韋提希とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 韋提希の意味・解説 

いだいけ ゐだいけ 【韋提希】 ○

Vaidehī〕 インドマガダ国頻婆娑羅びんばしやら)王の后。釈尊同時代の人。息子阿闍世あじやせ)によって牢に幽閉された時、釈尊説法を願った。釈尊は、彼女のために「観無量寿経」を説いたという。

韋提希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/14 08:24 UTC 版)

韋提希(いだいけ、Vaidehī ヴァイデーヒー)は、古代インドのまだ釈迦が存命の頃のマガダ国頻婆娑羅(びんばしゃら、ビンビサーラ)王の。夫と共に仏教を信仰した。韋提希夫人とも。韋提希はヴァイデーヒーの音写で、他の音写は毘提希など、訳としては思惟、勝妙身など。ヴァイデーヒーとは「毘提訶(ヴィデーハ〈Videha〉)出身の女性」を意味する言葉であり、本名については諸説ある。






「韋提希」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「韋提希」の関連用語

韋提希のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



韋提希のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの韋提希 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS