フィレンツェ派 フィレンツェ派の概要

フィレンツェ派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/04 03:17 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

パトロンとの関わり

社会的基盤

フィレンツェヴェネツィアなどの共和国において、パトロンは都市政府や同職組合(ギルド)のような公的パトロンが、宗教的パトロネージを展開する傾向にある。しかしこのパトロネージは公的から私的、宗教的から世俗的へと比重が変わり、これがルネサンスの特徴を成している。フィレンツェのパトロンは主に都市政府、同業組合、上層市民からなる[1]。1282年から250年に亘って執り行われた寡頭制政治の中で、プリオーレ制が廃止された1531年までに50回以上、かつ1302年以前にプリオーレに選ばれた名門の家が公的パトロンとしての都市政府を構成するが、後にそれから私的パトロンが生まれた[2]。パトロン階層を担ったギルドの中でも、七大組合は国際的金融業と商工業を経営する大商人層によって形成されており、フィレンツェの政治経済を牛耳っていた。彼らがパトロン層となった[3]。さらに13世紀から14世紀の都市間の争いによって下地が作られたものの、1333年の大洪水と1348年の黒死病によって深刻な被害を受けた。また政治的には白派黒派の抗争から外国人シニョーレの招来と追放、経済的には1346年におけるバルディとペルッツィの二大銀行の倒産によるフィレンツェ経済の危機があった[4]

代表者

脚注

[脚注の使い方]

出典

参考資料

文献

  • 松本典昭 『パトロンたちのルネサンス:フィレンツェ美術の舞台裏』 1083巻 日本放送出版協会〈NHKブックス〉、2007年4月。ISBN 978-4-14-091083-2NCID BA81636151 

関連項目




  1. ^ 松本, 2007, p 5.
  2. ^ 松本, 2007, p 19.
  3. ^ 松本, 2007, p 22.
  4. ^ 松本, 2007, pp. 25-27.


「フィレンツェ派」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フィレンツェ派」の関連用語

フィレンツェ派のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フィレンツェ派のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフィレンツェ派 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS