WLLとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > WLLの意味・解説 

WLL

フルスペル:Wireless Local Loop
読み方ダブリュエルエル

WLLとは、通信事業者加入者宅を、無線によって直接接続するネットワークシステムのことである。22GHz、26GHz、38GHzの3つの周波数帯使用して通信を行うものである

接続方式には2種類ある。2基の無線局1対1通信を行うPoint to PointP2P方式高価高速タイプとなっており、伝送距離最大約4kmで最大速度約156Mbpsである。他方、1基の無線局周辺にある複数無線局1対多通信を行うPoint to Multiple PointP-MP方式安価低速タイプとなっており、半径約1km以内複数ユーザで10Mbps程度回線共有して通信が行なうことが可能である。

加入者と通信事業者間の回線無線回線使用することで、ケーブル敷設にかかるコストを減らすことができ、NTT回線利用しなくても通信サービス提供することが可能となる。また、現行の有線によるデータ通信サービス数分一から数十分の一の低価格実現できるといわれている。

既に、1999年から企業拠点通信サービスが提供されており、インターネット接続サービスとしては1999年10月から日本テレコムが「ODNエアリンク」の名称で試験サービス開始し、2000年7月にはソニーが「bit-drive」の名称で提供を開始している。また、この技術応用することにより、近年では、「WiMAX」という名称で、同様のサービスが行われている。

無線通信に関する国際標準化団体ITU-Rが、1999年FWA呼称することを勧告している。

無線通信のほかの用語一覧
その他無線通信:  t.free  ダイバーシティアンテナ  WiMAX  WLL  Wireless MAN  ワイヤレスUSB  xMax

無線アクセス

(WLL から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/25 09:50 UTC 版)

無線アクセス(むせんアクセス)は信号を伝えるケーブルの代わりに無線電波)を使うデータ通信サービスの総称。無線アクセスシステム。GHz帯を使うものが多い。




  1. ^ (Worldwide Interoperability for Microwave Access)
  2. ^ CISCO製品
  3. ^ ARIB-STD-T108
  4. ^ J52/W52/W53チャンネルは屋内利用に限られる。また、また、W53/W56チャンネルにはDFS (Dynamic FrequencySelection)およびTPC(Transmit Power Control)機能の装備が義務付けられる。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「WLL」の関連用語

WLLのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



WLLのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリWLLの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの無線アクセス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS