貨幣が多数存在していた。このため、複数の貨幣が用いられていた[7]


  1. ^ a b 広辞苑 第五版 p.546
  2. ^ a b デジタル大辞泉
  3. ^ 岩田『国際金融入門』 p8
  4. ^ 中野剛志『富国と強兵』東洋経済新報社、pp.54-55
  5. ^ 内藤敦之『内生的貨幣供給論の再構築』日本経済評論社、pp.25-26
  6. ^ a b ポランニー『人間の経済1』 第9章
  7. ^ 黒田『貨幣システムの世界史』 p11
  8. ^ 『3時間でわかる経済学入門』 p24
  9. ^ 『3時間でわかる経済学入門 』 p25
  10. ^ ヒューム「貨幣について」
  11. ^ スミス『諸国民の富』
  12. ^ リカード『経済学および課税の原理』
  13. ^ 日本経済新聞社編 『経済学の巨人 危機と闘う』 p33
  14. ^ 中野剛志『富国と強兵』東洋経済新報社、p.58
  15. ^ 金谷 『貨幣経済学』
  16. ^ 公共貨幣. 東洋経済出版社. (2015) 
  17. ^ Michael Mcleay, Amar Radia and Ryland Thomas 「Money in the Modern Economy: An Introduction」『Quarterly Bulletin』Bank of England, 2014a, Q1,pp.4-13
  18. ^ 中野剛志『富国と強兵』東洋経済新報社、pp.54-57
  19. ^ 藤井聡『MMTによる令和新経済論』晶文社2019年、pp.151-180
  20. ^ 藤井聡『MMTによる令和新経済論』晶文社2019年、pp.139-144
  21. ^ en:L. Randall Wray『MMT 現代貨幣理論入門』 島倉原完訳、鈴木正徳訳、東洋経済新報社、2019年、pp.110-114
  22. ^ en:L. Randall Wray『MMT 現代貨幣理論入門』 島倉原完訳、鈴木正徳訳、東洋経済新報社、2019年、pp.119-124
  23. ^ en:L. Randall Wray『MMT 現代貨幣理論入門』 島倉原完訳、鈴木正徳訳、東洋経済新報社、2019年、pp.173-179
  24. ^ L・ランダル・レイ『現代貨幣理論入門』東洋経済新報社2019年、p.117
  25. ^ 補助貨ヲ無制限ニ公納受領ノ件 - 財務省






貨幣と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

貨幣のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



貨幣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの貨幣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS