住友銀行とは?

住友銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/02 01:53 UTC 版)

株式会社住友銀行(すみともぎんこう、英称The Sumitomo Bank, Limited、略称:SMTM)は、かつて存在した日本の都市銀行。略称は「住銀」。




  1. ^ 京浜地方の行員からは営業上の問題から抵抗もあった。
  2. ^ 新行名の候補として、富士銀行国民銀行という案もあったが富士銀行は安田銀行と競合し、結局同行が富士銀行と名乗る。国民銀行という案も庶民金庫(現:信用金庫)や国民金融公庫と英名が同じとなるため見送った。一方、同じ住友系である住友信託は同様の件で、富士信託銀行と名乗った。
  3. ^ 機屋(はたや)とは、当時の東海経済の中心であった繊維産業の蔑称。この場合は、トヨタ自動車の源流である豊田自動織機製作所(現・豊田自動織機)を示している。
  4. ^ なお、三井・住友とともに三大財閥系銀行の一つである、三菱銀行(当時は千代田銀行)は、取引解消とはならなかったものの、再建策には消極的であった。このため、三菱銀行(およびその後身である東京三菱銀行)とトヨタ自動車の関係は、長らく海外での資金調達や決済など一部の取引に限られていた(日本経済新聞 2004年7月22日)
  5. ^ 所謂「工販分離」である。1982年に工販合併により、現在のトヨタ自動車が発足された。
  6. ^ 合併後、2年間に三井住友銀行(SMBC)が処理した2兆6000億円の不良債権のうち、約2兆円が住銀関連であった。財務体質が強いと言われた住銀でさえも、巨額の不良債権を抱えていたことは、当時の金融危機の深層を如実に示している。なお、SMBCでは不良債権処理を頭取直轄の「融資第3部」が担っていたが、同部員の大半は旧住銀行員で行内では「西川案件」と呼ばれていたと言われている。
  7. ^ 日本経済新聞 1999年10月15日
  8. ^ 日本経済新聞 1999年11月24日
  9. ^ 1999年10月30日付日本経済新聞


「住友銀行」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「住友銀行」の関連用語

住友銀行のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ビーノ

蓋

ハンド

瀬田廃寺

室戸岬灯台

ハングオフ

ハンノキイグチ

ニュー四国





住友銀行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの住友銀行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS