将棋類の一覧 将棋の道具を使う異種の遊戯

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 将棋類の一覧の解説 > 将棋の道具を使う異種の遊戯 

将棋類の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/13 07:55 UTC 版)

将棋の道具を使う異種の遊戯

  • ゼロサム
    • 飛び将棋中国語版 - 歩だけを用いて、相手の陣地に攻め込んでいくゲーム。高橋和女流三段のデザインで、「ぴょんぴょん将棋」(3×9マス)としてポプラ社から発売。
    • はさみ将棋 - 歩だけを用いて、相手の駒をはさんでとっていくゲーム。高橋和女流三段のデザインで、 「スイスイはさみ将棋」(6×9マス)としてポプラ社から発売。高橋和女流三段監修の「ドラえもん はじめての将棋」でも製品化。
    • 新将棋(8×5マス) - リバーシのように交互に駒を置いて、置いた駒の利きにある駒をすべて敵味方逆転させ、玉将を2枚とも持った側が勝ちとなる。1枚どうしのときは味方の駒の枚数で勝敗を決める。第4回アスキーエンタテインメントソフトウェアコンテスト・パーソナルコンピュータ作品賞[21]
  • すごろく
    • まわり将棋 - 将棋の駒を用いた双六。高橋和女流三段監修の「ドラえもん はじめての将棋」で製品化。
  • ごいた - 奥能登に伝わる伝統遊技。北尾まどか女流二段のデザインで、将棋ごいたとしてカードゲーム化された。
  • おはじき将棋 - 将棋の駒を指ではじいて、相手の駒を倒すゲーム。
    • お城将棋 - 将棋の駒を指ではじいて、相手の陣を崩すゲーム。高橋和女流三段監修の「ドラえもん はじめての将棋」で製品化。
  • 積木
    • 将棋崩し山くずし) - 一塊の山にした将棋の駒を交互にとっていくゲーム。高橋和女流三段監修の「ドラえもん はじめての将棋」で製品化。
    • 将棋倒し - ドミノ倒しの将棋バージョン。
    • 積み将棋 - 一つの駒の上に順番に駒を置いていき、倒してしまうと負け[22]

また、明治時代に刊行された『世界遊戯法大全』にもすでにいくつかの遊戯が見られる[23]


  1. ^ “仲村顕/沖縄将棋再興への一手◇にぎやかに指す伝統の「チュンジー」、教室開き次代へ◇”. 『日本経済新聞』朝刊文化面. (2017年4月5日). http://www.nikkei.com/article/DGKKZO14890470U7A400C1BC8000/ 
  2. ^ 「沖縄の児童遊戯から見た中国文化との関連性について」徳植勉 (1999年)
  3. ^ トランプの「戦争」と同じ「トリック・テイキング」ルール(数字が大きいほうが強い。2はAより強く、3はジョーカーより上)
  4. ^ 『どうぶつしょうぎ』プロ棋士が考案
  5. ^ 『どうぶつしょうぎ』&『ごろごろどうぶつしょうぎ』教室開催!
  6. ^ 近代将棋」1980年4月号(越智信義
  7. ^ 梅林勲・岡野伸共著改訂版 『世界の将棋・古代から現代まで』(将棋天国社
  8. ^ 友柳子編(1894)『征清将棋 : 百戦百勝』晩香楼 (国会図書館近代デジタルライブラリー)
  9. ^ 関ケ原古戦場:歴史民俗資料館:関ケ原町 観光ホームページ(2008年12月21日閲覧)
  10. ^ 関が原合戦将棋紹介
  11. ^ 梅林勲『世界の将棋・古代から現代まで』(将棋天国社、1997年)255ページ、および国際三人将棋(カピタンリバイバル 40)(2008年12月30日閲覧)。発表年を『世界の将棋』では1931年、「カピタンリバイバル」では1933年としている。
  12. ^ 現代将棋研究会機関誌『カピタン』(加藤徹・編集)の20号に、南雲自身が原稿を投稿し発表している。
  13. ^ 「9マス将棋の本」青野照市(幻冬舎 2017/6/29発売)
  14. ^ 基本となる初期配置は上記「3三将棋」と同一(左下に先手の玉、対角線となる右上に後手の王、持駒はともに銀と歩が一枚)。
  15. ^ ねとらぼ「まさに最初からクライマックス プロ棋士考案の「9マス将棋」、スタッフと対局してみた」(2016年06月10日)
  16. ^ 京翔・京鳳・京凰が正式名称で「京翔」2枚か「京鳳・京凰」各1枚を用いる
  17. ^ 伝統的な将棋にあるものと全く同じ
  18. ^ 伝統的な将棋にあるものと異なる
  19. ^ a b 金翅と金斗は伝統的な将棋の「右犬・左犬」「右車・左車」のように対になる駒である。 指し味は金翅と金斗で変わらないため、一般的には金翅を用いることが大半である。
  20. ^ 【ゲーム紹介】エクストリーム将棋|毎回マップと駒が変わり、いきなりクライマックスが楽しめる変則将棋!”. ニコボド (2021年2月27日). 2022年11月21日閲覧。
  21. ^ 第4回Aコン 受賞作品紹介(2008年12月21日閲覧)。
  22. ^ 昔遊び・折り紙・伝統芸術 > 積み将棋(2016年9月4日閲覧)
  23. ^ 『世界遊戯法大全』、明40、松浦、第二篇相対遊戯 第一章室内遊戯 第三節将棋の駒遊び
  24. ^ 津島直人”. 令和2年11月17日閲覧。
  25. ^ 小林白菜 (2022年2月14日). “【ハンター×ハンター】『軍儀(ぐんぎ)』最速試遊で原作がどこまで再現されているのかを検証! メルエムとコムギの対局が現実に!?”. ファミ通.com. https://www.famitsu.com/news/202202/14250581.html 2022年11月21日閲覧。 


「将棋類の一覧」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「将棋類の一覧」の関連用語

将棋類の一覧のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



将棋類の一覧のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの将棋類の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS