頻婆娑羅とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 頻婆娑羅の意味・解説 

びんばしゃら 【頻婆娑羅】 ○

Bimbisāra釈迦同時代マガダ国の王。竹林精舎建てるなど、熱心な仏教徒であったが、息子阿闍世王によって幽閉され死んだ。ビンビサーラ

ビンビサーラ

(頻婆娑羅 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/24 23:41 UTC 版)

ビンビサーラBimbisara、漢:頻婆娑羅〈びんばしゃら〉、また瓶沙などとも音写、訳:影勝など)は古代インドに栄えたマガダ国(現在のビハール州辺り)の王(在位:紀元前6世紀頃、または紀元前5世紀頃)。一説にはシシュナーガ朝の王(第5世)であるが疑問視する声が強い。彼の治世にマガダ国はその勢力を大きく拡大した。また彼は釈迦の教えを聞き仏教に帰依したと伝えられる。仏典によれば釈迦より5歳年少であったという。






「ビンビサーラ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「頻婆娑羅」の関連用語

頻婆娑羅のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



頻婆娑羅のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビンビサーラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS