小田の浜海水浴場とは?

小田の浜海水浴場

水浴場画像

美し水辺★★★★
清らか水辺★★★★★
安らげる水辺★★★★★
優しい水★★★
豊かな水辺★★★★
海開き
毎年7月7日

周辺自然環境
付近には、全国的にも珍しい鳴き砂の浜「十八鳴浜(くぐなりはま)が存在する。ここは、長さ200m、幅30m程の砂浜であり、90%以上の純度石英粒が擦れ合あい、「キュッキュッ」「クックッ」と不思議な音がすることから、この名が付いた。標高235mの亀山山頂にはリフトで登れ(4月初旬から11月下旬)、ここから眺望リアス式海岸醍醐味壮大なパノラマ図を十二分堪能でき、訪れた人を例外なく感動させる。大島には旅客船カーフェリーで渡るが、追いかけてくるウミネコ群れにエビセンを放ると、空中で見事にキャッチし、また直接餌付け楽しめる
イベント情報
「島の体験館」という施設島内設置されており、専門知識を有したインストラクターにより「植物プランクトン観察」「ホヤ生態観察」「海藻紙・貝殻アクセサリーづくり」などの体験学習実施している。 この他にも、島の体験館や地元観光協会による島内での各種体験メニューふんだんに用意されている。→「おいしい体験ユズ入りアイスクリームトコロテン作り、さんまクンくんせい作りイカ塩辛つくり、「海の生活体験」地引き網ワカメ刈り、養殖いかだ観察、元マグロ漁師体験談、「レジャーアウトドア体験無人島探検大島外洋遊覧磯釣り、舟釣りキャンプ野外炊飯大島巡りサイクリング等。
おすすめ
陸中海岸国立公園気仙沼湾に浮かぶみどりの真珠と称される「大島」にあります沖合にある大前見島小前見島風波遮り、穏やかで安全な遠浅海水浴場として親しまれています。小前見島小舟渡り無人島探検磯遊び釣りが楽しめます。
由来歴史
慶長16年1611年)、伊達政宗公の命により港の探索訪れイスパニアセバスチャン・ビスカイノは、著書黄金島探検」のなかで、キリスト教聖人の名をとり、ここ大島を「サンタ・カタリナ島」と名付けた。亀山中腹にある「大島神社」は、1,000年以上前開かれた伝えられており、金華山以北では最も重用視される延喜式内社と云われている。
保全活動
大規模清掃: 地元観光協会自治会小中学校清掃車によりそれぞれ年1〜2回ずつ。 小規模清掃: 毎日2回程、監視員ゴミ拾い実施 島民有志立ち上げNPO法人大島大好き!」が、住民参加型の空き缶回収システムづくりの取り組み始めた。また同法人は地域循環型社会形成を図るべく、休耕地菜の花を植え景観美化するとともに収穫した菜種から食用油抽出のうえ、油かす肥料に、廃食油バイオディーゼル燃料として現在数台で実験走行中。好結果得ており、いずれは旅客船漁船バスタクシー燃料としての普及目指している。
その他の写真
写真
写真
写真
写真


写真
写真
写真

写真



アクセス
鉄道バスでお越し場合
列車JR気仙沼駅下車→バス・タクシーで5分

【 お車でお越し場合
汽船乗場まで】車=�@東北自動車道一関IC降り国道284号国道45号で計90分。 �A三陸縦貫自動車道河北IC降り国道45号80分。
大島まで】汽船25

お問い合わせ
気仙沼市産業観光
FAX : 0226-24-5519
kanko@city.kesennuma.lg.jp
http://www.city.kesennuma.lg.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html  
その他
TEL:
0226-22-3438(直通) 0226-22-6600(代表)内線531内線532

現代情報化社会であり、茶の間居ながら多く疑似体験が可能であるが、ここ大島は「本物の自然」「本物の業」が息づいており、「五感感じ体験メニュー」の充実ぶりは全国トップ自負している。体験学習循環型社会目指すNPO法人取り組みとがリンクし、ますます元気な島として活気づいている。 郷土詩人水上不二(1904-1965)は、無限の愛情込め大島への思い次のように詠んだ。「海はいのちのみなもと 波はいのちのかがやき 大島よ 永遠にみどりの真珠であれ」
アクセスマップ
アクセスマップ図

大島 (宮城県気仙沼市)

(小田の浜海水浴場 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/03 19:50 UTC 版)

大島(おおしま)は、日本東北地方三陸海岸に位置する、面積8.50平方キロメートルの行政上は宮城県気仙沼市に属する有人島の一つ。この島は通常「大島」と呼ばれるが、全国各地にある他の「大島」と区別するために「気仙沼大島」(けせんぬま おおしま)と呼ばれることもある[2]


注釈

出典

  1. ^ 国土地理院 平成27年全国都道府県市区町村別面積調 付3 島面積(平成27年10月1日版) (PDF) 2016年6月3日閲覧。
  2. ^ 気仙沼大島はこんな島気仙沼大島観光協会(2018年3月16日閲覧)
  3. ^ <回顧3.11証言>伝説の「島三分断」寸前『河北新報』2017年2月15日(2018年3月11日閲覧)
  4. ^ “沖縄の米海兵隊、孤立の島に救援物資 揚陸艇を活用”. 朝日新聞. (2011年3月27日). オリジナルの2011年3月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110327220048/http://www.asahi.com/national/update/0327/TKY201103270197.html 2012年1月29日閲覧。 
  5. ^ 大島架橋事業宮城県ホームページ(2018年3月11日閲覧)
  6. ^ 気仙沼大島大橋の開通について”. 宮城県 (2019年1月4日). 2019年1月5日閲覧。
  7. ^ 一般県道 大島浪板線 大島架橋事業宮城県資料(2018年3月11日閲覧)
  8. ^ “気仙沼大島架橋「県土復興の象徴に」県が事業着手”. 河北新報. (2012年1月28日). http://www.kahoku.co.jp/news/2012/01/20120128t11020.htm 2012年1月29日閲覧。 
  9. ^ a b c d NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』「file:322 巨大クレーン船 ~男たちは、“希望”をかける~」、2017年4月24日放送。
  10. ^ 被災住民の命つないだ旅客船「ひまわり」運航終了へ…保存への機運高まる『河北新報』2017年11月7日(2018年3月11日閲覧)
  11. ^ 大島神社気仙沼大島観光協会(2018年3月11日閲覧)
  12. ^ 誓亀山 光明寺気仙沼大島観光協会(2018年3月11日閲覧)
  13. ^ a b c “津波の恐怖伝える気仙沼の昔話 「みちびき地蔵」がネットで話題”. J-CASTニュース. (2011年4月27日). http://www.j-cast.com/2011/04/27094429.html?p=all 2012年1月29日閲覧。 


「大島 (宮城県気仙沼市)」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小田の浜海水浴場」の関連用語

小田の浜海水浴場のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小田の浜海水浴場のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2021 Kankyosho All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大島 (宮城県気仙沼市) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS