おかあさんといっしょ 番組の保存状況

おかあさんといっしょ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/15 06:02 UTC 版)

番組の保存状況

テレビ黎明期の時代から続く長寿番組で、開始から1年間を除き帯番組として放送されている関係上、全部保存されていれば想定上莫大な数の映像が存在するが、NHKアーカイブスの保存番組検索で確認される限りにおいては、放送開始から1960年代前半の映像はほとんど残っていない(当時のテレビ番組の多くは使い回しが一般的だった2インチVTRで収録されていたため、NHK・民放とも現存数は少ない)。

1960年代に放送された番組の内、残っている映像で、テレビにおいて放送された実績(または番組ライブラリーで公開された実績)があるのは、1967年3月に放送されたブーフーウーの最終回とそのひとつ前の回、うたのえほんの中で放送された当時のうたのおねえさん中川順子が歌っている「アイアイ」の映像(モノクロ映像)や、初代たいそうのおにいさん砂川啓介が担当した「元気に一・二」の映像など数本である。この事から、番組開始から1970年代初頭までの出演者の一部については当時の映像が全く残っていないという結果を生み出している[注釈 70]。特に「うたのえほん」以外のコーナーの多くは映像が残っておらず、当時の資料として台本や写真しかないケースもあり、その中で比較的多く残されている人形劇においても、黎明期の作品ではキネコ映像で最後の2回、及び広報番組用に撮影されたカラーフィルムが残っていた「ブーフーウー」、本編保存は無いが辛うじて広報番組用に撮影されていたカラーフィルム映像がある「ダットくん」があるのみで、「とんちんこぼうず」と「とんでけブッチー」はVTRどころかフィルムやキネコ映像も現存していない。

ビデオ映像として最も古い保存作品は、出演者の浜井都が家庭用ビデオで録画していた「うごけぼくのえ」9回分であり、続く「ゴロンタ劇場」から「ブンブンたいむ」、これらと並行して土曜日に放送されていた「ミューミューニャーニャー」までの作品は放送用VTRおよび家庭用ビデオで散発的に数回の保存がある。放送期間が長期に及び、放映期間中に放送用VTRの保管が始まった「にこにこぷん」ですら、最初の2年間の放送回に未保存回があり、1984年度以降も放送用VTRでは残っていない回がある。また、残っている映像においても、1960年代のものはほぼ全てキネコ形式での録画の為、本放送当時より映像・音声の質が低下している。2014年には、俳優の高橋元太郎がVHSにダビングして保管していた「うたいっぱい」の最終回(1967年3月放送)を提供している[注釈 71]

その後1970年代以降になると、視聴者提供を中心とした家庭用ビデオテープに録画されたものを含め保存本数も増え[注釈 72]、1984年度からはNHKが総合テレビの1日の放送を送出状況の確認の為家庭用VTRで録画するようになり、そこから抜粋する形でほぼすべての回[注釈 73]が保存されている(放送用VTRの形での完全保存開始時期は不明[注釈 74])。1998年度までは、番組が二部構成に分かれていたこと、さらに地方収録では後半から映像回線を収録担当局に切り替えて放送していた経緯から、人形劇など前半分テープと歌・体操など後半分テープとが別々に分かれたVTRが1回につき2本出てくることがあるが、保存時には1回分として1本のVTRにまとめて保存されている。

また、ハイビジョン化(MUSE方式)した1995年10月放送分〜2004年度ごろまでは、地上波用にサイドカットしたものと2002年度まで衛星放送で実施していたハイビジョン放送用に分けて(あるいはいずれか一方が)保存されている回があり、2012年7月15日に再放送された1999年10月4日の回は、ハイビジョン化後の回であるが、当時地上波で放送した標準画質版で放送されている。この他、1回分の放送テープとは別に番組内で放送した事前収録の歌クリップも別途保管されているケースがある[注釈 75]


注釈

  1. ^ このうち、1999年の場合は新年度1回目放送の冒頭で卒業のあいさつを行った後、新体制での放送に接続したため番組内での共演はなかったが、同年5月のファミリーコンサートで新旧共演が実現し、最後に改めて引き継ぎが行われている。
  2. ^ 「夢のなか」はのちに、おかあさんといっしょ内でも1998年11月の歌として放送され、坂田と神崎の後任のおにいさん・おねえさんの速水けんたろう茂森あゆみが歌った。
  3. ^ ドン・ガバチョ、トラヒゲ、博士、チャッピ、ガラクータ(『ひょっこりひょうたん島』)、モンタ、ソラミ、ゴロリ、ヒョロリ(『ともだちいっぱい』)、はに丸(『おーい!はに丸』)。
  4. ^ リニューアル当初は体操も番組中盤に移動しており、たいそうのおにいさんの歌コーナーへの出演もなくなっていたが、1か月ほどでに従来の形に戻った。
  5. ^ 『ぐ〜チョコランタン』、歌のコーナー、体操のコーナーなど一部のコーナーは『あつまれ!わんパーク』の週末版およびその後継番組『ニャンちゅうといっしょ』内で別々に放送。
  6. ^ 字幕の色分けは、うたのおにいさん(2022年現在は花田ゆういちろう):黄色、うたのおねえさん(2022年現在はながたまや):水色、たいそうのおにいさん(2022年現在は福尾誠):緑色、それ以外(たいそうのおねえさん(2022年現在は秋元杏月)含む。):白色。また、出演者が演じているキャラクター(すりかえかめん、かぞえてんぐ、シルエットはかせ、プリンセス・ミミィなど)も別人扱いのため白色。
  7. ^ 単発特番では2021年6月29日と2021年9月23日に「歌のリクエストスペシャル」を18時台に編成した実績がある。
  8. ^ 曲クレジットは「ガラピコぷ〜」と表記。

出典

  1. ^ かつては、NHK総合テレビNHK衛星第2テレビNHK衛星ハイビジョンでも放送されていた。
  2. ^ アナログハイビジョン時代に制作された映像に関しては、デジタルハイビジョンにリサイズして放送。
  3. ^ なおNHKホールでのファミリーコンサートでは、NHKホールが比較的早期に設備を導入したので、1991年秋公演から使用されている。2010年7月にアナログ放送で16:9レターボックスサイズでの放送に変更。
  4. ^ ハイビジョン制作開始後から地上デジタル放送開始までに地上波の総合テレビもしくは教育テレビで放送された映像に関して、当時の放送でサイドカットされた映像は2003年12月以降のNHKにおける何らかの形での再放送ではサイドカット無しで放送されている。また、1990年代から2000年代初頭に放送された作品が収録された映像ソフトに関してもVHSでは4:3サイズ、DVDでは一部のアニメーションを16:9サイズにコンバートして販売していたものもある。
  5. ^ 2022年4月2日までは白地にカラフルな文字のロゴを使用していたが、2022年4月4日からはエンディングと同じく赤地に白文字となっている。
  6. ^ 現在使用されている後者の番組ロゴに関しては、雲の形、番組タイトル部分の書体に数パターンほど存在し、特にCD・DVD等では時代、発売元のレコード会社によって用いられるバージョンが異なっている。
  7. ^ 1世帯当たり。よって、双生児をはじめとした多胎児で生まれた兄弟姉妹、抽選対象期間が重複する年子など同一世帯に応募資格のある子供が複数ある場合は1度の応募で同時に応募可能であり、当選すれば揃って出演することが可能なよう配慮されている。
  8. ^ 公式なアナウンスはないが、震災に伴う計画停電の影響とされている。これにより、スタジオの歌のコーナーにポコポッテイトのキャラクターが代わりに参加。また子供が参加する形式の「すりかえ仮面」と「お絵かきブギウギ」は休止され、ビデオクリップの歌を増やして時間を調整。「ゴッチャ」と「ぱわわぷたいそう」は特集期間向けのビデオクリップを使用していた。
  9. ^ スタジオの歌のコーナーはガラピコぷ〜のキャラクターが代わりに参加するが、おにいさん、おねえさんのみで進行する場合もある。子供が参加する形式の「ガラピコにんじゃしゅぎょう」、「シルエットはかせ」、「プリンセス・ミミィ」は、その日コーナー担当ではないおにいさん、おねえさんが子供に代わって参加。体操は、特集期間向けのビデオクリップか子供不在のスタジオ収録映像のいずれかを使用、スタジオ収録分にはカメラ1台によるフルショットのみの映像もある。事態の長期化に伴い、2020年冬特集からは子供がリモートで体操に参加する「みんなで からだ☆ダンダン」も放送される。
  10. ^ 2017年春以降のNHKホール開催分の総集編。卒業メンバーの横山だいすけ・小林よしひさ・上原りさとの共演シーンが放送された。
  11. ^ a b あつまれ!わんパーク」のオープニングの影響で厳密には8:31スタートの時期(01年度〜02年度)がある。夕方も先述の理由で、16:21スタートのときあり。
  12. ^ 番組では一貫して『○○のおねえさん(○○は担当するコーナー。例:上原りさは「パント!」のおねえさん)』と呼ばれる。
  13. ^ 今井ゆうぞう横山だいすけ劇団四季出身、花田ゆういちろう文学座付属演劇研究所出身、はいだしょうこ宝塚歌劇団出身で入団以前は童謡歌手、杉田あきひろは元々はミュージカル俳優。
  14. ^ その他の出演者では、しゅうさえこ神崎ゆう子いとうまゆなど、歴代おねえさんにおいても楽曲提供の実績がある。
  15. ^ 2021年9月時点での歴代出演者の出演期間最長記録保持者は、うたのおにいさんが横山だいすけの9年、うたのおねえさんが三谷たくみかまだみき(BS版)の8年、たいそうのおにいさんが小林よしひさの14年、身体表現のおねえさんが馮智英の約14年(パイロット版時代を含む)。また、総合的には古今亭志ん輔(志ん輔ショー)と佐藤弘道(あそびだいすき出演も含む)の15年が最長となる。
  16. ^ 直近では8代目うたのおにいさんである速水けんたろうがこれに該当し、番組出演中も番組出演前から用いていた『谷本憲彦』名義での歌唱を含め、アニメや特撮の楽曲での歌手活動を並行し、番組とは別に個人でもファミリーコンサートを開催していた。
  17. ^ 例としては、2000年度から2002年度にかけて放送された「みんなの広場だ!わんパーク」に、番組OB・OGに加えて当時の現役出演者が定期的にゲスト出演していたケースがある。
  18. ^ 例外として、東日本大震災直後にNHKのラジオ放送に2011年当時の出演者がゲストで生出演した事がある他、NHK紅白歌合戦には、第61回(2010年)第69回(2018年)で企画コーナーに放送当時のレギュラー出演者が出演したケースがある。
  19. ^ コーナーの放送終了日は2016年3月31日、番組卒業日は4月2日。三谷たくみ共々、通常放送の出演は3月31日をもって終了。
  20. ^ ガラピコのみ番組初出演は2016年4月6日
  21. ^ コーナー自体は2022年3月30日をもって放送終了。
  22. ^ 基本的に通常収録で新年のあいさつを述べる場合と、お正月テイストの特別編成の場合とがある。
  23. ^ ただし、3月最終土曜日は全国版ファミリーコンサートの当該年度最終公演の放送が行われる事が多い為、最終週の木曜日または金曜日に行われることが多く、場合によっては、翌週の新年度第1回目で引き継ぐケースもある。また、引き継ぎなしで卒業するおにいさん・おねえさんの挨拶のみにとどめる場合もある。
  24. ^ 「トライ!トライ!トライ!」の中で放送時間の変更や5日からのリニューアルの告知、およびこれまでを振り返って再放送をしている旨といつ放送されたものかが字幕で流れた。卒業のあいさつは、新年度1回目の4月5日放送の冒頭で古今亭志ん輔及び速水けんたろう茂森あゆみ松野ちかが出て行われ、その後新しいOPが放送されて新体制の放送へと接続した。内容の再編集は行わなかったため、OPが29日まではアスペクト比4:3サイズ収録のもの、体操も30日まで「ぞうさんのあくび」、さらに29日・30日の「トライ!トライ!トライ!」も1994・95年度放送分のため旧バージョンという状態で放送された。
  25. ^ 当時のお兄さん、お姉さん、ぐ〜チョコランタン出演の時代劇風ドラマである。26日から29日に4部構成で放送。ストーリー終了後の体操「あ・い・うー」は舞台を背景に、子供達も昔の衣装を着て行った。
  26. ^ 「ぐ〜チョコランタン」自体の最終話は3月19日に放送。この日は2008年夏に放送された長編が再放送された。
  27. ^ a b c 同局で放送されている『ピタゴラスイッチ』とのコレボレーション企画であり、後に本家『ピタゴラ』の方でも放送された。
  28. ^ 最終回放送後、「モノランモノラン」の放送終了告知と主人公3人からの挨拶があった。
  29. ^ 当初、名取市では2011年度最後のファミリーコンサートが行われる予定だったが、東日本大震災の影響で使用予定であった会場が損壊し、復旧のめどがつかなかったため中止となり、その代用企画としてこの収録が実施された。また、2012年9月22日に1年越しに昨年予定していた会場でのコンサートも開催された。
  30. ^ 本来は8月10日の夕方(朝の放送は、もともと予定されていた高校野球中継放送のため休止)に初回放送される予定だったが、この日夕方に参議院本会議にて社会保障と税の一体改革法案の採決があり、18:00まで高校野球中継を放送する予定だった総合テレビが急遽16:00より臨時ニュースを放送したため、高校野球はEテレに移動して放送し夕方の放送も休止となった。翌週はファミリーコンサート分割放送後再び夏特集再放送が予定されていたため、8月24日に改めて放送された。
  31. ^ ボッチ版にはない2番の歌詞が存在する。
  32. ^ 『おかあさんといっしょ』が大好きなカメのキャラクターで、若く見えるが年齢は3500歳。自身が所有する様々な玉手箱を開け、番組の歴史を紹介した。なお、番組内ではお兄さん・お姉さんとは現役・歴代どちらとも直接対面していない。
  33. ^ 現在(『デ・ポン!』のおねえさんを卒業直後に改名)の芸名は「きよこ」だが、この時は現役当時の芸名である「タリキヨコ」名義で出演した。
  34. ^ a b この日はノンクレジット。
  35. ^ 青森県田舎館村で番組60周年を記念して作られた、『ガラピコぷ〜』のキャラクターの田んぼアートを撮影した映像。
  36. ^ 花田ゆういちろうと小野あつこによる歌唱。
  37. ^ ガラピコぷ〜の3人による歌唱。
  38. ^ この日は3月のファミリーコンサート釧路公演を放送する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止を考慮して公演が中止となった。同様の理由で中止となった2月・3月の豊田公演は3月21日に放送予定だった(代替放送は、2017年度と2018年度のファミリーコンサート特集)。
  39. ^ 奇数日はお兄さん・お姉さん、偶数日はガラピコぷ〜の3人によるミニミュージカル。奇数日は「ガラピコぷ〜」1話を追加して、偶数日は歌のクリップ映像を増やして放送した。
  40. ^ 花田ゆういちろうによるピアノ弾き語り
  41. ^ 花田ゆういちろうと小野あつこによるピアノ伴奏
  42. ^ 元々は、作詞作曲を手がけた8代目うたのおにいさん速水けんたろうのライブで歌われていた持ち歌であり、2015年度の『ポコポッテイトがやってきた!』の速水出演公演でのエンディングでも歌われた他、速水自身によるバージョンが2014年にリリースしたシングルに収録されている。
  43. ^ a b 1971年度に放送された物と、2008年度から2012年度まで放送された物(『なんだっけ?!』の前身)の2種類が存在する。
  44. ^ いずれも1994年3月で一旦終了したが、1996年4月に復活。
  45. ^ 稀に双子で出演している子供などが選ばれる場合もあり、この場合はきょうだい揃って参加する。
  46. ^ これは「ざぶーん!小さい波〜大きい波〜」という、津波を連想させるフレーズが存在する事情による。
  47. ^ 水木は当時うたのおにいさんを務めており、ファミリーコンサートなどの特例を除き、現役のうたのおにいさんが体操の楽曲の歌唱を担当した唯一の実例となっている。
  48. ^ 1996年5月開催のファミリーコンサート「音楽博士の楽しいコンサート」では、開始初期の振付で体操しており、当時発売されたVHSにも収録されている。
  49. ^ 「フラダンス」、「フラフープ」、「フライパン」、「フランケンシュタイン」、「フラメンコ」など、いずれも「フラ」で始まる言葉。小林が「すりかえかめん」を受け持つ火曜日限定で変更されていた。
  50. ^ 映像は実際に現地で収録したものと、合成が混合している。
  51. ^ 桑田は2015年度の冬特集にてサンタクロース役でゲスト出演し、この回の「ブンバ・ボーン!」は桑田が生で歌唱した。
  52. ^ 椅子やベッドに座っても、足を伸ばしても曲げても、転倒に気を付けて無理なく体操できればどのように座っても良い。
  53. ^ ビデオクリップ版のみ。
  54. ^ a b c d e 一部の回のみ参加。
  55. ^ 1995年10月からの一時期のみ、当時のたいそうのおにいさんである佐藤が体操からの流れで「体操の後は、ドレミファ列車!」と言って始まっていた。
  56. ^ 1993年4月5日は、新旧交代の日であり下記のメンバーで放送され、終わりの合図は佐藤弘道が行った。近年とは異なり週の始まりの月曜日に放送したため、スタッフロールが流れている。この回に関しては、NHKの番組公開ライブラリーで視聴することができる。
  57. ^ 就任初期(1994年)の頃は、参加していない回が存在する。
  58. ^ ファミリーコンサートでは『ドレミファ・どーなっつ!』や『ぐ~チョコランタン』の他のメンバーも、エンディングに登場していた。
  59. ^ 2005年4月1日では新旧交代の日のため、体操のお兄さん・身体表現のお姉さんとなる小林よしひさ・いとうまゆも同時に担当。
  60. ^ 但し、2013年6月3日放送分から6月7日放送分までの1週間のみ横山の体調不良により、横山の担当部分を当時の歌のお姉さんだった三谷たくみが代行した。
  61. ^ ガラピコのみ、先述通り4月11日から登場。
  62. ^ この回は、『ガラピコぷ~』のメンバーはエンディング未登場。
  63. ^ 但し、最後の使用となった2022年4月2日のみ、花田と小野の2名で担当した。
  64. ^ 通常放送でのハンドゲート部分やファミリーコンサートで出演者が挨拶を行う部分にも、歌詞が当てられている。
  65. ^ これは小林と上原が卒業し、福尾と秋元が就任したことに伴うもので、引き続き出演した花田と小野の衣装も変更されている。
  66. ^ 福尾・秋元とキャラクターはスタジオの後方に並んで踊っていた。
  67. ^ ビデオクリップ版のアニメーションも担当。
  68. ^ なお、上原は本人としては劇中は未登場で、エンディングテーマ「地球ぴょんぴょん」の1カットでのみ登場している。
  69. ^ 2002年3月10日に埼玉県草加市の草加市文化会館であった「ぐ〜チョコランタンがやってきた!」では当時現役のうたのおにいさんだった杉田あきひろが出演したケースなど。
  70. ^ うたのおにいさんと身体表現のおねえさんは、歴代全員の出演映像が現存しているが、うたのおねえさんは初代の真理ヨシコ(うたのえほん出演当時分。ただし、うたのおねえさん退任後の後述の『うたいっぱい』出演時の映像が存在する為、『おかあさんといっしょ』出演当時の映像が一切無い訳ではない)、8代目の斉藤昌子と森晴美の出演映像が、たいそうのおにいさんは4代目の向井忠義と小西幸男の出演映像が現存していないため、歴代出演者を取り上げる場合に写真のみで紹介されるケースが多い
  71. ^ 高橋は「うたいっぱい」にゲンちゃんとして出演し、今の番組で言ううたのおにいさんの役を担当。なお、この回が発掘されたことによって、それまで映像が現存しない為出演当時の様子は専ら写真と音源のみでの紹介であった、初代うたのおねえさんの眞理ヨシコが「おかあさんといっしょ」レギュラー出演者として映っている映像が発見されるという事にもなった。
  72. ^ 出演者提供の映像もあり、初代うたのおにいさんである田中星児からは、母親が家庭用VTRで田中出演部分を中心に録画したビデオテープ(放送自体はこの当時既にカラーだったが、デッキの仕様で提供された映像の大半がモノクロ)を提供している。
  73. ^ 総合テレビ放送分のみが該当する為、再放送が教育テレビに移行した1985年度以降の放送回で朝の本放送が休止になった回については不明な点がある。
  74. ^ 1979年から1985年までは散発的に放送用VTRで残っている回が存在しており、その一部回は番組公開ライブラリーにおいて公開されている。その一方で、NHK番組発掘プロジェクトのホームページ内にある、16代目うたのおねえさんの神崎ゆう子が東京放送児童合唱団在籍時に歌はともだちに出演した時の映像が発掘されたという記事で、神崎の初登場回である1987年4月6日放送分も紹介しているが、この時使用した画像が先述の放送同録のビデオテープからの抜粋映像から引用したものである為、少なくとも1987年時点ではまだ放送VTRでの完全保存が始まっていない事が判明している。
  75. ^ 例としては、2019年に60年スペシャル内で放送した1999年3月の歌「あしたははれる」のクリップは、今月の歌として放送されていた為、当時の放送では使用されなかった歌詞テロップ無しのバージョンかつハイビジョン収録の映像がデジタルハイビジョンサイズにリサイズの上で放送されている為、クリップ単体の収録テープが現存している事が判明している。
  76. ^ テロップでは2003年7月15日放送と表示されたものの、体操の終盤に登場したうたのおにいさん・おねえさんが杉田あきひろとつのだりょうこだったため、誤りである事が判明している(テロップの日付が正しければ、うたのおにいさん・おねえさんは今井ゆうぞうとはいだしょうこである)。
  1. ^ にじのね「おかあさんといっしょ」がHD製作し始めたのはいつから?
  2. ^ みなさまの声にお応えします | 特に多くいただくご質問
  3. ^ テレビコ - 制作者インタビュー:おかあさんといっしょ
  4. ^ a b 古今亭志ん輔オフィシャルサイト.プロフィール
  5. ^ 林アキラ. “お疲れ様、そしてこんにちは”. 林アキラのAKIRAKIA. livedoor Blog. 2017年3月19日18:37閲覧。
  6. ^ 「NHKトピックス」『放送教育』第47巻第7号、日本放送教育協会、1992年10月1日、 79頁。NDLJP:2341131/40
  7. ^ NHK『みんなのうた』12月~1月放送の新曲が決定、知久寿焼が歌う『おかあさんといっしょ』との初コラボ曲も (CDジャーナル)
  8. ^ a b c d e 映画おかあさんといっしょ公式サイト
  9. ^ おかあさんといっしょ60年の歩み
  10. ^ Perfumeが歌う「はみがきじょうずかな」がEテレ「おかあさんといっしょ」でオンエア 音楽ナタリー、2019年10月1日 0:55閲覧。
  11. ^ 『おかあさんといっしょ』菊池寛賞に決定「情操を育み続ける」 Infoseekニュース、2019年10月18日 15:20閲覧。
  12. ^ 「おかあさんといっしょスペシャルステージ2020」 開催中止のお知らせ
  13. ^ Eテレ「おかあさんといっしょ」春から午後6時台に NHK「保育園児の帰宅時間のピークである時間帯に」”. 日刊スポーツ. 2022年2月10日閲覧。
  14. ^ 2022年度(前半期)放送番組時刻表”. NHK. 2022年2月10日閲覧。
  15. ^ a b c NHKアーカイブス 番組発掘プロジェクト
  16. ^ “「おかあさんといっしょ」“体操”をリニューアル!!” (プレスリリース), 日本放送協会, (2014年2月28日), http://www2.nhk.or.jp/pr-movie/detail/index.cgi?id=01_0003 2014年3月2日閲覧。 
  17. ^ NHK DVD「懐かしのこども番組グラフィティー ~おかあさんといっしょクロニクル~ 」NHKエンタープライズ 2004年
  18. ^ 『おかあさんといっしょ』“体操のお姉さん”新設 初代の秋元杏月が意気込み「元気とパワー届ける」”. オリコンニュース (2019年2月18日). 2019年2月18日閲覧。
  19. ^ a b 特集 なつかしの番組 おかあさんといっしょ「ハイ・ポーズ」-NHKアーカイブス
  20. ^ Discography 「そこまでレアじゃない」 - ヤバイTシャツ屋さん 公式サイト
  21. ^ ヤバT×NHK 〜公共放送のこと、知ってほしい!〜 「案外わるないNHK。」byヤバイTシャツ屋さん
  22. ^ 「映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険」”. 映画.com (2018年2月15日). 2018年9月20日閲覧。
  23. ^ 『映画 おかあさんといっしょ すりかえかめんをつかまえろ!』公式サイト
  24. ^ 『キネマ旬報』2021年3月下旬特別号 p.53
  25. ^ 『映画 おかあさんといっしょ ヘンテコ世界からの脱出!』公式サイト
  26. ^ キネマ旬報』 2022年3月下旬特別号 p.39






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「おかあさんといっしょ」の関連用語

おかあさんといっしょのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



おかあさんといっしょのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのおかあさんといっしょ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS