第2石油類とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 空調用語 > 第2石油類の意味・解説 

だい2せきゆるい 第2石油類

灯油及び軽油のほか、液体であって引火点21度以上70未満の物をいい、 危険物第4類で指定数量500である。

危険物

(第2石油類 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/03 15:19 UTC 版)

危険物(きけんぶつ)とは、対象に危険を及ぼす可能性を秘めた本質を持つ物である。


  1. ^ 危険物船舶運送及び貯蔵規則第二条第一項”. www.e-gov.go.jp. 2018年11月26日閲覧。
  2. ^ 同規則第194条の「法第八十六条第一項 の国土交通省令で定める物件」とは法令上そうは呼んでいないが「危険物」のことである。この法令に基づいて空港等で見かける「『危険物』の持ち込みは法令で禁止されています。」という張り紙はこれに基づいている。
  3. ^ 国土交通省 航空貨物の危険物代表例
  4. ^ IMO International Maritime Dangerous Goods (IMDG)
  5. ^ a b 国土交通省海事局 危険物の海上運送等に係る安全対策
  6. ^ NKKK 危険物コンテナ運送セミナー資料 一般社団 法人 日本海事検定協会(NKKK)
  7. ^ 海事局ページ
  8. ^ 危告示別表1 (少なくとも2年に1回改定されます。実際に利用する際は必ずもとの告示を確認することが必要です。)
  9. ^ IATA 航空危険物安全輸送協会訳 (2014年1月1日). 航空危険物規則書 (IATA Dangerous Goods Regulations). 航空危険物安全輸送協会. 
  10. ^ About the Manual of Tests and Criteria”. 国連. 2018年3月21日閲覧。
  11. ^ 元ファイル(pdf)
  12. ^ 鉄道 マニア 車内への危険物の持ち込み禁止!! http://www.youtube.com/watch?v=md2wtc4Va0o 2013年1月13日閲覧
  13. ^ tetsuchanlime 【駅放送】JR東海中央西線 危険物持ち込み禁止案内 http://www.youtube.com/watch?v=1n01nyEkqXA 2013年1月13日閲覧
  14. ^ JR日本貨物鉄道株式会社(平成21年10月) http://www.jrfreight.co.jp/common/pdf/other/risk_transport.pdf 2013年1月13日閲覧
  15. ^ 国土交通省資料 (PDF)
  16. ^ 道路トンネルにおける危険物輸送車両の走行 国土交通省資料 2018年1月28日閲覧
  17. ^ 『みち』No.104、1996年(平成8年)11月(季刊)、日本道路公団、6頁(愛知県図書館蔵)
  18. ^ 土屋功一「紹介 中部地方の高規格幹線道路網」、『高速道路と自動車』第32巻第12号、公益財団法人高速道路調査会、1989年12月、 32頁。
  19. ^ 新区界トンネル着工 宮古盛岡横断道路、難所回避へ」『岩手日報』岩手日報社、2015年6月29日。2019年3月3日閲覧。, オリジナルの2015-07-02時点によるアーカイブ。
  20. ^ 平成8年度「危険物の安全運送に関する講習会」テキスト 日本財団図書館


「危険物」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第2石油類」の関連用語

第2石油類のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



第2石油類のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2019 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの危険物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS