王仁 王仁の概要

王仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/04 18:47 UTC 版)

王仁(『前賢故実』より)
大阪府枚方市の伝 王仁墓

記録

王仁に関しての記述が存在する史書は『古事記』『日本書紀』『続日本紀』などである。それぞれの記述は以下のようになっている。

日本書紀

王仁に関するもっとも詳細な記述は日本書紀のものであり、百済からの使者阿直岐(あちき)を介して、来朝したという。

『日本書紀』 巻第十(応神紀)
原文 現代語訳
十五年秋八月壬戌丁卯、百濟王遣阿直岐、貢良馬二匹。即養於輕阪上廄。因以阿直岐令掌飼。故號其養馬之處曰廄阪也。阿直岐亦能讀經典。及太子菟道稚郎子師焉。於是天皇問阿直岐曰、如勝汝博士亦有耶。對曰、有王仁者。是秀也。時遣上毛野君祖荒田別・巫別於百濟、仍徵王仁也。其阿直岐者阿直岐史之始祖也。

十六年春二月、王仁來之。則太子菟道稚郎子師之、習諸典籍於王仁莫不通達。所謂王仁者 是書首等始祖也。

十五年(404年)秋八月、壬戌朔の丁卯(6日)に、百済王は阿直岐を遣わして、良馬二匹を貢いだ。そこで、軽(現在の奈良県橿原市大軽町の辺り)の坂の上の厩で飼わせた。そうして阿直岐に任せて飼わせた。それゆえ、その馬を飼った所を名付けて厩坂という。阿直岐はまた、経典をよく読んだ。それで、太子菟道稚郎子は、阿直岐を師とされた。ここに、〔応神〕天皇は阿直岐に問うて言われた。「もしや、お前に勝る学者は他にいるのか」。答えて言った。「王仁という人がいます。すぐれた人です」。そこで上毛野君(かみつけのきみ)の先祖である荒田別(あらたわけ)と巫別(かんなぎわけ)を百済に遣わせ、王仁を召しださせた。その阿直岐は、阿直岐史(あちきのふびと)の始祖である。

十六年春二月、王仁は参った。そこで菟道稚郎子は王仁を師とされ、もろもろの典籍を王仁から習われ、精通していないものは何もないようになった。いわゆる王仁は、書首(ふみのおびと)らの始祖である。


古事記

『古事記』(中巻・応神天皇二十年己酉)
原文 現代語訳
又、科賜百濟國、若有賢人者、貢上。故受命以貢上人名、和邇吉師。即論語十卷・千字文一卷、并十一卷、付是人即貢進。〔此和邇吉師者、文首等祖〕 天皇はまた百済国に「もし賢人がいるのであれば、献上せよ」と仰せになった。それで、その命を受けて〔百済が〕献上した人の名は和邇吉師(わにきし)という。『論語』十巻と『千字文』一巻、合わせて十一巻を、この人に附けて献上した。〔この和邇吉師が、文首(ふみのおびと)の始祖である〕

和邇吉師によって『論語』『千字文』すなわち儒教と漢字が伝えられたとされている。『論語』は註解書を含めて10巻と考えればおかしくはないが、『千字文』は和邇吉師の生存時はまだ編集されておらず、この記述から和邇吉師の実在には疑問符がつけられることも少なくない[26]帰化した複数の帰化人学者が、『古事記』編纂の際にひとりの存在にまとめられたのではないかとされる説もある。[要出典]

続日本紀

続日本紀』によると、子孫である左大史・正六位上の文忌寸(ふみのいみき)最弟(もおと)らが先祖の王仁は皇帝の末裔と桓武天皇に奏上したという記述がある。

『続日本紀』巻第四十 桓武天皇 延暦十年(791年)四月戊戌[27]
原文 訓読
○戊戌、左大史正六位上文忌寸最弟・播磨少目正八位上武生連真象等言、文忌寸等、元有二家。東文称直、西文号首。相比行事、其来遠焉。今、東文挙家、既登宿禰、西文漏恩、猶沈忌寸。最弟等、幸逢明時、不曲察、歴代之後、申理尤由。伏望、同賜栄号、永貽孫謀。有勅、責其本系。最弟等言、漢高帝之後曰鸞。々之後、王狗、転至百済。百済久素王時、聖朝遣使、徴召文人。久素王、即以狗孫王仁貢焉。是文・武生等之祖也。於是、最弟及真象等八人、賜姓宿禰 戊戌八日左大史さだいし正六位上ふみ忌寸最弟もおと播磨はりまの少目せうさうくわん正八位上武生たけふ真象まかたまうさく、「ふみ忌寸ら、もと二家有り。東文やまとのふみは直としようし、西文かふちのふみは首とがうす。相比あひならびてわざおこなふこと、そのきたれることとほし。いま東文やまとのふみいへこぞりてすでに宿禰にのぼり、西文かふちのふみめぐみれてなほ忌寸にしづめり。最弟もおとさきはひ明時めいじひて、つばひらかることをかがふらずは、のちことわりまうすとも由尤よしなからむ。してのぞまくは、おなじく栄号えいがうを賜はりてなが孫謀そんぼうのこさむことを」とまうす。みことのり有りて、その本系もとつすぢめしめたまふ。最弟もおとまうさく、「かん高帝かうていのちらんふ。らんのち王狗わうくうつりて百済くだらいたれり。百済くだら久素王くそわうとき聖朝せいでう使つかひつかはして、文人ぶんじんまねきたまへり。久素王くそわうすなはうまご王仁わにたてまつりき。これふみ武生たけふらがおやなり」とまうす。ここに、最弟もおと真象まかたら八人に姓宿禰すくねたまふ。

これに従えば、漢高帝の子孫「鸞」なる人物の子孫の「王狗」が百済に渡来し、その孫の王仁が渡来して文氏、武生氏らの祖先となったことになる。この伝承は後の『新撰姓氏録』の記述にもみえる。

王仁は高句麗に滅ぼされた楽浪郡出身の中国人系の学者とされ、百済に渡来した中国人の家系に連なり、漢高帝の末裔であるとされる。

新撰姓氏録

新撰姓氏録』には、「諸藩」の「漢」の区分に王仁の子孫の諸氏に関しての記述がある。文宿禰(左京)に「出漢高皇帝之後鸞王也」、文忌寸(左京)に「文宿禰同祖、宇爾古首之後也」、武生宿禰(左京)に「文宿禰同祖、王仁孫阿浪古首之後也」、櫻野首(左京)に「武生宿禰同祖、阿浪古首之後也」、栗栖首(右京)と古志連(河内国と和泉国)にはそれぞれ「文宿禰同祖、王仁之後也」とある。

『新撰姓氏録』の「諸藩」の「漢」の区分より
原文 現代語訳
文宿禰(左京)
出漢高皇帝之後鸞王也 祖先は漢の帝室に出自を持つ「鸞王」である。
文忌寸(左京)
文宿禰同祖、宇爾古首之後也 現代語訳
武生宿禰(左京)
文宿禰同祖、王仁孫阿浪古首之後也 現代語訳
櫻野首(左京)
武生宿禰同祖、阿浪古首之後也 現代語訳
栗栖首(右京)と古志連(河内国と和泉国)
文宿禰同祖、王仁之後也 現代語訳

祖先が漢の帝室に出自を持つ「鸞王」である点などが、『続日本紀』と対応している。また、孫の名として「阿浪古首」が記されている。

古語拾遺

古語拾遺』では

『古語拾遺』一卷 加序より[28]
原文 現代語訳
至於輕嶋豐明朝 百濟王貢博士王仁 是河内文首始祖也 (中略) 至於後磐余稚櫻朝 三韓貢獻 奕世無絶 齋藏之傍 更建内藏 分收官物 仍 令阿知使主與百濟博士王仁 計其出納 始更定藏部 軽島豊明朝(応神天皇)の時に百済王が博士王仁を貢ぎ、王仁は河内の文首の祖となり、後磐余稚桜朝(仁徳天皇)の時に斎蔵に内蔵の蔵部を定め、出納を百済博士王仁にさせた。

とする。

各説

日本書紀』や『新撰姓氏録』には、百済に渡来した中国人であるとされ、支持する研究者が多い[2][3][5][6][7][9][10][11][12][13][14][15][17][18]。この場合、王仁の姓である「王」は、高句麗に滅ぼされた楽浪郡中国人の王氏とする説がある[4][8][16]。朝鮮半島の人間が中国風の一字姓を名乗りはじめるのは統一新羅以降の風習で、当時の百済の人間が王姓を名乗っているとは考えにくく、この点から考えても中国系渡来人の家系ではないかと推測されている[29]。前漢が紀元前108年に朝鮮半島に置いた楽浪郡では官吏に王氏が多く、313年高句麗楽浪郡を滅ぼすと王氏は百済に亡命した[30]。日本が369年に新羅を征討すると、百済が日本へ政治的保護を求めた際に文化を日本に輸出し、こうした背景のなか王仁も訪日したともいわれる[30]。一方、津田左右吉をはじめ実在を疑問視する説も多数あり[31][30][19][20][21][22][23][24][25]山尾幸久は儒教を伝えた実在の王辰爾(王智仁)の功績に基づいて渡来人らが作成した伝承とする[1]


[ヘルプ]
  1. ^ a b 山尾幸久「日本国家の形成」岩波新書、1977年
  2. ^ a b 鈴木靖民『朝日日本歴史人物事典』「王仁の名から6世紀ごろ、中国系百済人が先進文化を携えた博士として百済から倭に渡来した事実を想像させる」
  3. ^ a b 大辞林「祖は漢の高祖」
  4. ^ a b 志田諄一日本大百科全書』「王仁は高句麗に滅ぼされた楽浪郡の漢人系統の学者らしく、朝廷の文筆に従事した西文首の祖とされている。」「王の姓は楽浪出土の印章、漆器、せん、封泥、墓壁銘などに多く記されており、楽浪郡の有力豪族であったことが知られる。」
  5. ^ a b 加藤謙吉『大和政権とフミヒト制』吉川弘文館「かかる事実に基づき王仁後裔氏族や家氏、東漢氏を中国系とする説が古くから存在する。」
  6. ^ a b 世界大百科事典』「伝承によると、漢の高祖の子孫」
  7. ^ a b 石田博『漢文学槪論』雄山閣出版「王仁の家系を述べているが、それによると、王仁は漠の高帝の後であるという。漢の高帝の後を蠻といい、鷥の後胤の王狗は、転じて百済に至った。」
  8. ^ a b 八幡和郎『最終解答 日本古代史』PHP研究所「そこで、天皇が『お前に勝る学者はいるのか』と聞いたところ王仁を推薦したので、百済から招聘したといいます。王仁博士は、漢の高祖の子孫と称しています。山東省から楽浪郡に移住し、さらに百済に移ったので、平安時代の『新撰姓氏録』には、文、武生、櫻野、来栖、古志といった名字の人々が王仁の子孫で漢族として登録されています。」
  9. ^ a b 徳川恒孝『日本人の遺伝子』PHP研究所「御存知、漢末の群雄割拠の時代から日本に漢字をもたらしたのは百済からの渡来人の王仁という方だったと伝えられています。彼は漢の高祖(先ほどの漢王朝の創設者、劉邦)の子孫と言われています。」
  10. ^ a b 関裕二『鬼の帝聖武天皇の謎』PHP研究所「最大の理由は、行基の祖歌位が、百済王家出身ではなく、中国の漢から百済をへて、渡来したという伝承を持っていたことであろう。」
  11. ^ a b 日笠護『日鮮關係の史的考察と其の硏究』四海書房「後漢孝靈帝の後裔と稱する阿知使博士王仁(漢高祖の後裔)の來朝を見るに至つた。」
  12. ^ a b 駒井和愛『楽浪』中央公論社「東京大学の歴史学者坪井九馬三博士は、かの日本に論語をもたらしたといわれる王仁ももと漢人の子孫」
  13. ^ a b 馬渕和夫、出雲朝子『国語学史』笠間書院「最初の師直岐・王仁は中国系もしくは準中国系の百済人であったから、漢字の発音も中国音に近かったであろう」
  14. ^ a b 蔡毅『日本における中国伝統文化』勉誠出版「この『和邇吉師』とは、漢名を王仁と称す。彼の姓氏とその文化教養の点から推測されることは、王仁は朝鮮で生活していた漢民族の移民であるか、あるいは移民の末裔であろうと。」
  15. ^ a b 佐伯有清『日本の古代国家と東アジア』雄山閣「井上光貞氏は、王仁の王は中国的な姓で王氏ではないかと指摘」
  16. ^ a b 竹内理三『政治と文化』吉川弘文館「漢高帝の後裔王狗という者が百済に来ったが、王仁はその孫にあたるという。楽浪郡跡の発掘の遣品に王光、王肝など王姓の名をしるしたものがあるので、王仁もその名はともかくとしても、その一族のものであろうと言われている。」「こうしたことから、わが国に文運を最初にもたらした王仁も、じつはまったくの仮空の人物ではなくて、この王氏の子孫として実在したものと考えても、案外さしつかえないのではないか。楽浪の王氏は、いずれも平、宜、雲、光などめでたい文字の一字名である。」
  17. ^ a b 黒板勝美『岩波講座 日本歴史8』岩波書店「弓月君は秦始皇帝の後だと云はれ、王仁は漢高祖の後裔で百濟に歸化した王豹と云ふ者の子孫だと云ひ、阿知使主はこれ等三國の歸化人の外に支那の歸化人がある。」
  18. ^ a b 柿村重松、山岸德平『上代日本漢文學史』日本書院「當時百濟には王仁の如く漢人の支那北部より轉住し居りしものも少からざりしなる」
  19. ^ a b 田中健夫石井正敏『対外関係史辞典』吉川弘文館「応神朝に百済の和通吉師(王仁)が『諭箱』などの典籍をもたらしたという王仁伝説や、继体欽明朝に五経博士が百済から交代派遣されたとする伝承は、そのままでは事実とは認め難い」
  20. ^ a b 斎藤正二『斎藤正二著作選集4』八坂書房「王仁の実在を疑う論者は、津田左右吉以来、それこそ無数にある。『千字文』そのものが三世紀終わりにはいまだ成立していないのに日本に渡来するはずはないとの疑問は、早く江戸時代に新井白石、伊勢貞丈らによつて提起されていた。」
  21. ^ a b 中村新太郎『日本と中国の2000年』東邦出版社「阿直岐や王仁が実在の人物であったかどうかはわからない(津田左右吉博士は、後人の造りごととしている)。」
  22. ^ a b 菅原信海『日本思想と神仏習合』春秋社「和邇吉師が実在の人物でないとすれば、やはり事実とは認められないと述べており、『論語』、『千字文』の阿直岐や王仁は到底実在の人物とは考えられないこと、また和邇吉師が論語、千字文を献上したといふのも、津田左右吉博士は、『王仁の名は阿直岐に対して作られたものであらう』と、架空の名を作り出したもの」
  23. ^ a b 野平 2002, pp. 95-98
  24. ^ a b 星野五彦『万葉の諸相と国語学』おうふう「天皇名とその時代との関わりを示す何かが隠されているように思えなくもないが、それについての穿鑿は当面の問考えてみれば、応神時代に音読すればォウジンとなる王仁の来朝も実在人物なのだろうかと疑問が生じてくる。」
  25. ^ a b 浜田耕策 日韓歴史共同研究報告書(第1期)4世紀の日韓関係 6頁「ところで、韓国の学界では、『日本書紀』に読まれる百済が倭国に送ったとされる王仁や『論語』、『千字文』を代表事例として、百済は倭国より進んだ文化先進国とする文化優越論が根強い。王仁の『千字文』将来説には王仁より後世の作であることや『日本書紀』の歴史構成を批判的に検討する文献学的な批判がある。百済からの知識人や経典の倭国への伝来を百済と倭国との2国間の関係のみに限定してしまい、この背後にある中国王朝との相互の関係に目を向けることの弱さから生まれた『文化優越論』である。」
  26. ^ 野平 2002, pp. 96-98
  27. ^ 青木ほか 1998, pp. 496-499
  28. ^ 古語拾遺 一卷 加序  從五位下齋部宿禰廣成 撰” (中国語). 古代史獺祭 (2007年7月9日). 2012年2月26日閲覧。
  29. ^ 拳骨拓史『韓国人に不都合な半島の歴史』PHP研究所2012年「さらに近年では、朝鮮半島が中国風の漢字一文字の姓を名乗るのは、統一新羅の時代以降であるため、王仁は朝鮮人ではなく、中国系渡来人ではないかと考えられてきている。」
  30. ^ a b c 井上薫「行基」吉川弘文館、p14-15
  31. ^ 『日本上代史研究』(岩波書店 1930)
  32. ^ 水垣久 (2012年1月22日). “古今和歌集 仮名序 紀貫之” (日本語). やまとうた. 2012年2月26日閲覧。
  33. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 金 2000.
  34. ^ a b c d [1]「伝王仁墓」枚方市、2013年1月28日更新。2015-3-11閲覧。
  35. ^ 日本統治時代の反日運動家金九として知られる金昌洙とは別人
  36. ^ 全羅南道文化財委員会「王仁遺跡文化財指定調査報告書」
  37. ^ [2]枚方市文化国際財団「王仁塚の環境を守る会」
  38. ^ http://www.chosunonline.com/article/20050513000000 黄禹錫教授の「BSEにかからない牛」今日日本へ | Chosun Online | 朝鮮日報
  39. ^ 府指定関係 史跡 伝王仁墓 藤阪東町2” (日本語). 大阪府枚方市役所. 2012年2月26日閲覧。
  40. ^ 王仁博士遺跡地” (日本語). 霊岩郡. 2012年2月26日閲覧。[リンク切れ]
  41. ^ 1972年(昭和47年)8月-10月連載、中央日報『百済賢人 博士王仁 日本に植え付けた韓国魂』
  42. ^ 「平仮名」は韓国起源!?韓国で出版された日本に関する書籍が話題に”. サーチナ. 2015年3月11日閲覧。
  43. ^ 井沢 & 呉 2006, pp. 148-173
  44. ^ “王仁博士の遺徳をたたえ献花 王仁墓で顕彰の集い・韓日人士ら参列” (日本語). 民団新聞 (在日本大韓民国民団). (1999年11月10日). http://www.mindan.org/shinbun/991110/topic/topic_j.htm 2012年2月26日閲覧。 


「王仁」の続きの解説一覧





王仁と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

王仁に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「王仁」の関連用語

王仁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

遮熱性舗装

ビーム球

からむし織りのはた音

CA003

James Monroe

タンパー

300形

くさかりき





王仁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの王仁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS