穴子とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > 穴子 > 穴子の意味・解説 

あな‐ご【穴子】

読み方:あなご

ウナギ目アナゴ科海水魚総称ウナギ似て、うろこ・腹びれがない。マアナゴ・クロアナゴ・ギンアナゴなどは食用。夏に美味。《 夏》


穴子


穴子

読み方:アナゴanago

アナゴ科属す魚類天ぷら寿司などにして美味

季節

分類 動物


アナゴ

(穴子 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/07/25 21:01 UTC 版)

アナゴ(穴子[1]、海鰻、海鰻鱺[2])は、ウナギ目アナゴ科に属する魚類の総称[3]ウナギによく似た細長い体型の海水魚で、食用や観賞用で利用される種類を多く含む。30以上の属と150以上の種類が知られる。好みの環境や水深は種類によって異なり、砂泥底、岩礁域、浅海、深海と、様々な環境に多種多様な種類が生息する。


  1. ^ a b 講談社編『魚の目利き食通事典』講談社プラスアルファ文庫 p.24 2002年
  2. ^ フリーランス雑学ライダーズ編『あて字のおもしろ雑学』 p.45 1988年 永岡書店
  3. ^ 魚介類の名称表示等について(別表1)”. 水産庁. 2013年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月29日閲覧。
  4. ^ フリーランス雑学ライダーズ編『あて字のおもしろ雑学』 p.46 1988年 永岡書店
  5. ^ 習性生かしたやさしい「筒漁」『朝日新聞』朝刊2018年9月7日(第2東京面)2018年9月9日閲覧。
  6. ^ 富津市商工会
  7. ^ おさかなシート17 - マルアナゴ おさかなシート17-2 - マルアナゴの利用例。
  8. ^ 【仰天ゴハン】棒あなご(秋田県男鹿地方)「化石」を珍味に 漁師も粘る『読売新聞』朝刊2018年9月30日(別刷り「よみほっと」1面)。
  9. ^ 尚学図書(編)『日本方言大辞典』小学館、1989年、81頁。 
  10. ^ 尚学図書(編)『日本方言大辞典』小学館、1989年、80頁。 


「アナゴ」の続きの解説一覧

穴子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 09:58 UTC 版)

サザエさんの登場人物」の記事における「穴子」の解説

(あなご) 声 - 立壁和也1971年2月7日 - 不明)→若本規夫不明 - ) 演 - 武小手伸也 マスオ同僚親友悪友である。アニメ版テレビドラマ版のみ登場原作にも似た造形キャラクター登場する)。 マスオによると年齢27歳だが、やや老け顔個性的な顔付きをしている。 マスオは「穴子くん」と呼ぶ。磯野家波野家フグ田家とは血縁関係がないにもかかわらず海産物関係の名前を冠する数少ないネーミングである。 マスオには亭主関白装うが、実際尻に敷かれており、いわゆる恐妻家である。抜け目無い点もあって、妻を騙すようなことをしては、結局ばれて叱られるようなことを懲りずに何度もしている。しかも、たいていマスオ巻き込む。妻の缶型500円玉貯金箱から全額抜き取ってゲームセンターメダルすり替えマスオ一緒にパブ豪遊したが、結局足がついて叱られた。また、出店千円単位安物バッグ一流デパート手に入れた包み紙包装してあたかもそこで手に入れたかのように妻にプレゼントしてその見返りにいたわってもらえたが、ある日会社デスク保管した包み紙の山を後輩露知らずで穴子宅に発送されて、結局妻に叱られた。妻同士も夫の行動電話報告し合う等交流がある。 穴子夫人 声 - 塚田恵美子山本圭子川崎恵理子代役)→?(2022年5月15日) 演 - 北斗晶 名前は「タカコ」で群馬県出身1987年放送「にぶいマスオさん」(作品No.2761)において、穴子が家に電話したとき、電話出た奥さん対し「あっタカコか」と呼びかけるシーンがある)。 夫に厳しくあれこれねだられ穴子の小遣いは減る一方である。穴子が年末スナックなどをハシゴしている途中警官から職務質問受けた際に偶然居合わせた妻も一緒に穴子に質問するなど徹底している。 なお、かつては奥さん出番少なく以前ワンカットのみ登場した際にはわざわざ「穴子夫人」と注釈付きであった2007年に「穴子夫人」がメインとなる話が放送された(このとき、妻の趣味エステネイルサロンなどであることが判明している)他、同一キャラクター・声で何度登場している。 1973年8月12日放送わが家昆虫記」では、穴子が子供3人を連れてプールへ行くシーン登場するが、2021年現在では、穴子家に子供はいない設定となっている。 夫よりマスオへの信頼が厚い。 その他 穴子というキャラクターには原作モデル存在し朝日文庫版2896ページ収録話登場する男性がそれにあたる。 JAマイカーローンCMではマスオとともに出演している。 2010年にはフジテレビイベントお台場合衆国』での『めちゃ×2イケてるッ!』番組ブースに穴子の着ぐるみ海山商事模したセット展示され『めちゃイケ』番組内でも着ぐるみ動き若本が声をあててイベント宣伝行っていた。

※この「穴子」の解説は、「サザエさんの登場人物」の解説の一部です。
「穴子」を含む「サザエさんの登場人物」の記事については、「サザエさんの登場人物」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「穴子」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

穴子

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 13:52 UTC 版)

和語の漢字表記

 

  1. あなご参照

「穴子」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



穴子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「穴子」の関連用語

穴子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



穴子のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアナゴ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサザエさんの登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの穴子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS