さらなる発展とは? わかりやすく解説

さらなる発展

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/12 20:35 UTC 版)

ゲーセケ」の記事における「さらなる発展」の解説

1974年12月31日時点ゲーセケ市の人口は、13,239であった地域再編に伴い、シュテルメーデ、エーリングハウゼン、エルムジングハウゼン、エリンガーフェルト、ベニングハウゼン、メニングハウゼン、ランゲナイッケからなるアムト・シュテルメーデは、1975年ゲーセケ市に統合され新たに創設されゾースト郡編入された。1975年1月1日、この新しい都市人口19,940となった1978年5月5日ゲーセケ市とフランスロス市は姉妹都市協定締結した。その友好文書には、以下のように記されている。 .mw-parser-output .templatequote{overflow:hidden;margin:1em 0;padding:0 40px}.mw-parser-output .templatequote .templatequotecite{line-height:1.5em;text-align:left;padding-left:1.6em;margin-top:0}我々、ロス市長ゲーセケ市長は、我らが市民同意得て、我々両都市間の永続的な友情誓います。生活の可能な限り多くの場面が、絶えることのない活発な交流満たされることでしょう。我々は、この友情が我々の市民心から願いであるとともに政治上必須のフランス国民とドイツ国民との共同作業寄与するものである確信してます。そして、最終的には心からの言葉によって結びついたすべての民衆平和的共存につながるものでありましょう。 —ロス市長 Avinee (署名)、ゲーセケ市長 ハインリヒスマイアー (署名ゲーセケは、ハンザ衰退後300年以上を経た1983年6月25日に、他の19の旧ハンザ都市とともにヴェストファーレン・ハンザ同盟の設立文書署名した1985年ゲーセケとそのフランス姉妹都市ロスパリで独仏友好平和賞受賞した同じ年市南部の耕作地での発掘作業により、13世紀建設され廃村エルジングハウゼンの基礎壁が発見された。研究者らはこれを全国的に重要な出土品格付けた。 1994年ゲーセケ市は、移民との模範的融和に対する連邦賞(銅メダル)を授与された。 ゲーセケ出身のライハルト・マルクス(ドイツ語版英語版)は、1996年9月22日43歳にしてパーダーボルン聖堂司教に就任した。これは当時ドイツ最も若い司教であったマルクス2002年トリーア司教区ドイツ語版英語版)の司教となり、2008年にはミュンヘンおよびフライジング大司教に就任した彼は2010年には教皇ベネディクト16世によって名義聖堂ドイツ語版英語版)サン・コルビニアーノの枢機卿として枢機卿会に座を占めた。 ゲーセケ市(市区部を含む)の人口1998年初めて2万人を超え20,097人となった

※この「さらなる発展」の解説は、「ゲーセケ」の解説の一部です。
「さらなる発展」を含む「ゲーセケ」の記事については、「ゲーセケ」の概要を参照ください。


さらなる発展

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 16:03 UTC 版)

天体力学」の記事における「さらなる発展」の解説

1821年アレクシス・ブヴァール (1767-1843) は天王星天文表を出版したが、その後の観測ブヴァール計算食い違った。これは未知の惑星摂動よるものであると考えジョン・クーチ・アダムズ (1819-1892) とユルバン・ルヴェリエ (1811-1877) は独立にこの未知の惑星軌道計算しルヴェリエ予測をもとにヨハン・ゴットフリート・ガレ (1812-1910) が1846年海王星発見したアダムス計算結果受け取ったジェームズ・チャリス (1803-1882) とジョージ・ビドル・エアリー (1801-1892) も探索試みガレによる発見後に海王星見出したが彼らは発見者とは認められていない)。 1833年シメオン・ドニ・ポアソン (1781-1840) は独立変数として真近点角 f {\displaystyle f} ではなく時刻 t {\displaystyle t} を取ることを提案しPhilippe Gustave le Doulcetはこの方法を発展させた。 ルヴェリエ摂動関数の7次までの literal expansion遂行し1855年出版したルヴェリエ計算結果は最も広く用いられてきたものであるFelix Boquet は1889年ルヴェリエ結果を8次に拡張したほか、サイモン・ニューカム (1835-1909) らはさらに理論発展させた。ペーター・ハンゼン (1795-1874) も摂動論多くの貢献行った1856年ジェームズ・クラーク・マクスウェル (1831-1879) は土星の環固体であるならば不安定であることを証明し無数の粒子からできているであろうことを指摘した1889年フェリックス・ティスラン (1845-1896) は彗星同一性に関するティスランの判定式提案したティスランはまた4巻からなる天体力学概論』 (仏: Traité de mécanique céleste) を出版した

※この「さらなる発展」の解説は、「天体力学」の解説の一部です。
「さらなる発展」を含む「天体力学」の記事については、「天体力学」の概要を参照ください。


さらなる発展

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/30 04:01 UTC 版)

ネヴァンリンナ理論」の記事における「さらなる発展」の解説

20世紀の単変数複素関数に関する研究のほとんどが、ネヴァンリンナ理論焦点当てられていた。この研究の一つの方向性は、ネヴァンリンナ理論主要な結論最良のものであるかどうか見出すことであった例えば、ネヴァンリンナ理論逆問題は、与えられた点であらかじめ割り当てられ欠陥を持つ有理型関数構築することからなる。これは1976年にデイビット・ドラシン(英語版)によって解かれたもう一つの方向性は、平面上の全ての有理型関数クラスの様々なサブクラス研究集中していた。最も重要なサブクラス有限次数関数である。このクラスでは、欠陥関係に加えて欠陥いくつかの制限を受けることが判明した(Norair Arakelyan、デイビット・ドラシン、de:Albert Edrei、アレクサンドル・エレメンコ(英語版)、ヴォルフガング・フックス(英語版)、アナトリー・ゴルドベルク(英語版)、ウォルター・ヘイマン(英語版)、Joseph MilesDaniel Sheaオズヴァルト・タイヒミュラーAlan Weitsmanら)。 アンリ・カルタンヘルマン・ワイル、ヨアキム・ワイル、ラース・ヴァレリアン・アールフォルスは、ネヴァンリンナ理論正則曲線英語版)に拡張した。この拡張は、複素双曲幾何学主要なツールである。ヘンリック・セルバーグ(英語版)とジョルジュ・ヴァリロン(英語版)はネヴァンリンナ理論代数関数英語版)に拡張した古典的な一次元理論集中的な研究今も続いている

※この「さらなる発展」の解説は、「ネヴァンリンナ理論」の解説の一部です。
「さらなる発展」を含む「ネヴァンリンナ理論」の記事については、「ネヴァンリンナ理論」の概要を参照ください。


さらなる発展

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 03:44 UTC 版)

刑法典 (ポーランド)」の記事における「さらなる発展」の解説

数多く改正により、刑法典最初の明快さ失っている。そのため、法律家中には最近のEU規則整合的な全く新しい刑法典及び刑事訴訟法典を要求する者もいる。

※この「さらなる発展」の解説は、「刑法典 (ポーランド)」の解説の一部です。
「さらなる発展」を含む「刑法典 (ポーランド)」の記事については、「刑法典 (ポーランド)」の概要を参照ください。


さらなる発展

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/24 17:46 UTC 版)

鬼六流ドッカン飛車」の記事における「さらなる発展」の解説

持駒持駒Lady Killer Wham-Bam Rook 持駒持駒Gold Mino castle 2.2。△8四歩。後手は、飛車先歩を突くことで飛車アクティブし始める。つまり、居飛車位置選択3.3。▲4九玉。先手は玉を盤の左側から遠ざけ始める。 ここでの目的は、玉を金美濃囲いすばやく配置すること。 持駒持駒Lady Killer Wham-Bam Rook 持駒持駒Lady Killer Wham-Bam Rook 3.3。 △8五歩後手は歩交換目指して飛車先歩を進める4.4。 ▲7六歩。後手の歩突きに応じて先手角道開き、角の脱出ルート確保4.4。 △6二銀、5。 ▲4八銀。後手は右の銀を中央に向かって動かす。これは、振り飛車対戦相手に対する典型的な反応先手も同様。 持駒持駒Lady Killer Wham-Bam Rook 持駒持駒Lady Killer Wham-Bam Rook 5.5。△4二玉、6。 ▲3九玉。対局者双方駒組み段階で玉を盤の右側に移動後手囲いを築く。これは、振り飛車対戦相手に対して配置された居飛車側に典型的な指し方。 7。△3二玉 ▲2八玉。 13手目までに先手は玉を金美濃移動し終えた。 これは、飛車が8筋に移動させる前の鬼六流の基本的な位置

※この「さらなる発展」の解説は、「鬼六流ドッカン飛車」の解説の一部です。
「さらなる発展」を含む「鬼六流ドッカン飛車」の記事については、「鬼六流ドッカン飛車」の概要を参照ください。


さらなる発展

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 08:11 UTC 版)

持続可能な開発のための文化」の記事における「さらなる発展」の解説

2015年終了するミレニアム開発目標MDGs)をうけ、新たに持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択され持続可能な開発目標SDGs)が作成された。ユネスコもこれに合わせて新たな行動指標勘案するユネスコ業務の範疇として既に取組み始まっている分野は、貧困目標1)・食糧目標2)・平等(目標5)・エネルギー目標7)と目標6)で、教育目標4)・ジェンダー目標5)・都市環境目標11)・気候変動目標12)・平和(目標16)なども対象となり、目標1415の海洋資源保全陸地生態系保護森林管理砂漠化への対処土地劣化防止および生物多様性の損失阻止などは世界遺産生物圏保護区の登録・運用影響を与えることになる。

※この「さらなる発展」の解説は、「持続可能な開発のための文化」の解説の一部です。
「さらなる発展」を含む「持続可能な開発のための文化」の記事については、「持続可能な開発のための文化」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「さらなる発展」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「さらなる発展」の関連用語

さらなる発展のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



さらなる発展のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのゲーセケ (改訂履歴)、天体力学 (改訂履歴)、ネヴァンリンナ理論 (改訂履歴)、刑法典 (ポーランド) (改訂履歴)、鬼六流ドッカン飛車 (改訂履歴)、持続可能な開発のための文化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS