宇治茶 文化

宇治茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/03 04:39 UTC 版)

文化

  • 江戸時代後期に古い茶木を加工したノベルティグッズとして「茶の木人形」が作られるようになった。明治末期にいったん途絶えたものの、大正時代に復活。平等院ミュージアム学芸員の田中正流が収集・復元を進めている(『日本経済新聞』文化欄2016年6月8日)。
  • 『宇治茶音頭』なるものが存在するという記述がされることがある[23]が、『宇治音頭』(作詞・酒井良夫、作曲・中山晋平)の題名を歌詞に引かれて誤認したものである[24][25]
  • 映画監督「宇治茶」(2013年公開『燃える仏像人間』監督、世界で初めて劇メーションによる長編映画を製作。同年第17回文化庁メディア芸術祭にてエンターテインメント部門文部科学大臣賞優秀賞受賞。京都嵯峨芸術大学出身)の名前の由来は宇治市在住だったことから。

参考文献

  • 『京都府の茶業』、京都府経済部糸蠶茶業課
  • 大石貞男 『日本茶業発達史』、農山漁村文化協会、1983年
  • 『宇治茶 名所絵から製茶絵へ』、宇治市歴史資料館、1985年
  • 吉村亨 『宇治茶の文化史』、宇治市教育委員会、1993年
  • 『山城・お茶の100年』、京都府立山城郷土資料館、2000年
  • 堀井信夫 『宇治茶を語り継ぐ』、アースワーク、2006年
  • 『宇治茶大好き!』、京都府茶協同組合
  • 京都府庁ホームページ「宇治茶の世界文化遺産登録
  • 宇治茶の文化的景観を世界文化遺産に

  1. ^ 宇治茶について公益社団法人・京都府茶業会議所(2018年2月12日閲覧)
  2. ^ 被覆栽培(覆い下栽培)京都府ホームページ(2018年2月12日)
  3. ^ 【仰天ゴハン】食べる抹茶/知りたい・宇治市/川霧が包む 新芽と歴史『読売新聞』2019年6月9日(よみほっと日曜版)2面。
  4. ^ お茶の京都京都府ホームページ(2018年2月12日閲覧)]
  5. ^ 京都府中丹広域振興局ホームページ
  6. ^ 日本最古の茶園栂尾山 高山寺(2018年2月12日閲覧)
  7. ^ 異制庭訓往来
  8. ^ 岡本望『やさしい宇治の歴史』文理閣 2006年 pp.154~155 
  9. ^ 『宇治市史2』宇治市役所 1979年 p.212 
  10. ^ この時の賞金をもとにして、平等院正門前に宇治製茶紀念碑が建立されている。宇治探訪 -お薦め観光スポット-
  11. ^ 茶業統計”. 京都府. 2014年4月19日閲覧。
  12. ^ 「山城茶業史」268項、山城茶業組合、1984年
  13. ^ お茶の京都京都府ホームページ(2018年2月12日閲覧)
  14. ^ お茶の京都のDMOの設立について京都府ホームページ(2018年2月12日閲覧)
  15. ^ お茶の京都博(2018年2月12日閲覧)
  16. ^ 宇治・上林記念館(2018年2月12日閲覧)
  17. ^ 福寿園CHA遊学パーク(2018年2月12日閲覧)
  18. ^ 福寿園茶問屋ストリートをオープンしました!福寿園・新着情報一覧(2017年10月3日)2018年2月12日閲覧
  19. ^ 京都・和束で「茶畑」の魅力開拓 星野リゾート進出『日本経済新聞』2018年1月31日
  20. ^ 「宇治茶」の産地表示で自主基準 京都府茶業会議所京都新聞』2004年3月25日
  21. ^ 許せない行為…宇治茶、台湾で無断商標登録申請読売新聞』2014年4月15日
  22. ^ a b c 京都山城宇治茶の郷めぐり”. 京都府. 2022年6月13日閲覧。
  23. ^ 本記事の過去の版や宇治で遊ぼう
  24. ^ (6)中筋丈夫著『飄々の殻』序から(1)洛南タイムス、2005年3月12日
  25. ^ 京都・宇治情報お茶の清水屋


「宇治茶」の続きの解説一覧




宇治茶と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宇治茶」の関連用語

宇治茶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宇治茶のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宇治茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS