クチャとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 沖縄大百科 > クチャの意味・解説 

クチャ Kucha ◇

中国新疆ウイグル自治区西部天山山脈南麓にあるオアシス都市漢代亀茲きじ)の名で知られ、隊商貿易中心地として繁栄仏教が盛んであったが、一一世紀以後イスラム化した。 庫車とも書く

くちゃ

連語
形容詞連用形活用語尾「く」に助詞「て」「は」の付いた「くては」の転。話し言葉でのくだけた言い方。くちゃあ。 毎日こう寒-かなわないては連語

クチャ

読み方:くちゃ

沖縄でしか取れない泥岩沖縄のクチャには地中海死海粘土同様の性質があることが最近研究でわかってきた。クチャの成分雲母、スメクタイト・クロライト・カオリナイトの100ミクロン以下の微粒子から成り、この微細粒子が強い化学的吸着性を持っていることに関係している。クチャの持つ美容効果科学的証明されたことを受け、クチャパックなどの新商品生まれている。

クチャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/03 16:59 UTC 版)

クチャ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クチャ」の関連用語

クチャのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クチャのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウルマックスウルマックス
©2020 Local Information Agent Co,Ltd
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクチャ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS