ドルアーガの塔 他機種版

ドルアーガの塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/10 03:21 UTC 版)

他機種版

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 ドルアーガの塔 198508061985年8月6日
ファミリーコンピュータ ナムコ ナムコ 320キロビットロムカセット[12] NTD-4900
2 ドルアーガの塔 1985101985年10月
MZ-1500 マイコンソフト 電波新聞社 クイックディスク DP-3201208
3 ドルアーガの塔 1986年夏
MZ-2500
FM77AV専用版
X1/turbo
マイコンソフト 電波新聞社 MZ25:3.5インチ2DDフロッピーディスク
FM77AV:3.5インチ2Dフロッピーディスク
X1:カセットテープ/5.25インチ2D
-
4 ドルアーガの塔 198610271986年10月27日
MSX ナムコ ナムコ ロムカセット 12
5 ドルアーガの塔 1987061987年6月
FM-7/77 マイコンソフト 電波新聞社 5.25インチ2Dフロッピーディスク -
6 ドルアーガの塔 199012311990年12月31日
ゲームボーイ エンジェル エンジェル 1メガビットロムカセット[13] DMG-ADA
7 ドルアーガの塔 199206251992年6月25日
PCエンジン ゲームスタジオ ナムコ 4メガビットHuCARD[14] NC92003 リメイク版
8 ナムコミュージアムVOL.3 199606211996年6月21日
199701311997年1月31日
199702121997年2月12日
PlayStation ナウプロダクション ナムコ CD-ROM SLPS-00390
SLUS-00398
SCES-00268
アーケード版の移植
9 ナムコギャラリーVOL.2 199611291996年11月29日
ゲームボーイ ナムコ ナムコ ロムカセット DMG-AN2J-JPN ゲームボーイ版の移植
10 ナムコヒストリーVOL.2 199711281997年11月28日
Windows ナムコ ナムコ CD-ROM - アーケード版の移植
11 ナムコミュージアムVOL.3
PlayStation the Best
199910281999年10月28日
PlayStation ナウプロダクション ナムコ CD-ROM SLPS-91160 廉価版
12 Ultra 2000
ドルアーガの塔
2001年9月5日[15]
Windows ナムコ メディアカイト CD-ROM -
13 ドルアーガの塔 2002年11月1日[16][17]
Jスカイ
Javaアプリ
ナムコ ナムコ ダウンロード
(ナムコアプリキャロットJ)
-
14 ドルアーガの塔 2003年2月21日[18]
504i
iアプリ
ナムコ ナムコ ダウンロード
(アプリキャロットナムコ)
-
15 ドルアーガの塔(復刻版) 200312052003年12月5日
ゲームキューブ ナムコ ナムコ 8センチ光ディスク - ファミリーコンピュータ版の移植
バテン・カイトス』先行予約特典(非売品)
16 Namco Museum Battle Collection
Namco Museum Battle Collection
ナムコミュージアム Vol.2
200508232005年8月23日
200512092005年12月9日
200602232006年2月23日
PlayStation Portable ナムコ ナムコ UMD ULUS-10035
UCES-00116
ULJS-00047
日本国外版は『VOL.1』と『VOL.2』が統合されている
17 ドルアーガの塔 200709272007年9月27日
Wii ナムコ ナムコ ダウンロード
バーチャルコンソール
- ファミリーコンピュータ版の移植
18 ナムコミュージアムDS 200710112007年10月11日
ニンテンドーDS ナムコ ナムコ DSカード - アーケード版の移植
19 ドルアーガの塔 WIDE版 2008年4月22日[19][20][21]
F903iF903iXF904i
F905iP905iSH905iTV
(iアプリ)
バンナム バンナム ダウンロード
(ナムコ・ゲームス)
- アーケード版の移植
20 ドルアーガの塔 200903252009年3月25日
PAL 200903252009年3月25日
2009年5月12日[22]
Wii ナムコ ナムコ ダウンロード
(バーチャルコンソールアーケード)
- アーケード版の移植
21 ナムコミュージアム バーチャルアーケード 200911052009年11月5日
Xbox 360 バンナム バンナム DVD-ROM -
22 ドルアーガの塔 2012年12月19日[23]
ニンテンドー3DS ナムコ バンナム ダウンロード
(バーチャルコンソール)
- ファミリーコンピュータ版の移植
23 ドルアーガの塔 2013年8月21日[24]
Wii U ナムコ バンナム ダウンロード
(バーチャルコンソール)
- ファミリーコンピュータ版の移植
24 ナムコミュージアムVOL.3 201312112013年12月11日
PlayStation 3
PlayStation Portable
(PlayStation Network)
ナウプロダクション バンナム ダウンロード
ゲームアーカイブス
- アーケード版の移植
25 ナムコミュージアム 201707282017年7月28日
201707282017年7月28日
201707282017年7月28日
Nintendo Switch バンナム バンナム ダウンロード - アーケード版の移植
26 ナムコットコレクション 202006182020年6月18日
Nintendo Switch B.B.スタジオ
M2
バンナム Switch専用ゲームカード
ダウンロード
- ファミリーコンピュータ版の移植
27 NAMCO MUSEUM ARCHIVES Vol.1 INT 202006182020年6月18日
Nintendo Switch(日本国外)
PlayStation 4
Xbox One
Windows(Steam)
B.B.スタジオ
M2
バンナム ダウンロード - NES版を収録
28 ドルアーガの塔 2022年6月2日[25][26][27][28]
PlayStation 4
Nintendo Switch
ナムコ ハムスター ダウンロード
アーケードアーカイブス
- アーケード版の移植

裏ドルアーガ

FC版には、宝箱の出現条件が通常版とは異なる「アナザー・ドルアーガの塔」と呼ばれるバージョンがあり、選択するとタイトル文字の色が灰色から濃緑に切り替わる。以後に発表された移植版でも、それぞれのプラットフォームオリジナルの特別版、いわゆる「裏ドルアーガ」が収録されることが多い。

特にPlayStation版(『ナムコミュージアムVol. 3』収録)には、裏ドルアーガとは別に「闇ドルアーガ」もあり、宝箱の出現条件の他にフロアのマップや獲得するアイテムそのものが通常版と異なっていた。PlayStation版で闇ドルアーガを呼び出すと、プログラムされているが本編では使われていないファンファーレが鳴り闇ドルアーガモードに突入する。表ドルアーガではあり得ない、サイズ2倍のスライムが出現したり、宝箱の中身が「数十万ポイント分のスコア」というものがあったりと、新たな要素が加えられている。

ファミリーコンピュータ版

以下はFC版の特徴で、オリジナルであるアーケード版では異なるか起こらない現象である。

  • 迷路が狭い。
  • 一部アイテムの色が違う。詳しくは上記参照。また取得済アイテム欄の配置順が改良され、マトック系とポーションの存在が常に確認できるようになった。
  • 敵の配置がアーケード版とは異なるフロアがあり、全体的に敵の数が減っている。
  • バランスの効果が「所有しているハイパー系アイテムの効果を正方向にする」と効果が少し異なっている[29]。このため、ハイパーガントレット以外のハイパー系アイテムはコンティニューを使ってバランスを後から取ってもドルアーガを倒すことができる。アーケード版はバランスを後から取ってもイビル系アイテムのままである。
  • ゴールドマトックと下位のマトックの2本を同時に所持することができる。このため2本目がシルバーマトックならば、1回までなら外壁に対してマトックを使って壊しても、支障なくゲームを続行できる。アーケード版はゴールドマトックを取得した時点で下位のマトックを失う。
  • マジシャン等の放つ呪文の色が、種類にかかわらずすべて白色。
  • ドラゴンがブレスを吐いている間はマジシャンがスペルを吐かず、現れても何もせず消える。ただしブレスが消えた瞬間にスペルを吐くようになるので、特殊な時間差攻撃になり得る。
  • ドラゴン・ローパーがホワイトソード以下の剣でも倒せる。
  • マジシャンと剣を出さずに通過しても即座にミスにはならず、体力が減るのみ。
  • ローパーと剣を出さずに通過しても普通にダメージを受けるだけ。
  • ドルアーガと剣を出さずに交差することができない。
  • 足踏み状態でナイトを倒せない。
  • ファイアーエレメントを剣を振っても消せない。
  • ダメージを与えたときに音が鳴る、アーケード版と逆。
  • 剣の攻撃力とリカバリーポイントがアーケード版と違っている。
  • 上位のブックは下位のブックの効果を兼ねない。
  • 一部の敵のスコアが違っている。
  • ドラゴンとウィスプの移動スピードの変更。
  • コンティニューボーナスがない。
  • シルバーマトックが各階で3回までは壊れず、4回目で必ず壊れるようになっている。この仕様変更のため、FC版ではゴールドマトックがクリア必須アイテムではなくなっている。
  • ドルアーガを倒すのにブルークリスタルロッドは必須ではない。これはロッド系の効果が単なる「ギルの体力が上がる」効果に変更されているためである。よってグリーン・レッド両クリスタルロッドも取る必要はなくなっている[30]
  • イビルヘルメットの体力値の変更がハイパーヘルメットと同じ。ただしドルアーガとは戦えない。
  • 41Fをクリアしてもポーション系アイテムはなくならない。これはアイテムの格納方式がアーケード版とでは異なり、消す必要がなくなったからである。
  • ハイパーアーマーを持っている状態で呪文を受ける等して体力を最低にすると、リング系を所持していてもウィスプ系に触れるとミスになる。
  • ポーションオブデスのタイムの減少スピードがアーケード版よりゆるやか。
  • 44Fのマジシャンの出方が異なる。画面上で一種類しか出ない。そのため、目当てのマジシャンがいつまで経っても出ないという危険がある。
  • イビルソードの攻撃力がエクスカリバーと同じ。ただしドルアーガの分身ウィザードは倒せない。
  • 52Fではブラックドラゴンの代わりにクオックスになっているが強さはブラックドラゴンのままである。
  • サッカバスを倒しても、扉を通過することで再び現われる。また、サッカバスについては「剣を出さずに触れるとまもなくしてミスとなる」という設定が省略されており、よってダミーのブルークリスタルロッドも持たない。
  • 残りタイムが60秒を切って以降に出現するウィスプ系は青と赤1つずつしか出現しない。ここでは赤は残り50秒で、青は残り40秒で、それぞれ現れる。
  • 60FでZAPする条件を満たすとすぐにZAPする。
  • 60FでタイムオーバーになってもZAPせずそのフロアで再びプレイできる。
  • 特定の操作でラウンドセレクトができる。その際に別の操作を組み合わせることで、アイテムの選択もできる。
  • ラウンドセレクトをしたうえでZAPして、戻されたフロアをクリアすると、バグ面が現れることがある。面セレクトすると60面よりも上のフロアがセレクトできるのでバグ面となる。
  • 裏ドルアーガで一部宝の効果が違っているものがある。
    • サファイアメイス - 持っていないとルビーメイスが取れなくなっている。
    • リング系アイテム - 下位のリングを持っていないと上位のリングは取れなくなっている。

また、FC版では攻略本が出版されたが、アイテムの出現方法が違う内容で記載されていたり、60Fのクリア方法は全く違う内容が記載されていた。

ゲームボーイ版

ゲームボーイ版はナムコではなくエンジェルから発売された。発売日は1990年12月31日

体力値が画面に数字で表示されており、スライムの体当たりやマジシャン等の呪文を受けてもダメージを受けるだけで済む。基本的にどのモンスターに対して剣を出しての交差で5の減少、剣を出さない場合や呪文の被弾で10の減少となる。鎧等のアイテムは最大HPの上昇に割り当てられており[31]、取得せずともクリアが可能。各階層をクリアしてもHPは固定値回復のみとなる。 残機(プレイヤーストック)の概念がなく体力が尽きるとその場でゲームオーバーになるが、パスワードによる継続機能があったりとゲームシステムがアレンジされている[10]。一部のフロアでは宝箱の出現方法がオリジナル仕様になっている[10]。また、一部フロアに関しては迷路ではなく大部屋でのボス戦に差し替えられている。

のちに発売された『ナムコギャラリーVOL.2』にも収録された。

PCエンジン版

PCエンジン版は1992年6月25日に発売された。メディアはHuカード

画面が俯瞰(斜め上からの見下ろし)であったりアイテムを好きな時に使用できるといった改変がなされた。遠藤は「オリジナルの迷路は長方形で塔らしくなくて嫌だったが、基板の問題でどうしようもなかった。PCエンジン版の正方形の迷路が本当にやりたかった『ドルアーガの塔』の迷路だった」と語っている[32]

『カイの冒険』同様にフロアごとにイシターが登場して宝箱の出現条件のヒントを教えてくれるほか、ビジュアルシーンによるキャラクターのセリフが追加され設定上でしか語られなかったストーリー要素がゲームに反映されている。また、タイトル画面でFC版の隠しコマンドを入力すると「ウラめんなんてありませんよ」などといったメッセージが表示されたりと、過去の移植版をもじった要素もある。以下に主だった変更点について記す。

アイテムの装備
オリジナル版およびそれまでの移植版では手に入れたアイテムはその場で強制的に装備、もしくは効果発動となっていたが、本作ではプレイ中にステータス画面を呼び出して任意に装備や使用アイテムの変更ができるようになった。武器・防具には構えた状態でも正面から呪文を受けられる剣「スペルキャンセラー」、ギルが全身黒ずくめになり敵に追いかけられなくなる「ブラックナイトアーマー」、宙に浮いて歩くことで地面に張りついた敵に当たらなくなる「レビテイトブーツ」など、オリジナル版になかった特殊な効果を持つものもある。
武器・防具以外にも装備する、もしくは装備して使うことではじめて効果が表れるものが多い。前者は装備アイテム、後者は登録アイテムと呼ばれ、それぞれ一度に1つずつ装備可能。
宝箱の種類の追加
主にゲームクリアに必須のアイテムが入ったメイン宝箱のほかに、ゲームをより有利に進められる「スペシャルアイテム」の入ったスペシャル宝箱が追加された。スペシャルアイテムは基本的に使い捨ての登録アイテムで、背後に壁を作って緊急回避に使える「トゥラウアル」、使ったその場でフロアを移動できる「ロープ」「スコップ」、特定の敵からダメージを受けなくなる「クリスタル」、敵全滅など様々な魔法がこめられた巻物スクロール」などの種類がある。またメイン宝箱に関しては、前述の通りフロア開始時にイシターが出現条件のヒントをくれるようになっている(一部難易度を除く)。
難易度選択
難易度が下記の4種類から選べるようになっており、敵の出現数や継続機能の制限などで違いがある。ゲームボーイ版と同じく残機の概念がなく、ミスすると即ゲームオーバーのような扱いとなる。
  • イージー - 復活の回数は無限で、ゲームオーバーになってもタイトル画面に戻らずすぐに再開となる。またギルのステータス上昇に使える「勇気のシンボル」がフロアをクリアするだけで手に入り、パスワードコンティニューも可能。制限時間もなく、モンスターのステータスも他のレベルより低い。
  • ノーマル - 「勇気のシンボル」がフロア上に落ちているものを回収しないと手に入らないほか、モンスターのステータスがイージーより高い。ほかはイージーと同じ。
  • ハード - モンスターのステータスがノーマルより高く、出現パターンも上記2つのレベルをベースに数が増えるなど、厳しいものになっている。またオリジナル版のように制限時間がつき、タイムが少なくなるとウィル・オー・ウィスプが出現する。コンティニューには10回の制限がつき、勇気のシンボルは登場せずパスワードも使えない。上記2つのレベルでは画面上にあったマトック残り使用回数の表示もなくなる。
  • プロゲーマー - ハードの条件に加え、宝箱の出現条件が変わり、イシターがそのヒントをくれなくなる。モンスターのステータスはハードよりも高く、出現パターンもまったく違うものに変化する。また上記3つのレベルで画面上にあった体力値の表示がない。コンティニューは3回のみで、スペシャルアイテムも出現しない。本難易度のみフロア中に発生する会話シーンが省略され、エンディングがアーケード版をもとにした特別なものになる。
モンスターの追加
オリジナル版と比べてモンスターが大幅に追加された[注釈 18]。その中には「バンパイヤ」や「ランドアーチン」など『イシターの復活』に登場するモンスターや「ホワイトナイト」などゲームブックに登場するモンスターも含まれている。

パソコン版

電波新聞社より、FM-7/77版、FM77AV専用版、MZ-1500版、MZ-2500版、X1シリーズ版が、それぞれ発売された。一部の移植作品には、宝箱の出し方が異なる「裏ドルアーガ」が存在する。

MSX版はナムコよりナムコットシリーズとしてROMカートリッジで発売された。ハードウェアスペックの限界から「キャラクターは単色」「スクロールは8ドット単位」など、FC版をさらにダウンスケールさせたような内容となっている。

また、1989年にはユーザーによる非公式のX68000版が作成され、主に草の根BBSを通して配布された。

携帯アプリ版

2002年より、フィーチャーフォン用アプリケーションとしてNTTドコモauソフトバンクの各キャリア向けに移植された。これらは宝箱の出し方を記した「攻略ウィンドウ」や、最初から宝箱が出現した「EASYモード」を搭載している。また、下位機種向けに全16階構成の『ドルアーガの塔mini』も配信された[16]

2008年には、F903iなどのディスプレイを90度横に回転させられる機種向けの『ドルアーガの塔 WIDE版』が登場。ステージを横長のディスプレイいっぱいに表示し、横スクロールがほぼ抑えられている[19][20][21]

さらに2011年2月17日頃 - 5月16日、携帯SNSサイト「モバゲータウン」にて、『ドルアーガの塔 for モバゲー』を無料配信。本作のみ「SHORT」というスコアアタックモードが用意されていた。

ニンテンドーDS版

DSの特徴である2画面を使って、ゲーム画面以外の別画面にはそのフロアで出現する宝箱アイテム、宝箱の出し方やアイテム解説などが表示されるお手軽攻略「プレイナビ」機能が搭載されており、攻略本や攻略サイトに頼らなくても全フロアの宝箱出現方法が分かる。また縦画面モードにも対応している。

アーケードアーカイブス版

「こだわり設定」で起動画面の表示、ゲームスピードの調整、原作挙動の再現、メッセージテキストの原作再現、体力とマトック数と宝物出現通知の表示の設定が可能。ただし、原作挙動の再現はゲームの進行が不可能になる場合がある。また、「ボタン設定」にて「マップ情報の表示」をボタンに割り当てると、ゲーム中にフロアのマップや宝物の出し方などの情報を見る事ができる。ZAPした場合、オンラインランキング登録にてスコアの横にZAPの表示が付く。


注釈

  1. ^ PlayStation版のVol. 3、PlayStation Portable版のVol. 2、ニンテンドーDS版、Xbox 360版、Nintendo Switch版。
  2. ^ 全5種のNo.2、生産終了。
  3. ^ こちらは同シリーズの主人公であるリンク左利きのため、剣を出した状態では盾が右側を向いている。
  4. ^ フロア開始時から出現している。
  5. ^ 金は1フロア255回まで使用可能で事実上無制限。
  6. ^ 最上位のブックのみを取得した場合でも、下位のブックの全効果が有効になる。
  7. ^ アイテムにより一時的に体力が高くなっている場合も、本来の上限まで戻される
  8. ^ 各種攻略書籍による値。プログラムでは10 - 17階の範囲となっている。
  9. ^ ただし、52階の青い鎧を入手すると、1回だけ耐えられるが体力は最低値になる。
  10. ^ ただし、前者は27階、後者は46階のネックレスを入手すると、触れてもミスにならなくなる
  11. ^ ただし、21・39・54階の指環を入手すると、対応するウィスプに触れてもミスにならなくなる。
  12. ^ フロア開始時は白字で20000から始まり、一旦ゼロになると赤字で60から始まる。
  13. ^ 59階のZAP条件ではミス扱いにならない。
  14. ^ カイの冒険』のエンディングでは、「ブルークリスタルロッドの力で封印されたスーマール帝国の騎士達が蘇ったもの」とされている。
  15. ^ 壁を抜けて侵入した瞬間だけは吐かれる場合がある。
  16. ^ 例外的に『イシターの復活』のROOM77に登場し、Sleepの呪文を使わない限り触れるとミスになる。
  17. ^ 扉がごく近くにあればミスになる前に次の階へ進めるが、クリアに必須なアイテムを取得できなくなる。
  18. ^ ただし、ダークグリーンスライムやドルイドゴーストなど、削除されたものもいる。
  19. ^ ナイト系の敵を倒してエクステンドした際の画面表示など。
  20. ^ ナムコヒストリー VOL.2』収録の本作では、オプションで「OLD」と「NEW」よりバージョンを選択できる。

出典

  1. ^ a b c d e ナムコ創立50周年記念企画「アナタとワタシのナムコ伝」 (PDF)”. バンダイナムコエンターテインメント. 2017年11月5日閲覧。
  2. ^ バンダイナムコゲームス ナムコミュージアム vol2(PSP版)紹介ページ
  3. ^ バンダイナムコゲームス ナムコミュージアムDS 紹介ページ
  4. ^ バンダイナムコゲームス Wii バーチャルコンソール アーケード 紹介ページ
  5. ^ ナムコプロモーションビデオ ドルアーガの塔より。
  6. ^ a b c d e 「最も愛されたゲームたち!! 読者が選んだベスト30」『ザ・ベストゲーム 月刊ゲーメスト7月号増刊』第6巻第7号、新声社、1991年7月1日、 26 - 27頁、 雑誌03660-7。
  7. ^ MMOドルアーガ お知らせ
  8. ^ マイウェイ出版『死ぬ前にクリアしたい200の無理ゲー ファミコン&スーファミ』 (ISBN 9784865119855、2018年10月10日発行)、5ページ
  9. ^ マイコンBASICマガジン編集部、1984年、「CHALLENGE HIGH SCORE!」、『マイコンBASICマガジン』3巻10号(1984年10月号別冊付録「スーパーソフトマガジン」)、電波新聞社 p. 19
  10. ^ a b c M.B.MOOK『懐かしゲームボーイパーフェクトガイド』 (ISBN 9784866400259)、57ページ
  11. ^ スーパーファミコンソフト『ザ・ブルークリスタルロッド』デモ画面より。
  12. ^ a b 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店、1991年5月10日、 120 - 121頁。
  13. ^ a b c d 「5月24日号特別付録 ファミコンディスクカード ゲームボーイ スーパーファミコン オールカタログ」『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第10号、徳間書店、1991年5月24日、 145頁。
  14. ^ a b c d e 「10月号特別付録 PCエンジンオールカタログ'93」『PC Engine FAN』第6巻第10号、徳間書店、1993年10月1日、 21頁。
  15. ^ ドルアーガの塔がWin用低価格シリーズで復活!” (日本語). SOFTBANK GAMES NEWS INDEX. ITmedia (2001年8月29日). 2019年11月9日閲覧。
  16. ^ a b 津田啓夢 (2002年10月31日). “「ドルアーガの塔」がJ-スカイのJavaアプリで登場” (日本語). ケータイ Watch. インプレス. 2019年3月17日閲覧。
  17. ^ ついに「ドルアーガの塔」がJ-PHONEに建立!” (日本語). SOFTBANK GAMES NEWS INDEX. ITmedia (2002年10月31日). 2019年3月17日閲覧。
  18. ^ 津田啓夢 (2003年2月21日). “ナムコ、名作「ドルアーガの塔」の504i向けiアプリ配信” (日本語). ケータイ Watch. インプレス. 2019年3月17日閲覧。
  19. ^ a b 横向きワイド画面対応に──iアプリ「ドルアーガの塔WIDE版」登場” (日本語). ITmedia Moblie. アイティメディア (2008年4月22日). 2019年3月17日閲覧。
  20. ^ a b 太田亮三 (2008年4月22日). “バンダイナムコ、「ドルアーガの塔」に横画面対応版” (日本語). ケータイ Watch. インプレス. 2019年3月17日閲覧。
  21. ^ a b 『マッピー』に続き、iアプリ『ドルアーガの塔 WIDE版』も配信開始”. iNSIDE. イード (2008年4月22日). 2019年1月13日閲覧。
  22. ^ 迷宮の扉が再び開く――『ドルアーガの塔』VCアーケードに登場” (日本語). 電撃オンライン. KADOKAWA (2009年5月11日). 2019年3月17日閲覧。
  23. ^ ナムコの名作アクションRPG『ドルアーガの塔』3DSバーチャルコンソールで配信決定” (日本語). iNSIDE. イード (2012年12月12日). 2019年11月9日閲覧。
  24. ^ 津久井箇人 a.k.a. そそそ (2013年8月9日). “Wii Uバーチャルコンソール8月21日配信タイトル ― 『はじまりの森』『ドルアーガの塔』の2本” (日本語). iNSIDE. イード. 2019年11月9日閲覧。
  25. ^ Switch/PS4『アケアカ ドルアーガの塔』が6月2日より配信開始。アイテムを集めて主人公ギルを強化しながら塔を攻略していくアクションRPG” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA (2022年6月1日). 2022年6月4日閲覧。
  26. ^ 吉田航平 (2022年6月1日). “PS4/SwitchにてアクションRPG「アーケードアーカイブス ドルアーガの塔」が6月2日に配信” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2022年6月4日閲覧。
  27. ^ 杉浦 諒 (2022年6月1日). “「アーケードアーカイブス ドルアーガの塔」が6月2日発売へ。隠されたアイテムを駆使し,塔の最上階を目指すアクションRPG” (日本語). 4Gamer.net. Aetas. 2022年6月4日閲覧。
  28. ^ 名作アクションRPGの復刻版『アーケードアーカイブス ドルアーガの塔』が6月2日に発売決定。悪魔にさらわれた恋人を救うため巨大な塔を駆けあがれ” (日本語). 電ファミニコゲーマー. Mare (2022年6月1日). 2022年6月4日閲覧。
  29. ^ 集英社の「ファミコン神拳」単行本では「後に出る装備品の呪いを解く」と公式発表とは別の解釈で掲載されている。
  30. ^ 『裏ワザ大全集 ドルアーガの塔』二見書房[要ページ番号]頁。 
  31. ^ 最大HPは400
  32. ^ 『ナムコミュージアムvol.4超研究』メディアファクトリー、110頁。 
  33. ^ a b 遠藤雅伸「ゲーム技術の黎明期に、中二病全開でつくったら『ゼビウス』ができた」”. ピースオブケイク (2015年8月6日). 2018年10月9日閲覧。
  34. ^ 立命館大学、「ドルアーガの塔」のセミナーを実施 遠藤氏が企画初期の流れを披露。ゴンゾ橋本氏はアニメの狙いを語る”. GAME Watch (2008年5月12日). 2017年11月5日閲覧。
  35. ^ a b 乃木章 (2018年10月8日). “スライムはどうして「最弱キャラ」になったのか? イメージを定着させた“戦犯”が告白【「転スラ」特集】”. アニメ!アニメ!. イード. 2018年10月9日閲覧。
  36. ^ 遠藤雅伸公式blog「ゲームの神様」 2008年7月4日の記事 2016年8月5日閲覧
  37. ^ TV番組『ゲームセンターCX』2004年2月10日放送分・遠藤雅伸インタビューより。
  38. ^ 新明解ナム語辞典ソフトバンク出版事業部、15頁。 
  39. ^ a b 『ナムコミュージアムvol. 3 Perfect Guide』ソフトバンク出版事業部、100頁。 
  40. ^ オールアバウトナムコ電波新聞社[要ページ番号]頁。 
  41. ^ The Tower of Druaga for Arcade (1984)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年1月21日閲覧。
  42. ^ a b c The Tower of Druaga for Wii (2007)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年1月21日閲覧。
  43. ^ a b ドルアーガの塔 まとめ [ゲームボーイ]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2015年6月13日閲覧。
  44. ^ a b ドルアーガの塔 まとめ [PCエンジン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2015年11月22日閲覧。
  45. ^ a b c 「ザ・ベストゲーム」『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社、1998年1月17日、 92頁、 ISBN 9784881994290
  46. ^ a b 女性向け恋愛SLG「ドルアーガの塔 Tower of Defender」,本日配信スタート。モンスターとバトルしながらラブミッションでパートナーとの絆を深めよう”. 4gamer.net 女子部(仮) (2017年12月8日). 2018年10月5日閲覧。
  47. ^ TAMAARI SUPER QUEST たまアリスーパークエスト Vol.3”. 2020年6月23日閲覧。






固有名詞の分類

Windows用ゲームソフト 三國志V  蒼き狼と白き牝鹿・ジンギスカン  ドルアーガの塔  暗算カードバトル メキメキモンスターズ  マインスイーパ
ファミリーコンピュータ用ソフト ファイアーエムブレム外伝  蒼き狼と白き牝鹿・ジンギスカン  ドルアーガの塔  まじかるキッズどろぴー  ルナーボール
携帯電話アプリゲーム 美少女遊び  執事たちの恋愛事情  ドルアーガの塔  まじかるキッズどろぴー  フォーメーションZ
バーチャルコンソール対応ソフト パネルでポン  ナックルヘッズ  ドルアーガの塔  ルナーボール  ファイナルファンタジーUSA ミスティッククエスト
ゲームボーイ用ソフト 漢字BOY  新SD戦国伝 地上最強編  ドルアーガの塔  クレヨンしんちゃん2 オラとわんぱくごっこだゾ  真・女神転生 デビルチルドレン 白の書
PCエンジン用ソフト デッド・オブ・ザ・ブレイン  ハイパーウォーズ  ドルアーガの塔  スーパー桃太郎電鉄  はたらく少女 てきぱきワーキン・ラブ
MSX/MSX2用ソフト サイコワールド  蒼き狼と白き牝鹿・ジンギスカン  ドルアーガの塔  コスモスサーキット  水滸伝・天命の誓い
架空の建築物 天空の城ラピュタ  サンダーバード5号  ドルアーガの塔  亀有公園前派出所  隠れ穴
バビロニアンキャッスルサーガ カイの冒険  イシターの復活  ドルアーガの塔  ドルアーガオンライン THE STORY OF AON  ドルアーガの塔 The Recovery of BABYLIM

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ドルアーガの塔のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ドルアーガの塔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドルアーガの塔 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS