美しいとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 美しいの意味・解説 

うつくし・い【美しい/愛しい】

[形][文]うつく・しシク

色・形・音などの調和がとれていて快く感じられるさま。人の心や態度好まし理想的であるさまにもいう。

㋐きれいだ。あでやかだ。うるわしい。「若く—・い女性」「琴の音が—・く響く」

㋑きちんとして感じがよい。「—・い町並み」「—・い文章

清らかまじりけがない。好ましい。「—・い友情

妻子など、肉親いとしく思うさま。また、小さなものを可憐思うさま。かわいい。いとしい愛すべきである。

妻子(めこ)見ればめぐし—・し」〈万・八〇〇

「なにもなにも、小さきものはみな—・し」〈・一五一

りっぱである。見事だ

「かの木の道の匠(たくみ)の造れる、—・しきうつは物も」〈徒然・二二〉

連用形副詞的に用いる)きれいさっぱりとしている。

「—・シウテタ」〈日葡

「—・しくお暇(いとま)取り二度(ふたたび)在所へ来るやうに」〈浄・歌念仏

[補説] 本来親しい間柄、特に親子夫婦などの間のいたわり愛情を表したが、のちに小さいものへの愛情を主にいうようになり、さらに一般的に心や感覚喜び与えもののようすをいうようになった。

[派生] うつくしげ形動うつくしさ[名]

[用法] うつくしい・きれい——「美しい(きれいな)人」「きれいな美しい)花」のように相通じて用いられるが、現代口頭語としては「きれいだ(です)」が優勢である。「なんてきれいなのでしょう」が普通で、「なんて美しのでしょう」はやや改まった言い方になってしまう。◇「美しい」は、「日本の美しい自然」「美しい心」などのように、心を打つ内面的好ましさについて用いることが多く、「美し友情」を「きれいな友情」とは普通はいわない。◇「きれい」は、「きれいに掃除する」「きれいに食べる」とかのように外面的な清潔さ鮮やかさの意が強い。「きれいな空気」を「美しい空気」とはいわない。◇類義語「麗(うるわ)しい」は、「美しい」に近いが文章語的。感情や、人と人との間柄美しさなどを表して、「彼女は御機嫌麗しい」「麗しい師弟愛」のように用いられる。


うるわし・い〔うるはしい〕【麗しい/美しい】

[形][文]うるは・しシク

精神的に豊かで気高く、人に感銘与えるさま。心あたたまりうつくしい。「—・い母性愛」「—・しい友情発露

形・色容姿などが、目に快く映るさま。うつくしい。「—・い女性」「見目(みめ)—・い」「—・い歌声

機嫌・顔つきが晴れ晴れしているさま。「本日御機嫌—・しくいらっしゃる」

乱れたところがなく、整っているさま。

うつくしく、みごとである。壮麗である。

「畳(たた)なづく青垣山籠れる大和し—・し」〈記・中・歌謡〉

人の性格・行動などが、きちんとしていてよい。折り目正しくきちょうめんである。

夜ごと十五日づつ—・しう通ひ住み給ひける」〈源・匂宮

端正である。形が整っている。

いみじう気高げにおはする女の—・しく装束(さうぞ)き給へるが」〈更級

正式のものである本格的である。

「—・しくは、ただくるくる巻きて、上より下へ、わなの先を差しはさむべし」〈徒然・二〇八〉

うつくしくいとしい。かわいらしい。

山吹日に日に咲きぬ—・しと吾(あ)が思(も)ふ君はしくしく思ほゆ」〈・三九七四

人と人との間柄良好なさま。仲がよい。親しい。また、むつまじい

「昔、男、いと—・しき友あり」〈伊勢四六

[補説] 元来、「うつくし(い)」は、かわいい、愛すべきだ、の意を表し、「うるわし(い)」は、整った、端正な美を表した。「うつくし(い)」が「きれいだ」となるのに対し、「うるわし(い)」は「りっぱだ」に近づく

[派生] うるわし形動うるわし[名]


うつくしい【美】

〔名〕 (形容詞うつくしい(美)」から) 近世美人をいう。

咄本聞上手(1773)岡場所「新じゅくがはやって、とんだ美(ウツク)しいが出るときいて、どんな女郎がでるかとおもふて遊びにゆき」


うつくし・い【美・愛】

〔形口〕 [文]うつくし 〔形シク

① (古くは、妻、子、孫、老母などの肉親対すいつくしみをこめた愛情についていったが、次第に意味が広がって、一般慈愛の心についていう) かわいい。いとしい愛らしい

書紀720斉明四年一〇月・歌謡于都倶之(ウツクシキ) 吾(あ)が若き子を 置きてか行かむ」

万葉(8C後)五・八〇〇父母を 見れば尊し 妻子(めこ)見れば めぐし宇都久志(ウツクシ)」

源氏100114頃)若菜下いづれも分かずうつくしく愛(かな)しと思ひきこえ給へり」

② (幼少の者、小さい物などに対して、やや観賞的にいうことが多い) 様子が、いかにもかわいらしい。愛らしく美しい。可憐である。

播磨風土記715頃)賀毛「宇都久志伎(ウツクシキ)小目(をめ)の小竹(ささば)に 霰降り 霜降るとも」

(10C終)一五一うつくしきもの、瓜(うり)にかきたる児(ちご)の顔。雀の子ねず鳴きするにをどり来る」

③ (美一般を表わし、自然物などにもいう。室町期の「いつくし」に近い) 美麗である。きれいだ。みごとである。立派だ。

大鏡(12C前)六「西京そこそこなるいへに、いろこくさきたる木のやうたいうつくしきが侍りしを」

御伽草子木幡狐室町末)「うつくしく化けなしてこそ出でにけり

浮世草子好色一代女(1686)四「女は妖淫(ウツクシ)き肌を白地(あからさま)になし」

④ (不足や欠点残余汚れ心残りなどのないのにいう) ちゃんとしている。きちんとしている。

(イ) ちゃんとしていて申し分ない。きちんと整っていて結構だ。

源氏100114頃)乙女「かくて大学の君、その日のふみ、うつくし作り給て進士になり給ひぬ」

今鏡(1170)二「楽なんどをもうつくしくしらせ給ひ」

(ロ) 残余汚れがなく、きれいさっぱりとしている。

日葡辞書(1603‐04)「ネコガ vtçucuxǔ(ウツクシュウ) クウタ」

人情本・英対暖語(1838)三「お前は岑さんにうつくしくわかれて」

(5) 人の行為態度また、文章音色などが好まし感じである。

歌舞伎助六廓夜桜(1779)「『こはう物を言はんすりゃ、何処までも腰押し、又美しう頼まんしたらば』『揚巻に逢はしてくれるか』」

枯菊の影(1907)〈寺田寅彦〉「夭死と云ふ事が、何だ一種美し事の様心持がしたし」

[語誌](1)上代優位立場から目下に抱く肉親的ないし肉体的愛情であった原義一貫して残り平安時代でも身近に愛撫できるような人や物を対象とし、中世でも当初女性美女にたとえられる花といった匂いやかな美に限定されており、目上への敬愛きらびやか異国的な美をいう「うるはし」とは対照的であった。
(2)やがて中世の末頃には、人間以外の自然美人工美、きらびやかな美にも用いるようになり、明治には抽象的な美、そして美一般表わすようになった

〔他ラ四〕

形動

〔名〕

〔名〕


うるわし・い うるはしい 【美・麗】

〔形口〕 [文]うるはし 〔形シク

[一] 整った感じ。きちんとしていて美しさまにいう。

風光宮殿などの整ったさまをたたえていう。壮麗だ。立派で美しい。

古事記(712)中・歌謡「大和(やまと)は 国の真秀(まほ)ろば 畳(たた)なづく 青垣 山籠れる 大和し宇留波斯(ウルハシ)」

② 人の美しく立派なのをほめていう。立派だ。すぐれて美しい。輝くばかり美しい。

古事記(712)下・歌謡「宇流波斯(ウルハシ)と さ寝さ寝てば 刈薦(かりこも)の 乱れ乱れ さ寝さ寝てば」〔新撰字鏡(898‐901頃)〕

外面的にきちんとしている美しさをいう。端麗だ。整っていてきれいだ。

霊異記810‐824)中「(てづくり)の姝(ウルワシ)きこと比(たぐひ)无し〈国会図書館訓釈 妹 于留和之〉」

源氏100114頃)若紫「ただ絵に書きたる、ものの姫君のやうにしすゑられて〈略〉うるはしうてものし給へば」

乱れたところがなく、完全に整ったさまをいう。

(イ) 完全で理想的だ。端正だ。

源氏100114頃)「仏のいとうるはしき心にて説きおき給へ御法にも」

(ロ) ちゃんとしている。きちんとしている。

霊異記810‐824)中「字を連ね居(す)ゑては花(ウルワシ)からず〈国会図書館訓釈 花 ウルワシク〉」

(ハ) 態度服装心情などが、きちんとしていて立派だ。作法にかなっている。きちょうめんだ。

源氏100114頃)玉鬘「うるはしうものし給ふ人にて、あるべき事はたがへ給はず」

大鏡(12C前)二「凡何事にも有識に、御こころうるはしくおはしますことは」

(5) 人と人との間柄がきちんとしている。仲がいい

書紀720神代下(水戸本訓)「天稚彦〈略〉味耜高彦根神と友善(ウルハシ)」

葉花星宿(1972)〈松本清張〉五「あくまでもうるわしい師弟義理人情を描いている

(6) 本格的であるさまをいう。正式だ。公的だ。

栄花(1028‐92頃)音楽昨日はうるはしき御よそひなりしに、今日は殿ばら、君達直衣にて参り給へり」

(7) 正しくまちがいのないさま。本当だ。

平家13C前)一二「故左馬頭義朝のうるはしきかうべとて」

[二] 柔かな美しさ、ときに魅力的な新鮮さを含む美しさまにいう。

容貌容姿などについて、新鮮な美しさうるおいのある美しさをいう。

四河入海(17C前)六「眼の麗しの如なるに」

② (きげんや顔つきなどが)はればれとしている。

日葡辞書(1603‐04)「Vruuaxij(ウルワシイ) cauo(カヲ)」

滑稽本古朽木(1780)五「御機嫌益うるはしく」

心情や人と人との間柄がしっとりとしていて美しい。心があたたまるような感じである。

火の柱(1904)〈木下尚江一八諸君は之を称讚して麗はしき社会的救済事業認めて来たでは無いか」

[語誌](1)うつくし」が愛すべきものをいうのに対し、これは整った美しさをいう。上代には、立派なものとして賞揚する場合多く用いられ、中古に至ると外見的な立派さ、しかつめらしい儀式ばった感じ用いられた。
(2)(二)①の魅力的あでやかさを含む美しさ表わすようになったのは、中世末期ごろからか。現在では「うるわしい友情」のように「心」に関して用いられることが多い。

形動

〔名〕


いし・い【美】

〔形口〕 [文]いし 〔形シク

① よい。好ましい。

栂尾明恵上人遺訓(1238)「人の甚だ信仰して威徳ある事あり。其をいしき事と思ふべからず

弁内侍1278頃)建長元年「鞠はいしいものかなあれほど左衛門督はしらすることよ」

② 立派だ、みごとだ、けなげだ、神妙だなどと、感心したり、感嘆したりする時にいう。→いしくも

(イ) じょうずだ。巧みである。うまい。

中務内侍(1292頃か)「馬をよく相して、この御馬はかさ驚きやし侍らんと申せば、いしく相したりとて」

(ロ) けなげである。殊勝である。神妙である。

平治(1220頃か)上「汝いしくまゐりたり。春日山のおく、しかじかの所也とをしへて」

③ (多く女性用い、のち接頭語「お」を付けて「おいしい」となる) 美味だ。おいしい。うまい。

太平記14C後)二三いしかりしときは夢窓にくらはれて周済(しゅさい)計(ばかり)ぞ皿に残れる」

女重宝記元禄五年)(1692)一「むまいといふを、いしい」

驚くべき事態である。大変だ。重大だ。

梵舜沙石集(1283)七「あらいしの、のみのおほきさやと云ひけり」

(5) (本来の意味を逆に用いて荒々しい粗暴である。また、わるい。よくない

梵舜沙石集(1283)八「いしい悪口(あくこう)仕りて候

浄瑠璃加増曾我(1706頃)一「身代もいしくなって、わんぼ一枚にはなったれ共(ども)」

形動

〔名〕


くわし・い くはしい 【美・細・妙・詳・委・精】

〔形口〕 [文]くはし 〔形シク

[一] (美・細・妙) こまやか美しい。精妙である。うるわしい

書紀720欽明一三年一〇月(寛文版訓)「朕昔より来(このかた)、未だ曾(かつ)て是の如く微妙(クハシキ)法(のり)を聞くこと得ず」

万葉(8C後)一三三三三一忍坂(おさか)の山は 走り出よろしき山の 出で立ちの 妙(くはしき)山ぞ」

[二] (詳・委・精)

① 細かい点にまでゆきわたっているさま。詳細である。つまびらかである。つぶさである。

書紀720垂仁二五年一〇月(熱田本訓)「神祇祭祀りたまふと雖も微細(クハシク)は未だ其の源根(もと)を探(さく)りたまはずして」

源氏100114頃)帚木いもうとの君の事もくはしく問ひ給ふ

細部まで十分に知っているまである精通しているさまである

談義本風流志道軒伝(1763)一「しかれども若年にして人情に精(クハシ)からず」

[語誌](1)(一)用法単独では少なく、「うらぐはし」「まぐはし」「かぐはし」など、複合形容詞として多く用いられる。
(2)上代には「詳細」「委細」の意を表わす語として「つばら」「つぶさ」などが行なわれていたが、これらは平安時代以降つばひらか」(鎌倉時代以降は「つまびらか」になる)などとともに漢文訓読世界用いられるようになり、和文ではもっぱら「くはし」を使うようになった
(3)類義語の「こまか」は、事物微細な、あるいは濃密なさまを具体的にとらえていう語で、ときに情愛配慮といった心理裏打ちされて使うのに対して、「くはし」は理解判断にあたってくまなく十全材料得ている、あるいはそれを提示しているという状態を表わす


(美しい から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 03:45 UTC 版)

この記事では(び、: καλόν カロン、: venustas, bellus: beauté: beauty)について解説する。


注釈

  1. ^ 今道友信は、より厳密な表現においてであるが、自然・技術・芸術・人格存在のありようにおいて、「美の位相差」を論じている。
  2. ^ これらは別の「美しいもの」によって例示可能である。
  3. ^ 数学者が感じる美についての説明は「数学的な美」という詳細な記事が書かれている。
  4. ^ 古代ギリシア語カロス(kalos)は、現代日本語の「美しい」とは意味の異なる言葉である。英語の beautiful に「見事な」という意味があるように、言葉の概念が対応しない例である。

出典

  1. ^ a b c 広辞苑第六版【美】
  2. ^ a b c d ブリタニカ百科事典【美】
  3. ^ 桑原武夫,加藤周一 編 1969, p. 13.
  4. ^ 「はしがき」『岩波講座哲学 (6)芸術』、i。巻頭の「はしがき」において、編者は、「大和の国は美しく、小野小町は美しく、方程式のこの解法は美しいという」と記している。(引用)
  5. ^ a b 「はしがき」『岩波講座哲学・芸術』、i。
  6. ^ 今道友信「西洋における芸術思想の歴史的展開(古代・中世)」『岩波講座哲学・芸術』、p.39。パンドーラーキルケーヘレネーなどの「美しき者」はまた同時に災悪(カキアー)であった。
  7. ^ 今道友信「西洋における芸術思想の歴史的展開(古代・中世)」、p.54。「カロカカキア」というギリシア語は存在しない。『理想』に掲載した論文中で今道が造語した。
  8. ^ a b 今道友信「西洋における芸術思想の歴史的展開(古代・中世)」『岩波講座哲学・芸術』、p.39。
  9. ^ a b 桑原武夫,加藤周一 編 1969, p. 8.
  10. ^ 羍(タツ・こひつじ)について『説文』に「小羊なり」、『玉篇』に「生まるるなり」とあり、小羊の生まれるさまをいう(白川(字統) p.597)。
  11. ^ 白川(字統) p.85、p.168、p.597、p.745
  12. ^ 白川(常用字解) p.50、p.103、p.537



美しい

出典:『Wiktionary』 (2016/12/21 04:29 UTC 版)

漢字混じり表記

  1. 感動するほど素晴らしいうつくしい 参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「美しい」の関連用語

美しいのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



美しいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの美 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの美しい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS