横浜エフエム放送 横浜エフエム放送の概要

横浜エフエム放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/12 09:52 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
横浜エフエム放送
YOKOHAMA F.M. BROADCASTING Co.,Ltd.
種別 FMラジオ放送
放送対象地域 神奈川県
系列 独立
略称 YFM
愛称 Fm yokohama 84.7(FMヨコハマ)
コールサイン JOTU-FM
開局日 1985年12月20日
本社 〒220-8110
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 横浜ランドマークタワー10F
演奏所 本社と同じ
親局 / 出力 大山 84.7MHz / 5kW
主な中継局 小田原 80.4MHz / 100W
磯子 87.0MHz / 100W[1][2]
公式サイト https://www.fmyokohama.co.jp/
特記事項:2011年4月12日より「radiko.jp」に参加。
テンプレートを表示
横浜エフエム放送株式会社
YOKOHAMA F.M. BROADCASTING Co.,Ltd.
本社・演奏所が入居する横浜ランドマークタワー
種類 株式会社
略称 YFM
Fm yokohama 84.7(FMヨコハマ)
本社所在地 日本
220-8110
神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目2番1号横浜ランドマークタワー10階
設立 1985年4月22日
業種 情報・通信業
法人番号 9020001016241
事業内容 放送法による超短波放送、放送時間の販売と放送番組の制作および販売
代表者 藤木幸夫代表取締役社長
資本金 8億円
売上高 23億円(2020年03月31日時点)[3]
営業利益 900万円(2020年03月31日時点)[3]
経常利益 2300万円(2020年03月31日時点)[3]
純利益 600万円(2020年03月31日時点)[3]
総資産 38億4100万円(2020年03月31日時点)[3]
従業員数 単独:28名
決算期 3月末日
主要株主 ニッポン放送 5.89%
神奈川県 5.00%
神奈川新聞 4.55%
(2019年11月26日時点)
主要子会社 エフエムヨコハマ音楽出版株式会社
外部リンク https://www.fmyokohama.co.jp/
特記事項:2011年4月12日より「radiko.jp」に参加。売上などは2017年6月28日官報より
テンプレートを表示

愛称としてのステーションネームはFm yokohama 84.7(FMヨコハマ)(エフエムヨコハマ エイティーフォーポイントセブン)[注釈 1]で、局名告知以外で会社名が放送されることはない。

1985年12月20日に、FMラジオ放送局として日本全国で21番目に開局している。




  1. ^ 本表記は1995年4月1日以来用いられ、1985年12月20日から1993年9月30日まではFM横浜と表記している。
  2. ^ 横浜エフエム放送が開局した1985年は、6月に三重エフエム放送、10月にエフエム群馬と既存のFM局と良好受信エリアが半分以上重なるFM放送局が開局したが、これらの局はジャパンエフエムネットワークの支援を受け既存局との差別化を行なっていた。
  3. ^ 当時はNACK5bayfmJ-WAVEコミュニティ放送局は開局前。当局よりも周波数の高い関東のFM本局は、NHK浦和(現さいたま)FM・85.1MHzが唯一であった。
  4. ^ a b 1987年8月2日、『湘南ミュージックスカイウェイ』の石田紀子(当時26歳)の出演の最終回にデモ飛行を行っていたところ、ヘリの操縦ミスにより茅ヶ崎の海岸へ墜落。この事故で石田とプロデューサーが死亡したため、番組は打ち切りとなった(なお、後任は斉藤仁子が担当する予定だった)。
  5. ^ 当局でのネットは2017年9月までだったが、その後も番組自体は2018年3月まで放送。
  6. ^ 最終週の金曜は除く
  1. ^ a b c d e 横浜エフエム放送株式会社のFMラジオ中継局に予備免許
  2. ^ a b c 2015年11月8日(日)より磯子中継局(87.0MHz)を開局(横浜エフエム放送)
  3. ^ a b c d e 横浜エフエム放送株式会社 第35期決算公告
  4. ^ FM yokohama会社情報
  5. ^ Fm yokohama 「STATION BREAK vol.8」より
  6. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2015』コーケン出版、2015年11月20日、302頁。
  7. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2016』コーケン出版、2016年11月25日、309頁。
  8. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、261頁。
  9. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、282頁。
  10. ^ 【トピックス】FMヨコハマ 6/24(月)より大山へ送信所を移転
  11. ^ 横浜エフエム放送プレスリリース 2013.6.19
  12. ^ プジョー508/ボルボV60クロスカントリー ゲスト:桂伸一さん 第317回 6月1日放送”. FMヨコハマ. 2019年12月1日閲覧。
  13. ^ タイムテーブル&番組紹介 交通情報/ニュース/天気予報(平日)(土)(日) FM yokohama
  14. ^ DJプロフィール
  15. ^ 当号の12頁より。遠近由美子が取材に出かけている。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「横浜エフエム放送」の関連用語

横浜エフエム放送のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



横浜エフエム放送のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの横浜エフエム放送 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS