マイコンBASICマガジンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > マイコンBASICマガジンの意味・解説 

マイコンBASICマガジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/30 09:05 UTC 版)

マイコンBASICマガジン』(マイコンベーシックマガジン)は、電波新聞社1982年から2003年まで刊行していたホビーユーザー向けパーソナルコンピュータ(パソコン)関連雑誌。略称は「ベーマガ」。判型は当初B5、1990年4月号からA4変形。発売日は当初は毎月10日で、1986年2月号から毎月8日となった。


注釈

  1. ^ 誌名は『マイコンBASICマガジン パソコン・ゲーム大全集』。
  2. ^ 誌名は『マイコンBASICマガジン パソコン・ゲーム大全集Ⅱ』。
  3. ^ 1992年にMy Computer Magazineと誌名も改称されている。
  4. ^ PC-6001などエラーメッセージを簡略化している機種で、OverFlowを"OF"と略していた。
  5. ^ 数ヶ所欠落した短いプログラムに対し、ゲーム内容などから本来あるべき記述を推定する、穴埋めクイズが多く見られた。
  6. ^ 「読者の闘技場」と「新・読者の闘技場」の間、「新・読者の闘技場」と「真・読者の闘技場」の間には休載期間がある。「真」以降はほぼ継続して連載された。
  7. ^ 1993年5月21日に秋葉原ラオックス・コンピュータ館で開催された、出版社対抗ぷよぷよ大会の模様を描いた小説。なお、大会は1位・2位をベーマガチームが独占した。
  8. ^ ベーマガ1991年2月号に掲載された「F-ZERO 1分59秒台への道」を改題したもの。コースのひとつ「MUTE CITY I」で、当時まだ任天堂でしか記録されていなかった2分未満のタイムレコードを実現するまでの技術開発の模様を描いた小説。同記事は翌月から「F-ZERO 1分58秒台への道」として、コース毎の最速タイムレコードやテクニックを掲載するコーナーになった。

出典

  1. ^ 『マイコンBASICマガジン』1991年1月号pp.226-227。
  2. ^ 『マイコンBASICマガジン』1996年5月号p.101。
  3. ^ ITmedia News:ベーマガ、4月8日発売号で休刊へ”. 2018年8月13日閲覧。
  4. ^ やじうまPC Watch:さようなら「ベーマガ」”. 2018年8月13日閲覧。
  5. ^ CEDEC AWARDS 2010 最優秀賞発表!、コンピュータエンターテインメント協会 - 2019年3月30日閲覧。
  6. ^ ALL ABOUT マイコンBASICマガジン”. 2018年3月16日閲覧。
  7. ^ ALL ABOUT マイコンBASICマガジン II”. 2018年3月16日閲覧。
  8. ^ Taro Ohashi” (英語). www.facebook.com. 2018年12月19日閲覧。
  9. ^ 電子工作マガジン 2018 WINTER 12月19日(水)発売 – 電子工作マガジン”. denkomagazine.net. 2019年1月6日閲覧。
  10. ^ ALL ABOUT マイコンBASICマガジン 2015 イベントダイジェスト映像 - YouTube 3分18秒付近。
  11. ^ 『マイコンBASICマガジン』1994年5月号p.128。
  12. ^ a b 『マイコンBASICマガジン』1999年3月号p.202。
  13. ^ Gessey9のツイート(954674990456086528)


「マイコンBASICマガジン」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マイコンBASICマガジン」の関連用語

マイコンBASICマガジンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マイコンBASICマガジンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマイコンBASICマガジン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS