日本標準産業分類とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本標準産業分類の意味・解説 

日本標準産業分類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/14 10:01 UTC 版)

日本標準産業分類(にほんひょうじゅんさんぎょうぶんるい[1]英語: Japan Standard Industrial Classification [2]JSIC[3])とは、日本における産業分類のうち[4][5]20世紀半ばに成立して現在用いられているもの[6]、標準産業分類の日本版[6]を指す。日本の公的統計における産業分類を定めた総務省告示であり[2]、統計調査の結果を産業別に表示する場合の統計基準[1]として1949年(昭和24年)10月に設定されて以来、改定が重ねられてきた[6][7]


  1. ^ a b c 小学館『デジタル大辞泉』. “日本標準産業分類”. コトバンク. 2020年7月30日閲覧。
  2. ^ a b MIC.
  3. ^ デジタル大辞泉「JSIC」の解説(2021.12.22閲覧)
  4. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』. “産業分類”. コトバンク. 2020年7月30日閲覧。
  5. ^ 平凡社『百科事典マイペディア』. “産業分類”. コトバンク. 2020年7月30日閲覧。
  6. ^ a b c d 高島忠、小学館『日本大百科全書(ニッポニカ)』. “標準産業分類”. コトバンク. 2020年7月30日閲覧。
  7. ^ 日立デジタル平凡社世界大百科事典』第2版. “日本標準産業分類”. コトバンク. 2020年7月30日閲覧。
  8. ^ 国勢調査、勤務先やマンション階数、なぜ言わないといけないの? 総務省に聞いてみた - 毎日新聞
  9. ^ 日本標準産業分類 - 総務省
  10. ^ 高島 忠”. KAKEN. 文部科学省日本学術振興会. 2020年7月30日閲覧。
  11. ^ 高島 忠”. 日本の研究.com. 株式会社バイオインパクト. 2020年7月30日閲覧。


「日本標準産業分類」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本標準産業分類」の関連用語

日本標準産業分類のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本標準産業分類のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本標準産業分類 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS