一力 遼とは?

一力遼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 09:27 UTC 版)

一力 遼(いちりき りょう、1997年6月10日 - )は、日本囲碁棋士河北新報社新聞記者宮城県仙台市出身[1]


  1. ^ <囲碁棋聖戦>第1局始まる 一力遼八段、井山棋聖に挑む」『河北新報』。2018年9月19日閲覧。オリジナルの2018-9-19時点におけるアーカイブ。
  2. ^ (月刊囲碁)待ってろ芝野、白星発進 「令和三羽烏」の一力遼、許家元 第45期名人戦リーグ開幕 朝日新聞”. 2020年5月5日閲覧。
  3. ^ 第75期本因坊戦挑戦者決定リーグ 芝野虎丸名人-許家元八段 第15局の2 毎日新聞”. 2020年5月5日閲覧。
  4. ^ 将来は名門新聞社社長も兼務する!?囲碁トッププロ・一力遼八段は何者? Number Web”. 2020年5月5日閲覧。
  5. ^ “第26回少年少女囲碁大会”. 日本棋院. http://www.nihonkiin.or.jp/amakisen/junior-gochampionship/26/s_r.htm 2014年7月21日閲覧。 
  6. ^ 「次世代人 囲碁棋士 一力遼さん 13 王子が始動 まず一勝」『読売新聞』夕刊 2010年8月7日
  7. ^ 「顔 若手棋戦で優勝した高校棋士 一力遼さん」『読売新聞』2013年5月25日
  8. ^ 平成21年度冬季棋士採用試験本戦
  9. ^ 平成22年度冬季棋士採用試験本戦
  10. ^ 産経新聞 解答乱麻 2010年10月3日閲覧
  11. ^ “夏季採用棋士決定”. 日本棋院. (2010年7月2日). http://www.nihonkiin.or.jp/news/2010/07/post_280.html 2014年7月21日閲覧。 
  12. ^ “中1一力君、囲碁のプロ棋士に 仙台出身”. 共同通信. (2010年6月27日). http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010062701000446.html 2014年7月21日閲覧。 
  13. ^ 産経新聞 2013年10月23日囲碁欄
  14. ^ “一力四段、棋聖戦リーグ入り 史上最年少の16歳9カ月”. 共同通信. (2014年3月21日). http://www.47news.jp/CN/201403/CN2014032101001947.html 2014年7月21日閲覧。 
  15. ^ “世界囲碁、一力が初代優勝者に 若手棋士のグロービス杯”. 共同通信. (2014年5月11日). http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014051101001395.html 2014年7月21日閲覧。 
  16. ^ a b “一力が新人王獲得!【第39期新人王戦決勝三番勝負第3局】”. 日本棋院. (2014年9月25日). http://www.nihonkiin.or.jp/match/2014/09/393.html 2014年12月31日閲覧。 
  17. ^ 囲碁天元戦、19歳の一力七段が挑戦権 井山天元に挑む
  18. ^ 日本棋院
  19. ^ 一力七段、甲級リーグへ参戦(日本棋院)
  20. ^ <一力七段 2タイトル戦に挑む>天下分け目の10番勝負
  21. ^ <囲碁>一力七段、棋聖への挑戦権/決定戦 山下九段に勝利
  22. ^ 井山・一力「十七番勝負」に 初の3棋戦連続同一カード
  23. ^ a b 【昇段】一力 遼八段に昇段
  24. ^ 王座戦で井山が防衛 7冠復帰初戦をストレート勝ち
  25. ^ 第42期 棋聖戦
  26. ^ 情熱大陸 13歳から「勝負師」として生きて来たハタチのプロ囲碁棋士・一力遼の涙の味”. 2018年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月8日閲覧。
  27. ^ 第66期 王座戦
  28. ^ 第27期 竜星戦
  29. ^ 第25期 阿含・桐山杯 全日本早碁オープン戦
  30. ^ 第53回棋道賞が決定”. 日本棋院 (2020年2月18日). 2020年8月15日閲覧。
  31. ^ "囲碁の一力八段が河北新報に 棋士と記者、二足のわらじ". アサヒ・コム. 朝日新聞社. 1 April 2020. 2020年4月1日閲覧
  32. ^ “プロ棋士・一力遼の巣ごもり生活 ネットで練習対局、解説も”. 河北新報オンラインニュース. 河北新報社. (2020年5月25日). https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202005/20200525_75023.html 2020年5月26日閲覧。 
  33. ^ 一力碁聖奪取、悲願の七大タイトル獲得!【第45期碁聖戦挑戦手合五番勝負第3局】”. 日本棋院 (2020年8月14日). 2020年8月15日閲覧。
  34. ^ 第45期碁聖戦”. 日本棋院. 2020年8月15日閲覧。
  35. ^ 激戦の末、一力がタイトル奪取!!【第46期天元戦挑戦手合五番勝負第5局】”. 日本棋院. 2021年3月21日閲覧。
  36. ^ 【昇段】一力 遼九段に昇段”. 日本棋院. 2021年3月21日閲覧。
  37. ^ 第54回棋道賞が決定”. 日本棋院. 2021年3月21日閲覧。
  38. ^ 2020年賞金ランキングが決定”. 日本棋院. 2021年3月21日閲覧。
  39. ^ 現役男子最年少プロ棋士「一力遼さん」来社-かわら版 49号 (PDF)”. 日本製紙 (2011年1月1日). 2018年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月14日閲覧。
  40. ^ “一力遼七段、早稲田の杜へ「文碁両道」まっしぐら”. 産経新聞. (2016年5月23日). オリジナルの2018年9月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180919163721/http://www.sankei.com/life/news/160523/lif1605230004-n1.html 2018年9月19日閲覧。 
  41. ^ “一力七段、初優勝 囲碁・グランドチャンピオン戦”. 朝日新聞デジタル. (2017年3月23日). http://www.asahi.com/articles/DA3S12856473.html 2017年7月18日閲覧。 
  42. ^ “一力七段が初優勝 囲碁グランドチャンピオン戦”. 河北新報. (2017年3月19日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201703/20170319_13031.html 2017年7月18日閲覧。 
  43. ^ 囲碁の日本棋院” (日本語). 囲碁の日本棋院. 2021年3月22日閲覧。
  44. ^ 第50回大倉喜七郎賞・第58回秀哉賞の受賞者決まる 日本棋院 2021年03月16日


「一力遼」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「一力 遼」の関連用語

一力 遼のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



一力 遼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本棋院日本棋院
Copyright © 1996-2021 Nihonkiin all rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの一力遼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS