逆修とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 逆修の意味・解説 

ぎゃく しゅ [0] 【逆修】

〘仏〙
生前にあらかじめ死後の冥福を祈って仏事を行うこと。予修
生き残った老人若くして死んだ者の冥福を祈ること。
正し修行にそむき、真理から遠ざかっていく行為。 ⇔ 順修
仏事繰り上げて行うこと。予修げきしゅう

逆修

読み方:ギャクシュ(gyakushu)

平安中期仏教語。


ぎゃくしゅ 【逆修】

仏教用語生前にあらかじめ自分死後の冥福を祈るための仏事をすること。そのため建てる石塔婆を逆修塔という。墓石自分戒名刻みを入れたりするのも逆修という。法然信者の逆修仏事に招かれて導師をし、説法したその記録を『逆修説法』と呼んでいる。逆善とも(正し修行に背くことや若者の死を老人弔うことにもいう)。

法要

(逆修 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/05 15:47 UTC 版)

法要(ほうよう)とは、






「法要」の続きの解説一覧



逆修と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「逆修」の関連用語

逆修のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



逆修のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの法要 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS