逆縁とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 逆縁の意味・解説 

ぎゃく えん [0] 【逆縁】

〘仏〙 仏法にそむいた悪事が、逆に仏道に入るきっかけとなること。 ⇔ 順縁
年長者年下の者の法事をすること。親が子の法事をする場合などにいう。 ⇔ 順縁
順序が逆であること。 「 -ながらと妹をのぞまれる/柳多留 27

ぎゃくえん 【逆縁】

仏教で、仏法を誹ったりしたことが、かえって仏道に入る機因となることをいう。また親が先立った子を供養したり、生前仇敵供養したりすることにもいう。この反対順縁という。

逆縁(けつわれ)

作者安部譲二

収載図書泣きぼくろ
出版社講談社
刊行年月1988.12

収載図書泣きぼくろ
出版社講談社
刊行年月1991.12
シリーズ名講談社文庫


逆縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/24 17:25 UTC 版)

逆縁(ぎゃくえん)とは、仏の教えを素直に信じない(縁に背く)こと、またはそのような救い難い人をいう。順縁の反対語。また、仏法を誹謗したことがかえって仏道に入ることを指して言う場合もある。






「逆縁」の続きの解説一覧



逆縁と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「逆縁」の関連用語

逆縁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



逆縁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの逆縁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS